FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第2部

    火紅狐・海戦記 1

     ←火紅狐・密約記 5 →火紅狐・海戦記 2
    フォコの話、61話目。
    偽物狩り。




    1.
     双月暦303年の半ば。
    「いい加減に……」
     洋上を恐ろしいスピードで、「テンペスト」が駆け抜けていく。
    「観念しやがれええぇぇッ!」
     その先には、つい先程まで島を襲っていた船がいる。件の、「砂嵐」を騙った海賊船である。
    「モーリス! 撃て! 撃てッ!」
    「……少し、……休ませて、……くれ」
     既に魔術による攻撃を何度か仕掛けており、ずっと魔術を放っていたモーリスは甲板に膝を着き、へたり込んでいる。
    「へたってる場合かよッ!」
    「ぼ、僕が!」
     へばった師匠の代わりに、フォコが出張る。
    「『ファイアランス』!」
     フォコの前に白熱した火球が3つ現れ、敵船に向かって尾を引いて飛んで行く。
     2つは残念ながら船体をかすめる程度だったが、それでも1つは敵船の腹を撃ち抜いた。
    「よっしゃあッ! ……よし、よし、よし! 煙噴いてやがるぜ! このまま間を詰めて、……っと、反撃かッ!」
     ブスブスと黒い煙を上げる敵船から、何かが飛んでくる。どうやら、相手も魔術で応戦してきたらしい。
    「ジャール! 取り舵一杯ッ!」
    「了解ッ」
     ジャールが舵を目一杯左に切り、飛んできた風の槍をギリギリでかわす。
    「風の術か……! となりゃ、相手は加速できねーな」
    「何でです?」
     尋ねたフォコに、モーリスがゼェゼェと荒い息を継ぎつつ答える。
    「我々のように、乗組員の、半分近くが、魔術師と言う構成は、非常に稀だ。
     術を、使える人間は、そうはいない、からな。術を使える、資質を持つのは、平均でも100人に、1人。この地域においても、30人に1人、いるかいないか、だ。
     そして、あのクラスの、船を操るには、少なくとも10名は、必要になる。
     それらの事項から、算術的に推察するに、船に乗っている魔術師は、恐らく1名だけだ。その1名が、船の推進力ではなく、攻撃に、魔力を使っているなら……」
    「魔術で船を動かせるヤツはいねーってこった。……ほれ、思った通りだ。グイグイ近付いてきてるぜ。
     フォコ、船にとどめ刺せッ! 動けなくしろッ!」
    「は、はいっ」
     フォコは相対的に迫ってきた敵船に、先程と同じ火の槍を立て続けにぶつける。
    「……!」「……~!」「……ッ!」
     海風でよく聞き取れないが、敵船に乗っている人間の叫ぶ声がわずかに聞こえてくる。
    「……っ」
     それが耳に入り、フォコは敵船に向かって掲げていた手を、思わず下げた。それを見て、クリオが声を荒げかける。
    「おい、とどめ刺せって、……ああ、まあいいか。あそこまでやりゃ、動けねーな」
     クリオは「テンペスト」を燃え上がる船の横に着け、声をかけた。
    「そのまま死にてーか? コッチ来て投降すりゃ、命は助けてやんぞ」
     だが、敵船からの応答は無い。
    「おい、どうした? 死にたくねーだろ?」
     二度声をかけたが、まったく反応しない。
     と、突然船が激しく燃え上がる。
    「な……!?」
     敵船を囲むように風が起こり、それによって火が激しくなっていく。
    「お、おい!? 何してんだッ!? ……モーリス、消せ!」
    「無駄だ。あそこまで火勢が上がっては最早、私の力ではどうにもならない」
    「……チッ、ふざけてやがる」
     煙を上げて沈んでいく敵船をにらみつつ、クリオは舌打ちした。



     偽物が現れて以降、クリオたち本物の「砂嵐」は躍起になって、彼らを追い掛け回していた。だが相手も巧妙に立ち回り、なかなかクリオたちの前に姿を表さなかった。
     それが今回、ようやく発見することができ、捕まえることができるかと期待していたのだが――。
    「まさか自爆しやがるとはな」
    「何とも後味の悪い結末となったな」
     ナラン島に戻った一行は、忸怩たる思いで偽物のことを話していた。
    「僕が、やりすぎた、……んですかね」
     暗い顔でそうつぶやいたフォコに、クリオは肩をすくめる。
    「んなこた関係ねーよ。アレはただ、動きを止めさせるためだけにやったコトだ。止めた後で、オレたちは『投降しろ』って声、かけただろうが。
     それに応じないってんなら、どうしようも無かったんだよ」
    「……そう、ですかね」
    「ま、気にすんな。ともかく、もう相手は死んだんだし、終わったことだ。
     さ、仕事再開だ。早えーとこ、終わらせようぜ」
     クリオは首をコキコキと鳴らしながら、皆を造船所に向かわせた。

     だが、それでも――偽物は依然、現れ続けた。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・密約記 5】へ
    • 【火紅狐・海戦記 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    借りる名前に悪名を使うのもどうかと思いますね……。
    どうせならいいイメージの名前を借りたいところです。

    NoTitle 

    海賊の海賊版。
    ・・・ううむ。言い得て妙なコメントがありますね。
    名がある集団であれば何でも真似る。
    風習としてはあるのかもしれませんね。

    NoTitle 

    海賊の「海賊版」ですかw
    確かに安っぽい響きですね。

    NoTitle 

    これが海賊版テンペスト号か
    本物より安いぜv-410
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・密約記 5】へ
    • 【火紅狐・海戦記 2】へ