FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第2部

    火紅狐・密約記 4

     ←火紅狐・密約記 3 →火紅狐・密約記 5
    フォコの話、59話目。
    クリオのお気に入り。




    4.
     管楽器の音が楽しげに響き渡り、船上パーティの始まりを告げた。
    「紳士・淑女ご一同! 本日はこのパーティにご出席いただき、まことにありがとうございます!
     本日のこの席に集まった方々はみな、平和を愛する素晴らしき精神を持った方々であることでしょう! どうぞその輝かしき精神を発揮し、この席を名誉あるものに彩っていただきたい!
     それではご一同、各々杯を挙げてくださいませ!」
     もったいぶった挨拶と共に、乾杯の音頭が取られる。
    「乾杯!」
    「乾杯!」
     甲板の上に立つ者は皆、にこやかに杯を掲げた。

    「ガツガツ、うめーなぁ」
     乾杯後、クリオは即座に食事へと飛びつく。フォコも同様に、クリオの横に並んで食事に手を伸ばした。
    「そうですね、もぐもぐ」
    「お、コレうまいぞ。食ってみ、火紅」
    「もぐ……、美味しいですね。何でしょう、これ?」
    「エビかなぁ」
    「カニかも」
     二人で仲良く食事を楽しんでいる様子を、ルーとモーリスはほほえましく見つめていた。
    「ホコウ君、ずっとクリオに付いて回ってますね」
    「そうだな。このところ、私と頭領との会話にも深く入ってくるようになった。なかなか聡明で、柔軟な子だ」
    「あ……、うん、それも感じますけど、わたしは何て言うか、親子みたいだなって思ったんですよ」
     ルーの言葉に、モーリスは腕組をしながら再度観察する。
    「ふむ、確かに」
    「ホコウ君、素直で優しいし、クリオも気に入ってるんだと思います。あなたが言ったように、頭もいい子ですし。
     もしかしたら、クリオも今日はアバントさんじゃなくて、最初からホコウ君を連れてくるつもりだったんじゃないかしら」
    「ほう?」
    「アバントさんには割とぶっきらぼうに声をかけたのに、ホコウ君には『いいじゃねーか、行こうぜ、な? な?』って、結構しつこかったんですよ」
    「そうなのか。……では、私は?」
     ルーはフォコたちからモーリスに目線を移し、イタズラっぽく笑ってこう言った。
    「照れ隠しじゃないかしら。ホコウ君だけじゃ、気恥ずかしかったんだと思います」
    「……オマケ、と言うわけか」
     憮然とするモーリスに、ルーはクスクスと笑った。
    「あら、嫉妬ですか?」
    「違う」
    「クスクス……、冗談ですよ。
     さ、わたしたちもご飯、いただきましょう」
     ルーはモーリスの手を引き、フォコたちの方へと向かった。



     フォコたちが料理に舌鼓を打っている一方、レヴィア・ベール両国の貴賓たちも穏やかに会話を交わしていた。
    「まことにこの度の席を設けていただき、ありがとうございました」
    「いやいや……。我々ベール王国側としても、そうそう事を荒立てたくはないですから」
    「ええ、我々もです。現在の女王は好戦的に過ぎます。もっと穏便にしてほしいと、周りはそう願っているのですが、これがなかなか……」
    「しかし、まあ、こうして下の人間が協調姿勢を執っていれば、仮に何かしら衝突が起きても、その後の動きが違いますから。これからもこうして、連携を取っていかねば……」
    「全くです。……ささ、どうぞ一献」
     レヴィア・ベールどちらの側も、今回は穏健派が揃っていた。そのため話がこじれることもなく、そのまま今回の席は成功を収められるかに思えた。

     その時だった。
    「……ん?」
     ベール側貴賓の目に、水平線の向こうからやってくる黒い影が映った。
    「はて? パーティの間は、船の航行を停止してもらっていたはずだが……?」
    「船、ですか?」
    「ほら、あそこに……」
     指で指し示し、その船をいぶかしがる。
    「ふむ……?」
    「こちらに向かってきているようだ」
    「妙に早い……?」
     一直線に「ブリス号」へと向かってくる船は、減速する様子を全く見せない。
    「……ま、まさかっ」
    「突っ込んでくる……!?」
     船上の客たちは、騒然とし始めた。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・密約記 3】へ
    • 【火紅狐・密約記 5】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    まだ決定的な発火には至っていません。
    その前段階、というところですね。詳しくは次回。

    NoTitle 

    おっと、導火線に火が点きそうな展開になってきましたね。
    ここから戦争が始まるのかな?
    それだけの土壌ができていますからね。

    NoTitle 

    次回は回避回。(『回』ばっかりですね)

    NoTitle 

    v-232回避ー!
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・密約記 3】へ
    • 【火紅狐・密約記 5】へ