FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第2部

    火紅狐・砂嵐記 4

     ←火紅狐・砂嵐記 3 →火紅狐・砂嵐記 5
    フォコの話、71話目。
    因縁の再会。




    4.
     縛り上げたアバントを見下ろしながら、二人は会話を交わす。
    「気、失っちゃってますね」
    「ちょっと強過ぎたな。……しかし、何なんだ? いきなり俺を殺そうとするなんて」
    「多分さっき、アバントさんが言った通りなんじゃないでしょうか。
     ここまで連れて来てくれたけど、もう用は無い。だから殺す、……ってことだと」
    「ちょっと待ってくれ、ホコウ。用って、おやっさんを助けるってことだろ? 俺がいなきゃ、その後どうやって帰るんだよ」
    「……アバントさんは多分、ナラン島に帰るつもりは無かったんでしょう」
     フォコは倒れたままのアバントを軽く蹴り、推理し始めた。
    「おやっさんがさらわれたって言うのは、本当だと思います。実際、帰ってきてないですし。でも身代金とかそう言うのは、嘘でしょうね。本当だったら持って来るでしょ? いくらなんでも手ぶらってことは、まず無いです」
    「……そうだよな、よく考えたら」
    「嘘をついてジャールさんだけをここまで連れて来たのは多分、『テンペスト』が狙いなんだと思います。
     ウチのメンバー全員集めてたら絶対、僕みたいに『おかしい』って言ってくる人が何人も出てくるでしょうし、皆殺しにするには手間もかかります。だから必要最低限、船と操舵手を消そうと思ったんでしょうね」
    「マジかよ……」
     と、ここでアバントのうめき声が聞こえてくる。
    「う、う……」
    「起きたか。おいおっさん、いきなり何してくれてんだよ」
     ジャールは怒りに任せ、アバントの胸倉をつかんで揺さぶる。
    「や、やめろっ」
     アバントが懇願するが、ジャールは手を緩めない。と、フォコがその手をつかんでくる。
    「僕からもお願いします」
    「何でだよ?」
    「ちゃんと聞かないと。何でこんなことをしたのか、を」
     アバントを甲板に座らせ、フォコとジャールは詰め寄った。
    「まず、聞かせてください。何故、ここに『テンペスト』を?」
    「命じられたからだ」
    「誰に?」
    「……」
     アバントは答えない。
    「次。おやっさんは、あの島にいるんですか?」
    「ああ」
    「誰が拉致したんです?」
    「レヴィア軍と聞いている。殺すつもりらしい」
    「誰の望みなんですか? レヴィア女王ですか?」
    「違う」
    「じゃあ誰なんですか?」
    「……」
    「次。あなたには何のメリットがあって、こんなことを?」
    「おやっさんの死と『砂嵐』の壊滅を条件に、西方での地位を約束された」
    「それは誰から?」
    「……」
     アバントの話にすべて結びついてくる人物について、アバントはどうしても答えようとしない。
     業を煮やしたジャールが、アバントの右手をつかむ。
    「いい加減にしねえと指折るぞ、おっさん」
    「うっ……」
     ギリギリと指を絞められ、アバントの額に脂汗が浮かぶ。
    「い、言えない。言えば約束は破棄すると、言われているんだ」
    「まだもらってもいないモノと、今ここで指をヘシ折られるのと、どっちがいいんだ?」
    「……いえ、な、いっ、……ぎああっ」
     ボキ、と鈍い音を立てて、アバントの指が折られる。
    「ホコウ、左手も行っとくか?」
    「……いえ、折っても言わないんなら、本当に言わないんでしょうね。
     どっちにせよ、あの島にいるんでしょう、その人は?」
    「……あ、あ」
     土気色の顔で答えるアバントに、フォコも彼の胸倉をつかんで怒鳴った。
    「あんたのくだらない企みや欲望のせいで、おやっさんが殺されるなんてこと、あってたまるかッ! 絶対に助け出してやる! その後のこと、じっくり覚悟しておくんだな!」
     フォコはアバントを殴り倒し、ジャールに促した。
    「行きましょう、あの島に。おやっさんを助け出して、みんなでナラン島に帰りましょう」
    「お、おう。……ホコウ」
     ジャールは立ち上がりながら、驚きに満ちた目でフォコに尋ねた。
    「何かお前、すげーかっこいいな」
    「そ、そうですか?」
    「いつもへろへろした印象しか無かったけど……、見直したよ」
    「ど、ども」
     船を進め、フォコたちは島に到着した。



    「おや……、到着したようですな」
    「……」
     男の言葉には応じず、クリオは着岸した船をにらむ。
    「……おいおい……」
    「おや、あれは」
     男の顔が、嬉しそうに歪む。
    「生きていたとは聞いていましたが、なるほど。成長したようで」
    「……来るんじゃねえよ、こんな時に……っ」
     対照的に、クリオは歯軋りする。
    「おやっさん!」
     現れたフォコは、クリオの方に近付こうとして――足を止めた。
    「……っ!?」
    「やあ、ニコル。久しぶりだね。随分大きくなった」
    「ニコル? 誰だ?」
     きょとんとするジャールを置いて、フォコは男との距離を詰める。
    「……お前やったんか……ッ! アバントさんを誘惑し、おやっさんを拉致したんは……ッ!」
    「そうだよ、ニコル。私だ。
     このケネス・エンターゲート=ゴールドマンが、すべてを仕組んだのだよ」
     男はそう名乗り、フォコに笑いかけた。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・砂嵐記 3】へ
    • 【火紅狐・砂嵐記 5】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    おお、黒幕登場?
    ひとまずの敵がようやく表れたのですかね。

    NoTitle 

    いよいよ第2部の終わりに近づいてきました。

    NoTitle 

    ラスボスだーv-405
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・砂嵐記 3】へ
    • 【火紅狐・砂嵐記 5】へ