FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第2部

    火紅狐・密約記 3

     ←火紅狐・密約記 2 →火紅狐・密約記 4
    フォコの話、58話目。
    覇権と秘密と利益と因果。




    3.
    「……むう」
     ひたすら男の言葉に噛み付いていたアイシャは、そこで黙り込んだ。どうやら、男の述べた予測を、少なからず自分でも懸念していたらしい。
    (ほう……? まるっきり、おやっさんの言ってるような『ワガママなバカ女』と言うわけでも無さそうだな)
     感心するアバントをよそに、男は話を続ける。
    「しかし今の彼に、それはできない。何故ならあなたに反逆する立場である『海賊』と言う身分を、公にしていないからです。今のジョーヌ氏は、公には単なる商人です。
     ですがもし、あなたが安易に彼を襲い、その隠した身分をさらせば、きっと彼は開き直る。レヴィア王国に反意を持つ人間を率いて、反乱を始めるでしょう」
    「……フン、寄せ集めに何ができるか!」
     それでもなお強気に出るアイシャに、男はさらに畳み掛けた。
    「できますとも。事実、その寄せ集め共の少数海賊団に、何度も煮え湯を飲まされているのでしょう?
     現状でも手をこまねいているのに、一度反乱が起きればその戦力が拡大し、あなたの国に襲いかかるわけです。
     それに何より、ジョーヌ氏はベール王国要人との親交が厚い。最悪の場合、ベール王国との総力戦になる可能性もある。
     海賊、そしてベール王国。その両方を一気に倒せる力が、レヴィア王国にはあるのですか?」
    「ぐっ……」
     アイシャは言葉に詰まり、男をにらみつけるしかなかった。

     と、むすっとした顔で傍観していたセブスが口を開く。
    「それで、君。私を笑った理由を聞かせてもらおうか」
    「はい。まずエール翁、あなたはジョーヌ氏をどう捉えていますか?」
    「率直に言えば、下衆だ。若僧で異邦人の癖に、我々西方商人の仲間面をして、その反面我々の縄張りを食い散らかしている野良猫だ。その上、海賊とは! どうしようもない男だ」
    「ええ、私も同感です。……が、あなたのその発言には引っかかるものがある」
    「何?」
     男は冷ややかな笑顔をセブスに見せ、指摘した。
    「若僧だ、下衆だと罵りながら、若くして西方商人の一角となったことを咎めず、黙認している。何故今まで、あなたは彼を排除しようとなさらなかったのです?
     あなたの権力と財力があれば、それは容易だったはずだ。西方商人のメンツを維持するためには、西方から叩き出すべきなのでは?」
    「……そこまでするほどの者ではないと、そう、思っていたからだ」
    「おや? 急に歯切れが悪くなったようですが」
     男はニヤ、と口角を上げる。
    「何を言う?」
    「率直に申し上げましょう。あなたには、彼を攻撃できない、いや、したくない理由がある」
    「……っ」
     セブスの顔色が変わる。
    「そんなものは、ない」
    「ありますとも。プラチナ・エール嬢……、おっと、今はルーテシア・ジョーヌと名乗っていますかな。彼女がジョーヌ氏の、すぐ側にいたからだ」
    「……誰だ、それ、は」
     口では知らないような言い方をしているが、セブスの目は泳いでいる。そこでさらに、男は畳み掛けた。
    「おやおや、ご存じないと? いいや、そんなわけがない。
     私の調査によれば、16、7年ほど前に、あなたの末娘だったプラチナ嬢はあなたの元を離れ、そのまま行方知れずになりました。
     そしてその1年後、ジョーヌ氏は現在のジョーヌ海運の前身である、ジョーヌ水上運輸を立ち上げています。奥方となった、ルーテシア氏と共に。
     当時のジョーヌはまだ20代半ばのひよっこですし、ルーテシア氏も10代の頃。そんな彼らが、易々と店を作れるわけが無い。
     一般にはジョーヌ氏は、不当な利益を以って成り上がったとうわさされていますし、彼自身も金の出所を明瞭にしていない。そのため彼には疑惑が付いて回っていますが――実際には、あなたの協力があったのではないですか?」
    「……」
    「おや、お答えいただけない? まあそうでしょう、西方商人の総元締であるあなたが、娘婿とは言え異邦人に易々と出資したなどと、そんなことは公言できますまい。
     それに今、ジョーヌ氏は海賊行為を行っている。ここであなたとジョーヌ氏との関係が発覚すれば、あなたの地位は大きく揺らぐでしょう。
     おっと……、お帰りの途中でしたね。お引止めしてしまい、失礼しました。どうぞお二人とも、お帰りいただいて結構です」
    「ま、待て」「帰るとは、言うておらぬ」
     当初とは打って変わって、セブスもアイシャも、大人しく席に座り直した。

     席に座った二人を見て、男は笑顔を作る。
    「話を聞いていただけるようで、何より。
     さて、お二方はもう一人の出席者が誰か、ご存知でしょうか?」
    「……いや」「誰じゃ?」
     男はアバントを指し示し、紹介する。
    「彼、アバント・スパス君は現在、ジョーヌ海運特別造船所の現場主任を務めている男です。言いかえれば、現地の内情に、非常に詳しい男です。
     彼には現在、野心があります。即ち、彼はいずれ、ジョーヌ氏の地位に就きたいと考えているのです」
    「ほう」「……ふむ」
     大仰な紹介に、アバントは縮こまるしかなかった。
    「この三人で、相互協力をお願いしたいのです。私はその橋渡しをする者です。
     スパス君はジョーヌ海運総裁の座。レヴィア陛下は南海の覇権。そしてエール翁は秘密の保持と、娘さん、お孫さんの安全の確保」
    「安全の、確保だと?」
    「ええ。先程も申し上げた通り、現在ジョーヌ氏は海賊行為を続けています。このままではいずれ、彼の本拠地であるナラン島は危機にさらされる。
     ここにおわすレヴィア陛下の命令があれば、すぐにでも攻撃されるでしょうな」
    「く……」
     セブスは怒りと困惑に満ちた目で、アイシャの顔を見る。
    「何を言うか……。お主が先程、得策では無いと言うたばかりではないか」
    「いえいえ、あくまでも『可能である』と言う話です。聡明な陛下は、そんなことをしないと分かっております。
     しかし、やろうと思えば可能。そうでしょう、陛下?」
    「ま、そうじゃな」
    「や、やめろ!」
     セブスが椅子を倒して立ち上がり、アイシャに叫ぶ。
    「そんなことをしてみろ! 許しはせんぞ!」
    「何じゃと? 商人風情が、何を偉そうに」
     にらみ合う両者に、男が割って入る。
    「ま、ま。ともかく私の話をお聞きください。
     このまま安易にナラン島を攻めれば、レヴィア陛下は反乱の口実と火種を作ることになる。エール翁の娘さんとお孫さんは危機にさらされる。そしてスパス君は職を失うことになる。三方、大損なわけです。
     それを回避し、さらに良い結果を生み出すため、あなた方は協力すべきなのです」
    「では、お主には何が手に入る?」
     とうとうと語った男に対し、アイシャは率直に尋ねた。
    「私ですか? いやいや、私はただ単に、善意でやっていることです。これで皆さんとの縁が深まり、後の商売につながればと、そう考えているだけですよ」
     男はしれっと、そう言ってのけた。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・密約記 2】へ
    • 【火紅狐・密約記 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    タダほど怖いものは無い。
    このやさしいおじさんは、それをきっちり教えてくれるでしょう。

    NoTitle 

    やさしいおじさんだーv-407
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・密約記 2】へ
    • 【火紅狐・密約記 4】へ