FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第2部

    火紅狐・初陣記 2

     ←火紅狐・初陣記 1 →火紅狐・初陣記 3
    フォコの話、35話目。
    砂猫楼の地下基地。





    2.
     片付けと着替えを終えたフォコとティナは、砂猫楼の地下に向かっていた。
    「えっと、ティナさん」
    「なに?」
    「船、乗るんですよね」
    「そう」
    「今向かってるの、地下ですよね」
    「うん」
    「どうして……?」
    「なにが?」
     フォコが戸惑っているところに、背後から落ち着いた声がかけられた。
    「確かに、誰もが船と言えば、水の上にあると考える。こんな地下にはあるはずは無いと思うだろう」
    「あ、モーリスさん」
     モーリスが魔杖を片手に、階段を降りてきていた。
    「そう考えていれば、我々が今向かおうとしている場所は奇異に思えるだろう。
     だが常識通り、単に水上に船を置いていては、海賊団、即ち秘匿性を重要視する組織には不都合が発生する」
    「はあ……」
    「そこで頭領は、奇想天外な方策を考え出した」
    「奇想天外? それは……?」
    「……」
     フォコは向き直って尋ねたが、モーリスは困った顔をした。
    「……あの?」
    「ホコウ君。気になるのは分かるが、前に進んでくれないか。遅れると、頭領にどやされる」
    「あっ、すみません」

     階段を降り、砂猫楼の最下階、地下ドックに着いたところで、モーリスの予想通りにクリオの怒鳴り声が聞こえてきた。
    「遅せーぞ、お前ら!」
    「すいません」
    「ほれ、とっとと乗れ!」
     クリオに促され、フォコたちは奥へと進む。やがてフォコの視界に、真っ黒に塗られた船が入ってくる。
    (うわ……、モロ海賊船って感じや。ホンマに地下に船、置いてあったんやな。でも、どうやって上に出るんやろか?)
     乗り込んだところで、先に来ていたアバントが号令をかける。
    「よし、点呼!」「1!」「2!」「3」「4」「……5」
     続いて、フォコも応える。
    「ろ、6!」
    「全員いるな! それじゃ出港だ! ルー、ハッチ開けてくれ!」
    「はいはーい」
     クリオの指示にドックに残っていたルーが答え、壁際のレバー類を操作する。間もなく、ゴトゴトと音を立て、船の前方にあった金属製の扉、ハッチが開き始めた。
    「ホコウ君、先程の質問だが」
     と、ここでモーリスがフォコに話しかけてきた。
    「君がもし、樽の底にあるコルク栓を拾うことになったとする」
     船はハッチをくぐり、洞窟の中に入る。
    「その樽がもし、君の背丈よりもずっと高く、大きいものである場合」
     船が洞窟の最奥、縦穴状になった場所で停止し、ハッチが再び閉まる。
    「どうやって取り出すかな?」
     そしてどこからか、ドドド……、と勢い良く音を立てて、水が流れ込んできた。
    「……あ、まさか」
     フォコは甲板の縁から身を乗り出し、水面を見た。
    「こうやって水で、船を持ち上げるんですか!?」
    「その通り。これが砂嵐海賊団最大の秘密、海賊船『テンペスト』号の昇降装置だ。
     ちなみに発案したのは頭領だが、装置を考案・設計したのは私だ」
     そう言ってモーリスは、ニヤリと笑った。
    (何か……、モーリスさん、めっちゃ嬉しそうやなぁ。いつもムスっとしとるけど、こう言う時ノリノリになるタイプなんやな。今ここで海賊団の一員やって言われたら、確かにうなずけるなぁ。
     ……あ、じゃあティナさんも?)
     そう思ってティナの方を向いてみたが、ティナはマストにしがみつき、猫耳を伏せながらプルプルと震えていた。
    (……っちゅうわけでも無いみたいやな)
     そうこうしているうちに、船は縦穴の一番上まで上がりきり、海へと漕ぎ出した。
    「行くぞ! 目標、南南西、カトン島! 取り舵一杯!」
    「うっす!」
     クリオの命令に従い、操舵手のジャールが舵を回した。
    「……はぁ」
     ここでようやくマストから離れたティナを見て、フォコが声をかけた。
    「大丈夫ですか?」
    「……うん。あの装置、好きじゃない。グラグラ揺れて怖い」
     それを聞いて、モーリスもやってくる。
    「前回聞いた意見を参考に、調整してみたのだが……。まだ耐えうる程度ではない、と」
    「ううん、前よりはまし」
    「そうか。引き続き、調整してみよう」
     モーリスは懐からメモを取り出し、ティナの感想をまとめた。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・初陣記 1】へ
    • 【火紅狐・初陣記 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・初陣記 1】へ
    • 【火紅狐・初陣記 3】へ