FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第2部

    火紅狐・砂嵐記 3

     ←火紅狐・砂嵐記 2 →火紅狐・砂嵐記 4
    フォコの話、70話目。
    フィクサー、現る。




    3.
     黒い鎧に身を包んだ兵士十数名に囲まれながら、顔中に青あざを浮かべたクリオは名も無い小島の中央に、じっと座っていた。
    「……」
     太い縄で体と腕を縛られ、クリオは抵抗できない。
    「ご機嫌はいかがですかな、ジョーヌ総裁」
    「サイアクだ」
     話しかけてきた男に、クリオは顔も上げずに答える。
    「そうですか。何か飲まれますかな?」
    「いらねえ」
     クリオは視線を合わせず、男に尋ねる。
    「んで、オレをこんなところに連れて来た理由、そろそろ聞かせちゃくんねえかな」
    「もうしばらくお待ちいただきたい。まだ役者が揃ってないもので、ね」
    「役者?」
    「ええ。まずあなた、そして周りのレヴィア軍兵士の方々、そして……」
     男は兵士たちの背後を指差し、怯え切った顔のアイシャを示した。
    「レヴィア女王陛下。そして最後にあなたの腹心が、ここに揃う予定となっています」
    「腹心? 誰だ? アバントか?」
     男の右眉が、ピク、と動く。どうやら図星らしかったが、男は答えずに濁した。
    「……それは、来てからのお楽しみ、と言うことで」
    「ケッ」
     クリオは舌打ちし、青い顔をしたアイシャを眺める。
    「おい、女王さんよ。何だって、こんなコトしてんだ? まだ何かやろうってのか?」
    「……」
     クリオに声をかけられ、アイシャはチラ、とクリオを見たが、すぐ男に視線を移し、「ひっ……」と短い悲鳴を上げて顔をそらす。
    「……? なんだ、お前さん? 随分怯えちまってるみてーだが……、こいつに、何かされたのか?」
    「知らぬ、知らぬ、知らぬ……」
     アイシャは猫耳を両手でふさぎ、ブルブルと震えている。
    「……やり足りねーのはお前さんか」
     ここでようやく、クリオは男の方に目をやった。
    「大方、女王に借金背負わせて、無理矢理言うコト聞かせたってトコか。えげつねーな」
    「何とでも仰ればいい。ですがこれだけは、分かっておいた方がいいでしょうな」
     男は屈み込み、クリオに下卑た笑いを見せ付けた。
    「それがあなたの遺言になるのですからな、……フフ、フハハハ」



    「あの島だ」
     アバントがぼんやりと見える島の影を指差す。
    「あそこだな。……無事でいてくれるといいが、おやっさん」
    「そうだな。……なあ、ジャール」
     と、またアバントがのんきに話しかけてくる。
    「何だよ?」
    「お前、造船所に来て何年になるっけ」
    「は?」
    「ちょっと気になったんだ」
     ジャールはいらだちつつも、質問に答える。
    「8年だよ。24の時だから」
    「何で入ったんだっけな」
    「俺も海賊やってたからだよ。鉢合わせして、戦って負けて、んでおやっさんが『ちょうど腕っ節の強いヤツがほしかったんだ。お前、ウチに入れ』って勧誘してきたから」
    「ああ、そうだったな。その後からだよな、お前が太ったのって」
    「ああ。……何なんだ、アバント」
    「ん?」
     ジャールはこらえ切れなくなり、アバントに突っかかった。
    「おやっさんが殺されるかも知れねーんだぞ!? なのに何でアンタ、そんなヘラヘラしてられんだよ!?」
    「……おっと、そうだったな」
    「『そうだった』? 何だよそれ、まるで今思い出したような言い方……」
     言いかけて、ジャールは言葉を失う。
     アバントが突然、曲刀を抜いたからだ。
    「……もういいか。ここからなら、俺の腕でも15分はかからないだろう」
    「何?」
    「おつかれさん」
     そう言うなり、アバントは曲刀を振り上げた。

    「……ッ!」
     突然の行動に身動きできず、ジャールは息を呑んだ。
    「な、何を!?」
    「もう用済みだ。死ね」
     アバントは無表情で、曲刀を振り下ろそうとした。
     だが、曲刀を持っていたその右腕が、背後から伸びてきた手につかまれる。
    「な、……んだぁ?」
     思いも寄らない事態に、アバントはつい背後を振り向く。
    「……!」
     その隙を突いて、ジャールはアバントのあごを思い切り殴り飛ばした。
    「ぐげ……っ!?」
     アバントは曲刀を落とし、そのまま甲板に倒れこんだ。
    「は、あ……。ありがとよ、ホコウ」
    「いえ。……付いて来て正解でした」
     物陰に隠れて事態を見守っていたフォコは、縄を取ってアバントを縛り上げた。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・砂嵐記 2】へ
    • 【火紅狐・砂嵐記 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    その理由は、いずれ明らかになります。
    男の正体も。

    NoTitle 

    ううむ。こうまでして戦争したい理由がどこにあるのかな。
    なにか島自体にあるのか、あるいは戦争することによる利益が潜んでいるのかな。
    現状ではまだ分からないことが多いのかもしれませんね。

    NoTitle 

    一種の主人公補正です。
    ここぞと言うタイミングで現れました。

    NoTitle 

    ママ、いたほこーいた隠れてたv-405
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・砂嵐記 2】へ
    • 【火紅狐・砂嵐記 4】へ