FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第3部

    蒼天剣・悪夢録 1

     ←蒼天剣・大徳録 6 →蒼天剣・悪夢録 2
    晴奈の話、第79話。
    狙われる明奈。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     明奈との再会を喜び、数週間を黄海で過ごした後、晴奈はまた紅蓮塞に戻った。

     その後ふたたび修行の日々を過ごし、年が明けた双月暦516年はじめ頃。晴奈は黒炎教団についての、不穏なうわさをしばしば耳にするようになった。
    「何でも『人質として得た教団員が脱走した』、『逃げた教団員は故郷の黄海に戻っている』と言うような話が、巷に多く上っているようです」
    「ふーむ……」
     晴奈からの報告に、重蔵は腕を組んでうなる。
    「わしの方でも、そう言ったうわさは多少耳に入れておる。察するにその、『脱走した教団員』と言うのは……」
    「ええ。ほぼ間違い無く私の妹、明奈のことでしょう。
     そしてさらに、『教団は逃げた教団員を奪取すべく、黄海に攻め込む準備を進めている』とも」
    「それが真実であれば、黄海で一騒動起こるのは確実じゃろうな」
    「と言うわけで、近いうちにまた、黄海へと戻りたく……」
     そう要請した晴奈に、重蔵は深くうなずき、快諾した。
    「うむ。故郷の一大事とあれば、ここでじっとしているわけにも行かんじゃろう。すぐに向かいなさい。
     ああ、それと念のため、うちの剣士を30名ほど連れて行きなさい。腕の立つ者をわしが見繕って、声をかけておく」
    「よろしいのですか?」
     思わぬ申し出に、晴奈は目を丸くする。
     その様子に笑みを返しながら、重蔵はこう返した。
    「黄家は我々に多大な寄進をしてくれておるし、黒炎の非道を許すわけにもいかん。何より晴さんの故郷じゃ。焔流の総力を挙げて護らねば、剣士の名折れじゃろう」
    「ありがとうございます、家元」

     重蔵の計らいにより、晴奈は焔流の剣士30余名を引き連れ、黄海へと戻った。
    「父上、ただいま戻ってまいりました」
    「おお、晴奈!」
    「明奈が狙われていると言う噂を聞きつけ、塞より護衛を連れて参りました」
    「そうか、そうか! うむ、焔の者たちと晴奈が来てくれれば安心だ!」
     晴奈の父、紫明は晴奈の手を堅く握りしめて喜んだ。とても昔、晴奈を紅蓮塞から連れ戻そうとした者と同一人物とは思えず、晴奈は苦笑した。



     しかし、運命とはやはり、皮肉なものであるらしい。
     通常なら何と言うことの無い行為が、いやむしろ、明奈を護ろうとしてやったことが、ふたたび彼女がさらわれる原因を作ってしまったのである。

     第一に、明奈が何の気無しに「甘いものが欲しい」と言ったこと。
     そのまま明奈が菓子を買いに行けば、当然、出歩いている時に拉致される危険がある。そのため、晴奈が代わりに買いに行くことを提案した。
    「でも、お姉さまにそんなことを頼むのは……」
     申し訳無さそうにする明奈に、晴奈は肩をすくめる。
    「いいよ、大した用事でもない。ほんの15分くらいだから、すぐ戻れるさ」
    「……そう、ね。では、お願いいたします」
     そんな感じで、晴奈も何の気無しに、街へと出て行った。

     そして第二に、晴奈が出たその直後、ナイジェル博士が黄家の屋敷に現れたこと。
    「博士、どうされたのですか? ご用があるなら、こちらから伺ったのに」
     尋ねる紫明に、博士は小声で説明を始める。
    「教団のうわさ、小生も聞いております。うわさが本当であれば、この屋敷はそう遠くないうちに襲撃されるでしょう。
     セイナさんが人手を集めて戻られたとは聞いておりますが、それでも教団員の人海戦術は、油断ならざる機動力と攻撃力を持っております。正面からのぶつかり合いになれば、いくら焔流剣士とて、分が悪い」
    「ううむ……」
     博士の説明に、紫明も表情を曇らせる。
    「まだそうなると決まったわけではありませんが……、もしも刃傷沙汰が起こると言うようなことになれば、黄海にとってはいい影響を及ぼすとは到底思えません。
     この黄海を治める者として、そんな悪評を立てられたくはありませんし、何より犠牲者が出るような結果になることは、誰にとっても良いことではありませんからな」
    「然り。となれば、犠牲だの傷害だのと言った凶事が起こる前に、騒動の中心人物、即ち娘さんを、騒動の中から離してしまうのがよろしいでしょう」
    「つまり、明奈をどこかに隠す、と?」
    「ええ。一つの案ですが、いかがでしょうか?」
     博士の提案に、紫明は大きくうなずいた。
    「ふむ、それがよろしいでしょう。しかし、どこに隠せば?」
    「小生が買った家があります。そこならば手練のエルスもおりますし、守りは堅いでしょう」
    「なるほど。では、善は急げです。すぐ、明奈を連れて行きましょう」
    「こちらでも、かくまう手配をしておきます。
     しかしくれぐれも、万全の警備で連れてきて下さい。敵にしても、護送の瞬間は『狙い目』ですから、……大人?」
     元来せっかちな紫明は、既にその場にいなかった。
    「……まあ、無茶はせんだろうが」
     博士は肩をすくめつつ、屋敷を後にした。

     だが、博士の予想とは裏腹に、紫明は性急な判断を下してしまっていた。
    「……と言うわけだ。すぐ向かおう」
    「でもお姉さまが、まだ戻られていませんし」
     ためらう明奈に、紫明は自分の主張を強く推す。
    「確かに晴奈が戻って来た後なら、より安全ではある。だがこう言うことは、手早く済ませなければならん。
     それに、晴奈でなくとも、焔流の剣士たちは大勢いらっしゃる。彼らで不足と言うこともあるまい。な、だから早めに向かおう、明奈」
    「……では、支度いたします」
     父を説得しきれず、明奈は身支度を整え、屋敷を出た。
     玄関を抜け、庭に出たところで、剣士たちがバタバタと近付いて来る。
    「ご令嬢! さあ、参りましょう!」
    「なあに、心配ご無用でございます!」
    「我々焔剣士がいれば、黒炎の奴らなどに手出しなど!」
    「……あの、みなさん」
     意気揚々と口上を並べ立てる剣士たちに、明奈は顔をしかめ、抑えようとする。
    「これは隠密行動ではないのですか? あまりに騒々しいと……」
    「いやいや、心配なさらず!」
    「辺りを見回りましたが、敵らしい者はおりません!」
    「どうぞご安心を、……ご、ぼっ?」
     大声を上げていた剣士たちの一人が突然、倒れる。
    「……ひ、っ」
     その背中に矢が突き刺さっているのを見て、明奈は悲鳴を上げた。
    「き、教団員か!?」
     明奈が危惧していた通り、騒ぎ過ぎたらしい――教団員たちがぞろぞろと、門や壁を越えて集まってきた。



     もし晴奈が早く戻ってきていれば、あるいは紫明が性急に行動しなければ、この後起こる悲劇は食い止められたかもしれない。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2008.10.09 転載
    2016.03.06 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・大徳録 6】へ
    • 【蒼天剣・悪夢録 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    その発想は(当時)無かったなぁ。

    NoTitle 

    一瞬博士がスパイなのかとおもたv-404
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・大徳録 6】へ
    • 【蒼天剣・悪夢録 2】へ