FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第2部

    火紅狐・砂嵐記 5

     ←火紅狐・砂嵐記 4 →火紅狐・砂嵐記 6
    フォコの話、72話目。
    「砂嵐」のクリオ。




    5.
    「ゴールドマン? ゴールドマンちゅうたか!?」
     フォコは怒りをあらわにし、ケネスに突っかかる。
    「言ったとも。今の私は金火狐の総帥だからね」
    「ふざけるなッ!」
     フォコは曲刀を向け、ケネスに叫ぶ。
    「お前にその名前を名乗る資格は無いッ!」
    「あるとも。商会のすべてを掌握し、央中・央北の商業の中心人物となった。これでもなお、私に資格が無いと言うのかね?」
    「僕の……、僕の両親を殺しといて、そんなふざけたことを言うんかッ!」
    「殺した? 私が? そんな証拠は無い」
    「証拠やて? 父さんが死んだ後、すぐにその地位を継いだんやろが!? それが証拠やなくて、何や言うねや!?」
    「そんなものは物的証拠ではない。……まあ、そんな議論をするつもりは無い。
     それよりもニコル、君が来てくれて私は嬉しいよ」
     ケネスはにこりと紳士的な笑みを浮かべ、フォコに対して鷹揚に振舞う。
    「あの時ジョーヌ総裁にさらわれて、一体どうなったかと心配していたものだが」
    「嘘つけッ!」
     一方、フォコは徹頭徹尾、攻撃的な姿勢を見せる。
    「おやっさんの居場所はつかんどったはずやろ、あんたの地位と人脈やったら! そんなに心配してたっちゅうんなら、どうして探そうとせえへん!?
     こんなもん、理由は単純や! 僕のことが、邪魔やったからやッ! 今さら前総裁の息子なんかが現れたら、地位は危なくなる! そら、探しになんかけーへんわなぁ!?」
    「ふっふ……、まあ、そうだな」
     フォコの追求に、ケネスは簡単に前言を撤回した。
    「確かに心配でも何でもなかった。もっと言えば、さっさと死んでいてほしかった。そう思って放っておいたが、……君は生き延び、成長している。
     このままずっと放っておけば、いずれ私の前に、明らかな敵として立つ男になる」
    「今かてそうや」
     フォコは曲刀を構え、ケネスとの距離を詰めた。
    「あん時は逃げるしか無かった。けどな、今やったらお前を殺せるねんぞ!?」
    「ほう」
     自分を殺すと言われてもなお、ケネスは笑っている。
    「ではやってみればいい」
    「言うたな……ッ!」
     頭に血が昇ったフォコは、ケネスの挑発に乗って駆け出そうとした。

     だが――。
    「火紅おおおッ!」「……!?」
     空気をビリビリと震わすようなクリオの一喝に、フォコの足は止まった。
    「いつもいつも、いっつも言ってんだろーが……! 激情や思い付きでぽいぽい行動するなって、何度言えば分かる!?
     ソコから一歩でも動いてみやがれ――お前さん、死ぬぜ」
    「え……?」
     言われてようやく、フォコはケネスとクリオの周囲に、黒い鎧に身を包んだ兵士たちがいるのに気付く。
    「闇夜に黒い鎧だ。よっぽど気を配って無きゃ、見えねーわな。お前さん、アタマに血ぃ昇ってて気付いてなかったろ」
    「……」
    「お前さんがケネスを殺そうと駆け出してたら、こいつらは容赦なくお前さんを囲んで袋叩きにしてただろうな。
     お前さん、折角良いアタマ持ってんだから、ちっとは活用しろや。オレをさらったのが、ケネス一人だと思ってたのか? ケネスとアバントのアホが、たった二人でこんな真似をやってたと?」
     クリオの言葉に、フォコの頭は一気に冷める。
    「え……、お、おやっさん。何でアバントさんのことを?」
    「ちょくちょく島を抜け出して、その度に悩んだような顔で戻ってくるよーなヤツに、何にも大したコトは無かったって、お前さんはそー思うのか? あるに決まってんだろうが、何かがよ。
     そんで調べたら見えてきたってワケだ、アバントとケネスが会って何か企んでるなってコトが。……ま、流石にアイシャ女王まで篭絡してるとは思ってなかったけどもな」
    「ご明察ですな、ジョーヌ総裁」
     耳を抑えて顔をしかめていたケネスが、再び笑いを浮かべる。
    「あなたの頭脳も、なかなかのものだ。……いや、真摯に経歴を見れば、そのポテンシャルの高さは、嫌でもよく分かる。
     10代の頃、言葉も満足に分からぬ土地に単身飛び込んで、その後20代にして店を立ち上げ、30代で大商会の主。そんな人物が、ただただ乱暴で粗雑なわけがない。
     大方、今もあなたは、ここから無事に脱出できる術を模索しているのでしょう」
    「そーだよ」
     クリオは体を縛られたまま、器用に立ち上がる。
    「動くな!」
     周囲の兵士たちが武器を構え牽制しようとするが、クリオは構わずケネスの横を抜け、フォコの方に歩いていく。
    「何をボーっとしている! 殺せ!」
     ケネスが命令し、兵士を動かす。
    「ところでよ、火紅、ジャール」
     それも気にしていない様子で、クリオはフォコとジャールに声をかける。
    「今までよ、ちっと妙に思った覚え、ねーか?」
    「えっ?」
    「何でオレたち海賊団の名前、『砂嵐』なんだろ、ってな」
    「って言うと?」
     ぽかんとするジャールに比べ、フォコは率直に答える。
    「まあ、思ってました。『海と砂の世界』って言いますけど、僕らの活躍の場、海ですし。ネーミング間違えたのかな、って」
    「なワケねーだろ、ハハ……」
     ジャールに縄を切ってもらいながら、クリオはニヤリと笑った。
    「さてと」
    「早くしろ! 殺せッ!」
     バタバタと足音を立て、迫ってくる兵士たちに、クリオはニヤニヤとしたまま振り返り、手をかざした。
    「取って置きだ。……飛んでけ、『テンペスト(大嵐)』」
     次の瞬間――島全体に、猛烈な風が吹いた。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・砂嵐記 4】へ
    • 【火紅狐・砂嵐記 6】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    名前は人格や組織を形成する要素の一つですからね。
    適当な名付け方はしないよう心がけています。

    NoTitle 

    ほほう。ここでネーミングの真相が分かるわけですね。
    伊達に砂嵐と呼ばれているわけではないようですね。
    ネーミングって大切だなあ。。。

    NoTitle 

    ??

    NoTitle 

    兵士たちも眠気には勝てなかったかv-395
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・砂嵐記 4】へ
    • 【火紅狐・砂嵐記 6】へ