FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第2部

    火紅狐・憧憬記 4

     ←火紅狐・憧憬記 3 →2010年10月 携帯待受
    フォコの話、43話目。
    悪人正機。




    4.
     裏通りを抜け、二人は港町の郊外、まばらに木々が立ち並ぶ林まで来ていた。
    「ここなら誰も来ない」
     ティナはそう言って――一応、辺りに人がいないのを確かめてから――帽子を取った。
    「……」
     フォコは、その下に何かあるのかと思っていたのだが、取り立てて何も見当たらない。さらさらとした、金色の髪があるだけである。
    「……」
     が、ティナが前髪を上げ、額を見せたところで、今まで帽子を被っていた理由が分かった。
    「あ……」
     そこには、刀傷が深々と付けられていた。
    「ひどいでしょ」
    「……ええ」
    「あたしがこっち来たの、ちょうど今のホコウ君くらいの時だった。それまでは、西方のあちこちを流れ歩いてた」
    「僕と同じくらいの……、ってことは、15くらいまで?」
    「そう」
     ティナは続けて、手袋と上着を脱ぎ始めた。
    「いわゆる、浮浪児。ひどいことも色々された。それを拾ってくれたのが、おやっさん」
     上半身がシャツだけになり、傷だらけの手と腕があらわになった。
    「おやっさんのお金、盗もうとしてたあたしを、おやっさんはそのまま引き取ってくれた。で、こっちに、一緒に来たの。
     西方は、ひどいところだよ。お金持ちとそうじゃない人の差が、すごく離れてる」
    「……」
    「ううん、どこもひどいのかも。南海も、同じくらいひどい。平気で人の物を奪い取って、いばってる奴がいるもの」
    「そう、ですね」
    「だから――好きにはなれない仕事だけど――海賊、ずっとやってる」
     ティナは木の根元に腰かけ、話を続けた。
    「あたしには何が正しくて、何がいけないのか、そう言うことを考えること自体が、よく分からないの。
     清く正しくしないといけないなら、あたしは生きてなかった。いけないことばかりする海賊の仕事だって、弱い者いじめする奴らをこらしめてることになる。
     ううん、そもそも、15までのあたしの周りに、良い人なんていなかった。みんなみんな、ひどい奴ばかりだった。そこに、善悪のことをどうこう言える雰囲気、全然無かったの」
    「ティナさん……」
    「ホコウ君、君は良い子だけど、分かって。良いこと言うばかりじゃ、ダメなんだって」
    「……」
     反論の材料が無く、フォコは何も言えなかった。
    「もし、君がお金を捨てるなんて言ってたら、あたしは怒ってた。ううん、その後君が言ったことも、正直イラッとした。
     君は、良い子過ぎるよ。分かってない、良い人じゃない奴の気持ちを」
    「……分かりませんね、確かに」
     フォコはしゃがみ込み、ティナと同じ目線になった。
    「だって、僕の周りには良い人しかいないんですから」
    「……」
    「おやっさんだって、おかみさんだって、造船所の人たちだって、みんな良い人ばかりです。もちろん、ティナさんも」
    「そんなわけ、ないよ」
    「いいえ!」
     フォコは強い口調で、己を悪く言うティナを否定した。
    「良い人ですって、ティナさんは! だって、昔やったって悪いことを、今は反省してるんでしょう?」
    「それは、そうだけど」
    「じゃあもう悪い人じゃないです。良い人ですよ。本当に悪い奴は、いつまでも反省なんかしませんから」
    「……君は本当に」
     ティナはまた帽子を被り、ため息混じりにこうつぶやいた。
    「本当に、良い子過ぎるね」

     二人は裏通りを、今度はフォコが手を引いて戻っていった。
    「あっ」「あれ?」
     と、大通りに出たところで、マナたちに出くわした。
    「……あらあら?」
    「な、何ですか?」
     二人の様子を見たマナは、ニヤニヤと笑う。
    「ホコウ君、エスコートしてんの?」
    「えっ」
     フォコは慌てて、ティナから手を離した。
    「ふふ、照れちゃってー」
    「いやいやいやいや」
    「……」
     フォコもティナも、顔を赤くする。と、アミルも妻と同様にニヤニヤしながら、帰るよう促した。
    「そろそろ夕方だ。日が高いうちに戻ろう」
    「そうね。さ、お二人さん。一緒に帰りましょ」
    「あ、はい」
    「手を、つないでねっ」
     からかうマナに、フォコはまた顔を赤くした。



     帰りの船の上で、フォコはまた、ティナと二人になっていた。
    「……ありがとう」
    「え?」
     突然礼を言われ、フォコは首をかしげる。
    「何がですか?」
    「あたしのこと、良い人だって」
    「いえ、思ったことをそのまんま言っただけですから」
    「……うん。だからありがとう」
    「いえ……」
     ティナはちょい、と帽子のつばを上げ、フォコをじっと見つめた。
    「憧れてたの」
    「?」
    「さっき、良いこと悪いことを考えるのが良く分からないって言ったけど、やっぱり、良い人だって言われてみたかった。そう言うの、ちょっと、憧れてた。
     ……ありがとう」
     そう言って、ティナはちょん、とフォコの額にキスをした。
    「……っ」
    「内緒だよ」
     ティナは帽子を深く被り、フォコの側から離れていった。
    「……えへ、へへ」
     フォコは顔を赤くし、その場に座り込んだ。

    「……く、くく、青春してる……」
     ちなみにその様子を、物陰からマナ夫妻が笑って眺めていたことに、フォコたちは気付いていなかった。

    火紅狐・憧憬記 終
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・憧憬記 3】へ
    • 【2010年10月 携帯待受】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    リアリティについては、常に意識してますからね。
    ファンタジー世界にはファンタジー世界の、厳しい現実がある。
    そう思って書いてます。

    NoTitle 

    う~む。どこの世界でも貧富の差はある。
    それがファンタジーであっても。
    だから、ティナのような人もフォコのような人もいる。
    こういう描写があるところが、黄輪さんの作品で素晴らしいところでもあるんですよね。臨場感があるというか、リアリティがあるというか。読み応えがあります。

    NoTitle 

    フォコくん有頂天ですね。

    NoTitle 

    ヘブン状態v-398

    NoTitle 

    ポールさん、相変わらず鋭いw

    「火紅狐」の三大ヒロインですからねぇ。
    後二人が誰かは、なんとなく分かると思います。

    NoTitle 

    ティナちゃんほんとにかわいいですな(^^)

    でもかわいければかわいいだけその後の展開が怖い(笑)

    NoTitle 

    ありがとうございます(*´∀`)
    このシーンは欧風の恋愛映画みたいに書けて、自分でもちょっとお気に入りだったり。

    NoTitle 

    とっても可愛くて思わずコメントをw//
    可愛らしいですw(●´∀`●)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・憧憬記 3】へ
    • 【2010年10月 携帯待受】へ