FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第2部

    火紅狐・海戦記 7

     ←火紅狐・海戦記 6 →2010年11月 携帯待受
    フォコの話、67話目。
    女王いじめ。




    7.
     男の発言に凍りつくアイシャに畳み掛けるように、男は次々に脅しを並べていく。
    「ベール王国なら高くで買ってくれるでしょうな。4500万ですから、まあ、5000くらいで買ってもらえれば損は出ませんし、後々の取引相手への足掛かりと思えば上々な商談。
     まあ、その後のことは私には関係ないことですが、もしベール王国が債券を買ったらどうなるでしょうな?」
    「……っ」
    「にっくきベール王国が、あなた方へ債権の取り立てに来るのでしょう。
     おお、何と言う屈辱でしょう。今まで散々侮蔑していた敵から、『さあ金を払え、払え』と催促を受ける。一国の王として、これ以上の辱めは無いでしょうな」
    「わ、妾を、侮辱するか……っ」
    「いいえ、私はただ観測を述べているだけです。
     ま、これで払ったらメンツは丸潰れ、払わなければウソつき呼ばわりの笑い者。いやぁ、針のむしろとはこのことですな、フハハハハ……。
     さてと」
     突然、男は立ち上がる。
    「ど、どこに行くつもりじゃ?」
    「どこ? もう話は終わったでしょう? 帰るんですよ」
    「ま、まだ終わっておらぬじゃろう」
    「ほう」
     男は机に足を投げ出して座りなおす。
    「じゃ、払うんですな?」
    「……払えぬ」
    「これはおかしなことを。この話は、払うか払わないかと言う話でしょう? 払えないなら話は以上です」
    「……待ってはもらえぬか」
    「お断りします」
    「……では、半分、いや、3分の1だけでも待っては」
    「お断りします」
     頭を下げるアイシャに、男はにべも無く答える。
    「私は今すぐ、全額を、いただきたいのですよ。それができないのなら、話すことはもうありません」
    「……頼む。何でもする」
    「ん? 何か仰いましたか?」
     男は机の上に立ち上がり、アイシャの前にしゃがみ込んだ。
    「何でもっ、する、とっ」
    「『する』? ……いやいやいやいや、どうも今日は、私の耳は遠いらしい。
     困窮するあなたなら、もっとへりくだって然るべきなのではと思っていましたが、ねぇ?」
     男の執拗な苛めに、とうとうアイシャは泣き出した。
    「……うっ、……ぐすっ、……さ、させて、ぐすっ、させてくりゃれ」
    「ふむ、いいでしょう。よくできました、女王陛下」
     男はアイシャのあごを撫で、耳元に語りかけた。
    「ではこれから、私の言う通りにすると誓いなさい」
    「ちっ、……ちか、ぐすっ、ちかう。ひっく……、誓うっ」
    「よろしい」



     年が明け、双月暦304年。
    「まだ、レヴィア王国からは何も言ってこないのか?」
    「ああ。セヤフ海戦以後、事実上の鎖国状態が続いている。……18」
     クリオとセノクは再び、ベール島王宮で会っていた。
     と言っても、緊急の用事や懸念する問題があったわけでもなく、今回はカードゲームに興じつつ、世間話をしているだけである。
    「うへ、18か。じゃオレは、……げ、バーストかよ。
     くっそ、また負けた」
    「クリオ、君は博打に弱いなぁ。商売運はとんでもなく強いのに」
    「うっせ。……くそ、コレで5331ガニーの負けか」
    「はは、ありがとう。……どうする? もう一戦するか?」
    「ん……、そーだな。市場で買って行きたいモノもあるし、コレ以上長居してっと遅れちまう」
    「何か用事があるのか?」
     尋ねてきたセノクに、クリオは満面に笑みを浮かべる。
    「へへへ……、聞いてくれよ、大将」
    「うん?」
    「ウチの丁稚たちがよ、こないだ報告に来たんだよ。ずーっと職場恋愛してたけど、今度結婚するんだとさ」
    「ほう? 誰が?」
    「火紅と、ティナって娘がな」
    「ホコウって、……ああ、君の話に良く上っていた子か。それはおめでたい話だ。……と言うことは、用事と言うのは」
    「ああ、今日は結婚式の買出しに来てたんだ。……ちっと、道草食ったけど」
     それを聞いて、セノクは苦笑した。
    「早く帰ってやれ、クリオ。親分の君がいなくてどうするんだ」
    「ちげーねぇ。……んじゃ、またな」
     クリオはそう言って席を立った。
    「……?」
     と、彼の背中を見たセノクは、わずかにではあるが嫌な予感を覚えた。
    「クリオ?」
    「あん?」
    「……気をつけて帰れよ」
    「おう」
     顔を向けず、手を振って部屋を後にしたクリオに、セノクは不安を感じていた。
    (何だろう……、この感覚は?
     まるで――もう二度と、あいつに会えないような)

     洋上に出たクリオは、「アマンド」号の舵を緩く握りつつ、ニヤニヤ笑っていた。
    (火紅の野郎がもう結婚かぁ~……。
     何歳だっけ、今。ああ、17? だっけか? んでティナは24だったっけ。ちっと火紅にゃ早いんじゃねーかって気もしないでもねーけど、ま、お似合いだしな。
     ……へへ、もしあいつらに男の子が産まれたら、オレの子と、なーんて、……ハハ、それこそ早過ぎるってもんか。
     ったく、幸せ過ぎんだろーが、火紅め)
     クリオは煙草と幸せを噛み締めつつ、フォコのことを考えていた。
     と、その時――突然船全体にゴツ、と言う鈍い音が響き、船が大きく揺れた。
    「お、わ……っ!?」
     クリオは舵から手を離し、べちゃりと倒れる。
    「いてて……、なんだ、おい?」
     立ち上がろうとしたところでザク、と自分の顔のすぐ横に、直剣が突き立てられた。
    「……っ」
     息を呑んだその一瞬のうちに、両手を後ろに縛られる。
    「クリオ・ジョーヌ。我々と一緒に来てもらおう」
    「誰だ……、てめーら」
     クリオは甲板に転がされたまま、自分を囲む兵士たちに尋ねた。
    「……」
     だが、クリオの問いには誰も答えなかった。

    火紅狐・海戦記 終
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・海戦記 6】へ
    • 【2010年11月 携帯待受】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    買収ならまだましな話。
    もっと貶められることになります。

    NoTitle 

    借金返済のために何でもするとは・・・。
    これでは買収されたと同義なような。。。

    NoTitle 

    次回、急展開です。

    NoTitle 

    くりおーーーーーーーーーーーーーーーv-399
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・海戦記 6】へ
    • 【2010年11月 携帯待受】へ