FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第2部

    火紅狐・砂嵐記 2

     ←火紅狐・砂嵐記 1 →火紅狐・砂嵐記 3
    フォコの話、69話目。
    夜中の出航。




    2.
     すっかり日は落ち、白と赤の薄い三日月が分厚い雲の向こうに、わずかに見え隠れしている。それを眺めていたルーが、残念そうにつぶやく。
    「……今日はもう、帰ってきそうにないですね」
    「そうですね。月明かりもほとんどないですし、これじゃ船を動かすの、危険ですよね」
     ルーはしょんぼりした顔で、ぱたぱたと尻尾に付いた砂を払う。
    「ま、結婚式は明後日の予定だから、まだ大丈夫ですけどね」
    「ええ。明日には帰ってくるでしょ、流石に」
     不安を感じつつも、フォコとルーは砂猫楼に戻った。



    「……おやっさんが……」
    (……ん?)
     夜も更けた頃、フォコはうっすらと目を覚ました。
    (何や今、話し声が聞こえたような……?)
     上半身を起こし、狐耳を澄ます。
    「……本当か……」「……ああ……」
     どちらも男の声だ。一人は鈍く伸びた声――巨漢のジャールだ。
    (もう一人は……? この渋い声、アバントさんやろか)
     と、横に寝ていたティナも目を覚ます。
    「どしたの?」
    「あ、えっと、……トイレ」
    「ん」
     それを聞いて、ティナはまた眠りに入った。
    「何やろ……? 何や……、胸騒ぎしとる」
     フォコはそっとベッドを離れ、服を着替えて部屋を出た。
    (何やろ? 慌てとる感じやけど……、おやっさんのことやろか?)
     声は静まり返った砂猫楼の中に、細々と聞こえてくる。
    「……何で……」「……もし……」
     フォコは忍び足で、声のする方に寄っていく。声は遠くなったり、近くなったりしている――どうやら、歩きながら話しているらしい。
    「……でも……」「……とにかく……」
     やはり、もう一人はアバントのようだ。その声からは緊張し、戸惑っているのが良く伝わってくる。
    (……ここ、降りてったんか?)
     声は地下、「テンペスト」を隠しているドックへ進んでいた。

    「お、おやっさんが!?」「しっ」
     アバントはジャールの部屋を訪ね、彼を起こして話を切り出した。
    「実は今日の昼頃、連絡があったんだ。おやっさんを拉致し、身代金をよこせと」
    「本当か?」
    「ああ、この通りだ」
     アバントはぴら、と手紙を見せる。
    「俺と『テンペスト』の操舵手以外には誰にも報せるな、と。報せた場合、命は無いとも」
    「何でだよ? こんな大変な話、何でおかみさんにも報せてないんだ?」
    「もし本当だったらどうするんだ? 俺たちのせいでおやっさんが死ぬことになるんだぞ」
    「そりゃ、そうだが。でも……」「とにかく」
     アバントは無理矢理に話を切り上げ、ジャールを促す。
    「助けに行こう。身代金を渡すフリをして」
    「……そう、だな。オタオタしてる場合じゃない」
     ジャールを説得したアバントは、そのまま地下ドックへと急いだ。
    (……よし、成功した)
     アバントは心の中で、ほっと一息つく。
    (後は『テンペスト』を持って行けば、俺の役目は終わりだ。
     今夜が『テンペスト』と『砂嵐』の、最後の航海だ……!)



     夜の闇に染まった洋上を、漆黒の「テンペスト」が進んでいく。
    「相手はどこで待ち合わせしてるんだ?」
    「ここから真東の無人島だ。砂しかない小島で、名前も付いてない」
    「逃げ出すのも、助けを呼ぶのも無理、ってことか」
     アバントの指示に従い、ジャールは舵を切る。
    「ところで、ジャール」
    「何だ?」
    「お前、風の術が使えるんだよな」
    「ああ。モーリスさんに教わった」
    「意外だよな、……いや、他意はないんだが」
    「俺も意外だよ。まともに学校も行ってない俺が、魔術を使えるなんて思ってなかった。
     つーか南海の奴らって、魔力を持ってる奴が結構多いらしいぜ。モーリスさんも不思議がってたよ。『これほど魔力を有する人間が、こんな限定された地域に集中しているとは』って、いつものお堅い口調でそう言ってた」
    「そうなのか。……そうだな、確かに西方人は、魔力のない人間の方が圧倒的に多いよ。俺も無いし」
     ここでジャールは、アバントに対し苛立ちを感じた。
    (アバントのおっさん、緊張感ねーなぁ……。おやっさんが危ないってのに)
    「普通なら、島はここから4時間くらいの場所だ。お前の腕と術なら、1時間もしないうちに着くだろう」
    「ああ。任せてくれ」
     ジャールは術に魔力を込め、さらに船速を上げた。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・砂嵐記 1】へ
    • 【火紅狐・砂嵐記 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    フォコくんは自分の部屋にいました。
    ティナと一緒に。

    NoTitle 

    ほこーはどこーv-232
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・砂嵐記 1】へ
    • 【火紅狐・砂嵐記 3】へ