FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第2部

    火紅狐・職人記 3

     ←火紅狐・職人記 2 →火紅狐・職人記 4
    フォコの話、50話目。
    フォコの激情。



    「火紅狐」、あっという間に50話到達。
    ほぼ1日1話更新なので、ざっと2ヶ月分に相当します。

    そして僕の傾向として、かなりの量を書き溜めてあります。
    「蒼天剣」でもそうでしたが、連載中は常に50~100話分のストックがありました。
    そして「火紅狐」でも、10月6日現在、140話までストックされています(90話分)。
    後3ヶ月は、確実に続きます。




    3.
    「あっぶねえな、おやっさん」
    「ああ……、ヒヤっとしたぜ、まったく」
    「そりゃ、こっちの台詞だよ」
     島を離れたクリオとアバントは、冷や汗を拭いつつ、会話に興じていた。
    「……にしても、最近ひどくないか、レヴィア軍の攻勢は?」
    「ああ、それはオレも思ってた。襲撃の数からして、今年だけで、オレたちがコッチに来てから襲ってた回数の、半分近くになる。
     いくらなんでも、そんなに動き回ってて、金やら武器やらが持つワケがねーんだがな……?」
    「うわさじゃ、どこかと取引してるらしいぜ。中央の方か、西方かは分からないが、大手の武器商人がバックに付いてるとか、付かないとか」
    「付いてるのは確実だろうな。でなきゃ、ココまでやたら滅多らに暴れられねー」
    「……」
     二人の背後で話を聞いていたフォコは、そこで思わず口を挟んだ。
    「中央の武器商人……、エンターゲート製造、とか?」
    「あん?」「……」
     きょとんとするアバントに対し、クリオは顔をしかめつつ、フォコの肩に手を置いてやんわりと諭した。
    「かも知れねーが、根拠は無い。思い込みで適当なコト言っちゃいけねえよ、火紅」
    「あ、……すみません」
     と、クリオはアバントに気付かれないくらいの小さな声で、フォコをたしなめた。
    「お前さん、ソレを口にしちゃならねーのが分からねーワケじゃないだろ? 二度と言うな」
    「……」
    「少なくとも、オレんトコにいる間は、だ」
    「……何でですか」
     クリオの言葉に、フォコは語気を荒くする。
    「どうして言っちゃいけないんです? 狙われるからですか? あいつに? こんな、僕たちの他には誰もいない海の真っ只中で、何でそんなことを気にするんですかッ!?」
    「てめ……っ」
    「おやっさんがそんな小さい人だとは思わ……」「誰がチビだ、コラ!」
     なお怒鳴り続けようとしたフォコの顔に、クリオはパンチを浴びせた。
    「が……っ」
    「いい加減に分かれや、オボッチャマが」
     クリオは仰向けに倒れたフォコに顔を近付け、小声で、しかし重みのある、落ち着いた声でささやいた。
    「お前さんのそう言うトコが、一番の弱点だ。
     普段はヘロヘロしたガキの癖に、一旦怒り出すと見境無くわめく。ケンカを売っちゃいけねー相手、正面から向かっちゃならねー相手に、真っ正面から堂々とケンカを売る、その熱血バカっぷり」
    「う……」
     その真剣みを帯びた強い語調に、フォコは黙り込む。
    「もっと冷静になれや、火紅。じゃなきゃ、てめーは猪だの虎だのの、単純バカな獣と同じだ。そしてオレは、そんな『動物』を飼う気はねー」
    「……」
    「ともかく、だ。今度同じコトしやがったら、砂猫楼から放っぽり出すからな。覚えとけよ、火紅」
     と、そこでクリオはいつものような怒鳴り声を上げる。
    「……まったく、誰がチビだっつーの!」
     クリオはフォコから離れ、苛立たしげな足取りで去っていった。
    「……」
     クリオが去った後も、フォコは座り込んだままだった。
    「やられたなぁ、ホコウ」
     と、成り行きを見守っていたアバントが、フォコに手を差し伸べる。
    「すいません」
     フォコは左手で頬を押さえつつ、アバントの手を取った。
    「ま、次は気を損ねないように気を付けないとな。
     ところで……」
     助け起こしたところで、アバントが尋ねてきた。
    「君はエンターゲート製造と、何かあったのか?」
    「え?」
    「中央の武器卸売の大手なんて、いくつもある。その中からわざわざ、その商会を名指しにしたってことは、何かあったのかな、って」
    「……いえ、別に」
    「そうか」
    「……いてて。ちょっと下行ってきます」
     フォコは痛む頬をさすりつつ、その場を離れた。

    「エンターゲート、……ねぇ」
     後に残されたアバントは、もう一度その名前を口にした。
    「あの話、本当なのかも知れないな。もう一度、打診が来る前に確かめて……」
     そうつぶやき、海に目を向けたところで――。
    「……ん?」
     アバントは視界の端に、何かを捉えた。
    「あれは……?」
     その正体を確かめようと、アバントは単眼鏡を取り出した。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・職人記 2】へ
    • 【火紅狐・職人記 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    危なくない。
    しやたん、死亡フラグ読めなさすぎ。

    NoTitle 

    アバントが危ないv-405
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・職人記 2】へ
    • 【火紅狐・職人記 4】へ