FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第2部

    火紅狐・初陣記 6

     ←火紅狐・初陣記 5 →クルマのドット絵 その37
    フォコの話、39話目。
    引き受けた仕事。




    6.
     カトン島の一件から、数日後。
    「ども」
     フォコはモーリスの部屋を訪れていた。
    「どうした、ホコウ君。休日だと言うのに、私に何の用が?」
    「えっと……」
     フォコはモーリスの、整然とした書籍だらけの部屋を見て、モーリスについて抱えていた疑問を濃くした。
    「どうしてモーリスさんは、こちらに?」
    「と言うと?」
    「その……、モーリスさん、魔術使えましたよね」
    「ああ」
    「僕の知る限り、魔術って相当、頭が良いと言うか、ちゃんと勉強をしてる人じゃないと使えない、と思うんです。
     普段からモーリスさんは机仕事が多いですし、やっぱりちゃんと学校とか行ってたのかな、って」
    「その通りだ。確かに私は西方の、そこそこ程度には名の知れた学校を卒業している」
     モーリスの回答に、フォコは続けて質問をぶつける。
    「じゃあ何で、こんな辺鄙(へんぴ)なとこにいて、こんな仕事を? もっといい仕事、できるんじゃないですか?」
    「ふむ」
     モーリスは分厚い眼鏡を外し、眉間を揉みながら質問を返してきた。
    「では聞くが、いい仕事とは何かね?」
    「えっ?」
    「高給が取れる仕事か? 特定の人間にしかできない仕事か? 一般には確かに、それらはいい仕事と認識されているだろう。
     確かに以前、私はそう言った職業に就いていた。ある王国直属の船舶設計・製造の技術士官と言う、非常に高い給金を得られ、かつ、限られた人間しかなれない職業に、だ。
     だが、そこでの仕事は汚職と賄賂にまみれており、根っからの技術屋だった私は、その職に就いていた間ずっと、納得の行く仕事が行えなかった。
     いや、それどころか、私の造る船に、到底船の性能や快適性を向上させるとは思えない、明らかに賄賂目的であったり、足の引っ張りであったりするような機能や装備を、無意味に付けさせる職場の体質に辟易し、とうとう船を造るのが嫌になってしまった。線一本、引きたく無くなるほどにな」
     そこでモーリスは眼鏡をかけ直し、肩をすくめた。
    「そんな私に声をかけてきたのは、頭領だ。
     すっかり気が滅入って、自宅に閉じこもっていた私のところにいきなり乗り込んできて、『オレんトコで設計士やれ』と命令してきたのだ」
    「それはまた、おやっさんらしいと言うか……」
    「ああ、依頼でもなく、交渉でもなく、いきなり命令形だったからな。
     面食らったが、実際こちらに来てみて、それまで抱えていた鬱憤は吹き飛んだ。ここには私の仕事を邪魔するような要素が無いし、思いついたアイデアを、頭領は十二分にバックアップしてくれる。
     給金や交通の便と言う面では前職より悪いが、私にとってはこれが良い仕事だ。流石に海賊行為までするとは思っていなかったが、ね」
    「なるほど……」
     満足そうに語ったモーリスに、フォコはしみじみとうなずくしかなかった。

    「……そうだ、ホコウ君」
     と、モーリスは立ち上がり、本棚に向かう。
    「私が本格的に魔術を学んだのは、実はこちらに来てからなんだ」
    「え、そうなんですか?」
    「勿論かじる程度のことは士官学校で学んではいたが、こちらに来てから必要だと感じたからな。実際、船の航行に魔術を取り入れてみたところ、非常に速い速度での航行を可能にしたし、白兵戦においても有効だ。
     ホコウ君、君にも素質はありそうだから、学んでみてはどうかね?」
    「……そうですね、教えてもらってもいいですか? あ、魔術だけじゃなくて、そのー、僕、学校に行ってないんで、他にも教えてほしいんです、けど」
    「ふむ」
     それを聞いたモーリスは、ふっと顔をほころばせた。
    「私に、先生になってほしいと?」
    「ええ。モーリスさんなら、是非」
    「……了承した。いいだろう、生徒君」
     モーリスは本を一冊取り出し、フォコの前に座り直した。
    「では早速、始めようか」



     次々に困難に見舞われ、様々な混乱と葛藤を抱えて、フォコは戸惑い続ける。だが、それでも少しずつ環境に馴染み、様々なことを吸収していく。
     彼の、不条理に満ちた青春は、まだまだ続く。

    火紅狐・初陣記 終
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・初陣記 5】へ
    • 【クルマのドット絵 その37】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    「いい仕事」というのが自分自身、まだ分かっていません。
    色々と意見や持論はあれど、心底納得行く答えは、いまだ得られず。
    自分にはいまだ、天職なるものに出会えたことがありません。
    社会人になって以降ずっと、さまよいっぱなしです。

    NoTitle 

    ま、確かに自分にとってのいい仕事っていうのは違いますからね。
    私もよくわかります。
    今の仕事が最適かどうかは私自身も分からないですが。
    それでもこれ以外で金を稼ぐ方法を知らんので。
    やっているところもあります。
    天職って見つかると嬉しいものですけどね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・初陣記 5】へ
    • 【クルマのドット絵 その37】へ