FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第2部

    火紅狐・三兎記 4

     ←火紅狐・三兎記 3 →火紅狐・職人記 1
    フォコの話、47話目。
    歯車をずらす。




    4.
     それぞれの残りが、フォコ6枚、リモナ2枚、ペルシェ3枚、プルーネ2枚になったところで、プルーネがカードを切る。
    「『水の3』。残り1枚になったよ!」
     自分たちの勝利を確信し、三人娘は嬉しそうに笑う。
    「ねー、何買ってもらう?」「あたしは人形がいいな。こないだ、かわいいの見つけたんだ」「じゃ、わたしは……」
     三人の気持ちは、既にサラム島での買い物に移っているようだ。
    「ちょ、ちょ。まだ終わってへんよー」
    「あ」「そうだった」「切って切って、はやくー」
     三人娘は期待に満ちた目で、フォコの手元に握られたカードを見ている。
    「ほんじゃ、……はい」
    「え」「え」「え」
     フォコはここで、「冥」のカードを切った。
    「次のカードは、……そやね、『火のカード』で」
    「あぅ」
     残り2枚の状態にあったリモナは、それをしのげなかった。
    「……くすん」
     仕方なく、リモナは今まで捨てられたカードを引き取る。
    「……あたしもない」
     続いて、ペルシェもパスする。
    「……パスぅ」
     三人娘が何もできないまま、フォコの番になる。
    「じゃ、『火の6』」
     残り2枚から、一気に47枚抱える羽目になったリモナは、当然これを通せた。
    「『火の2』」
     が、その後が続かない。
    「ぱ、パス」
    「パス……」
    「ほい、『火の3』」
     フォコの残りカード枚数が、みるみる減っていく。
    「『土の3』、……どう?」
    「……」
    「……」
     一巡するが、ペルシェとプルーネは動けない。
    「僕も、パス」
    「あ、じゃあ、……『土の4』」
    「……パス」「……パスぅ」
     リモナは次々にカードを切ってはみるが、どれも残り二人の手持ちと噛み合わない。
    (一旦ずれたら、……多分もう、この局は合わせられへんやろな。
     さっきみたいに並んで6枚、7枚っちゅうんやったらともかく、一人だけ大量にあれこれ持っとって、残り二人にあんまりカードのない、この状況や。
     何切ったら、元通りに合わせられる? ……それこそ、ギャンブルになってしまうわ。
     まあ、ここで『天』切られたらアガられるかも知れへんけど、……まだ40枚も手持ちあるんや。切るっちゅう考えに行けるかどうか……?)
     その後もリモナの切るカードは、ことごとくペルシェとプルーネの手持ちにつながらず、三人娘の流れから外れていたフォコの手持ちが、じわじわと減っていった。



    「おう、今帰ったぞ」
     半月後、クリオが西方から戻ってきた。
    「おかえりなさーい」
     久々に戻ってきた夫を、ルーが満面に笑みをたたえつつ、桟橋で出迎える。
    「ん? ……なんかいいコトでもあったのか、ルー?」
    「ええ。さ、お疲れでしょう? 早く家に上がってくださいな」
    「おう」
     促されるまま砂猫楼に入ったクリオを、今度は三人娘が出迎えた。
    「おかえりなさーい」
    「おう、ただいま。……ん?」
     良く見れば、三人ともエプロン姿である。
    「何か作ったのか?」
    「うん」「お父さんに」「ごちそー作ったよ」
    「マジか? ……へーぇ」
     食卓に着いたクリオは、顔をほころばせる。
    「……ま、見てくれはちっと難があるが、……うまそーな匂いだ」
    「食べて食べて」「はやくー」「お酒もどーぞ」
    「おう」
     クリオはひょいと箸を手に取り、子供たちの作った料理を口に運ぶ。
    「んぐ、もぐ……、お、うめぇ」
    「やったー」
     父に料理をほめられ、三人は手を取り合って喜んだ。

    「喜んでるみたいですよ」
    「そう、良かった」
     台所で所員の料理を作っていたルーはフォコの報告を受け、にっこりと微笑んだ。
    「でも、ホコウ君には悪いことをしちゃいましたね。あの賭け、よくよく考えればホコウ君にいいこと無かったし」
    「ああ、いや、僕は別に……」
     ぱたぱたと手を振るフォコに、ルーはくすっと笑う。
    「そうね、じゃあ、……今日のご飯、ちょっとだけおかず多めにしますね」
    「あ、はい。ども」
     小さく頭を下げたフォコに、ルーはほんの少し声を潜めて話を続ける。
    「本当に、ありがとね。クリオはいつも忙しいし、わたしもお掃除とかお洗濯とかしてるから、あの子たちにあんまり、構ってあげられなくて」
    「いえ、そんな。僕で良かったら、いつでも遊び相手になりますよ」
    「本当に? ……じゃあ、またお願いしようかしら」
    「はい、気軽に言ってください」



     フォコの博才・博運は生来、強いらしい。
     クラフトランドの時も、この時も。ゲームや駆け引きの本質や流れを見抜く力が鋭く、また、ここぞと言う時に強力な一手を打ち出せる運も持ち合わせている。
     後の大商人として広く知られることになる彼だが、こちらの方でも、「ある伝説」を残している。
     が、その話はまた、然るべき機会に――。

    火紅狐・三兎記 終
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・三兎記 3】へ
    • 【火紅狐・職人記 1】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    果たしてフォコくんは何に愛されるのやら。
    今のところは、まだ、何とは……。

    NoTitle 

    生粋の運を持主というのはいますからね。
    金に愛された才能というか。
    身分に愛された才能というか。
    そういうのを天から愛された才能というのでしょうね。
    フォコくんもそういう人なのか。。。

    NoTitle 

    白髪にはなりません。
    アゴも尖りません。
    10年も対局しません。
    血も抜きません。
    ただ、相手を完膚なきまでにボコボコにすることはあります。

    NoTitle 

    ほこうは白髪になってしまうのかv-527
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・三兎記 3】へ
    • 【火紅狐・職人記 1】へ