FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第2部

    火紅狐・密約記 1

     ←クルマのドット絵 その38 →火紅狐・密約記 2
    フォコの話、56話目。
    思いをめぐらせる。




    1.
     双月暦303年の初め。
     フォコ、ジョーヌ夫妻、モーリスの4人は、南海地域の中央にある島、バジル島に来ていた。紆余曲折を経て完成した豪華客船、「ブリス号」がこの島に停泊しており、そこで催される船上パーティに夫妻が招かれたからだ。フォコとモーリスは、その付き人である。
    「いやぁ、役得役得」
     この日のクリオは、普段の着流し同然のラフな格好ではなく、ぴっちりとしたスーツを着ている。西方での正装だそうだが、フォコの目には仮装にしか見えない。
     対してルーの方は、「兎と芸術の世界」で知られる生粋の西方人らしく、おしゃれなドレスが良く似合う。
    「本当、頑張って造った甲斐がありましたね」
    「モーリス、火紅。楽しんでいけよ、今日は」
     そう声をかけられ、フォコの方は素直にうなずく。
    「はい」
     一方、モーリスの方は緊張しているのか、しきりに汗をかいている。
    「善処する」
    「なーにがゼンショだよ、お祭りだってのに。……しっかし」
     クリオは肩をすくめ、通りに目をやる。
    「間が悪いよな、アバントも。こんなお祭り時に、風邪引くなんてよ」
     当初、秘書役はアバントの予定だった。ところがアバントが、「体調が悪くなった。済まないが、誰かを代わりに行かせてくれ」と断ったのである。
    「まったくだ。彼ならともかく、私が祭事や祝賀に来ても仕方が無い。私には合わない、こんな空気は」
     愚痴をこぼすモーリスに、クリオは肩をすくめる。
    「ま、そう言うなよ。今日はおごるからよ」
    「そう言われても、私には特に周遊するような場所が無い。そもそもこの島にも、馴染みが無いし」
    「んじゃ今日馴染めばいいじゃねーか。ウダウダ言うなよ」
     乗ってこないモーリスに、クリオも段々イライラとしてくる。それをなだめようと、フォコが口を挟んだ。
    「じゃ、じゃあ僕が楽しみます!」
    「よーし、いい答えだ。オトコはそうでなくっちゃな」
     フォコの言葉にクリオはニヤリとしかけたが、ルーが頬を膨らませてクリオの猫耳を引っ張った。
    「あなた、ホコウ君をどこに連れて行くつもりなのかしら?」
    「いや痛ててて、言葉のアヤだって、ふざけただけだって、痛てーって」



     同時刻、ナラン島。
    「……」
     自室にこもり、アバントは窓から外を眺めていた。
    「……でねー」「うんうん」
     耳を澄ませば、クリオの娘たちが遊ぶ声が聞こえてくる。
    (ここは平和だな。……外にも、船の影はなし。どうやら、しばらくはここを襲撃したりしないようだ)
     アバントは窓から離れ、ベッドの淵に座る。
    (いやいや、襲撃などされてたまるか。……ここはいずれ、俺が受け取る土地だからな。
     あの『密約』は、守ってもらわないと困る)
     眉間をもみつつ、アバントは一ヶ月前に行った密談を思い返していた。
    (あと1年。そう、あと1年我慢していれば、この島も、ジョーヌ海運も俺のものになる。
     そうなったらまずすべきは、この島の改装だ。その時になればもう、海賊なんかしやしないんだから。ここはいい島だ。海も美しいし、空気もすっきりしている。夕日も感動的だ。
     ……それに引き換え、この砂猫楼の醜いことと言ったら! おやっさん――クリオの、ガサツでルーズで騒々しいところが、そのまんま形になって現れたような家だ! 我慢して暮らしてきたが、こんなゴミみたいな屋敷はもううんざりなんだ!
     そんなゴミをでたらめに置いておくより、いっそ、ここはリゾートにするべきだ。うん、それがいい。このゴミ屋敷を潰して、おしゃれなホテルを造ろう。南のヨレヨレした造船所も造り替えて、マリーナにするのがいい。ああ、いいぞいいぞ、きっとこれはいい儲けになる。
     夢が広がるなぁ……! ああ、本当にあの人に協力して良かった! これで俺は、成り上がれるんだ!)
     考えるうちに、アバントの口から笑いがこみ上げてくる。
    「ふ、ふっ……、いいぞ、いい! そうすべきだ! そうすべきだった!」
     枕を抱え、バシバシと叩きながら、アバントは笑い転げていた。
     と――。
    「大丈夫ですか?」
     ドアの向こうから、女の声が聞こえてきた。
    「……っ」
    「苦しそうな声、しましたけど」
    (おっと……、危ない危ない)
     アバントは体裁を繕おうと、咳をしてみせた。
    「ゴホ、ゴホッ、……ああ、うん、大丈夫だ。ちょっと、夢を見ていたんだ」
    「そうですか。……入っても?」
    「ああ、どうぞ。鍵を開けるよ」
     アバントはドアを開け、その向こうに立っていたのが誰か確認した。
    「ああ、ティナか」
    「はい」
    「何か用だったか?」
    「えっと、飲み物でもと思って。元気になるように、ライムを搾ってきました」
    「そうか、ありがとう」
     アバントはティナが持って来たジュースを受け取り、会釈する。
    「気が利くね」
    「いえ。……それじゃ」
     ティナは小さく頭を下げ、くるりと背を向けた。
     と、そこでアバントの喉から、思わず声が漏れた。
    「ん?」
    「……何でしょう」
     ティナは振り返り、帽子の下からけげんな目を向けた。
    「あ、いや。……何か、変わった気がしたんだ」
    「そうですか?」
    「何て言うか、女らしくなったって言うか」
    「……どうでしょう。じゃ、失礼します」
     ティナはもう一度背を向け、そのまま廊下の向こうへ歩き去っていった。
     その後姿を、アバントは凝視していた。
    (見間違い? いや、そうじゃない。本当に、女の魅力が出ている。……ホコウのせい、か?
     ……いい女に、なったな)
     アバントは思わず、舌なめずりしていた。
    (……そうだ。どうせ、ホコウのヤツもクリオの巻き添えになるんだ。そうなりゃ……)
     アバントの心に、じわりと黒いものがたなびいた。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【クルマのドット絵 その38】へ
    • 【火紅狐・密約記 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    正装や礼服というのは確かに、それを着る場や状況、国における礼儀の具現化と言えるでしょうね。
    その国の文化水準が、文字通り目に見えるわけですし。

    一応言及しますが、スーツが世界のどこでも通用するわけではありません。
    欧米の常識が通じなかったり、むしろ嫌うような国や土地もありますし……。

    NoTitle 

    正装というのは確かに文化を問われる話ですよね。
    昔はそれぞれの国で正装がありましたからね。
    今では地球もスーツで統一されていますが、考え方とか文化がよくわかりますよね。

    正装という文化という視点も大切ですね。。。

    NoTitle 

    そうやって囃し立てると6部辺りで後悔することになりますよ……。

    NoTitle 

    v-398いいぞいいぞ
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【クルマのドット絵 その38】へ
    • 【火紅狐・密約記 2】へ