FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第3部

    蒼天剣・悪夢録 2

     ←蒼天剣・悪夢録 1 →蒼天剣・悪夢録 3
    晴奈の話、第80話。
    悪魔の登場。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
    「くそ……。何故あんなに人が並ぶんだ? おかげで30分も待たされた。明奈も待ちわびているだろうし、早く戻らないと」
     昔からのクセか、晴奈はブツブツと文句をつぶやきながら、菓子袋を抱えて黄屋敷に戻ってきた。
    「……!?」
     と、黄屋敷の周りが騒がしいこと、そして、平和な街中に似合わぬ臭いが漂っていることに気付く。
    (血の臭い? ……まさか!?)
     何が起きたか瞬時に察し、晴奈は血の気がざーっと音を立てて引いていくのを感じた。
    (おいおい、冗談だろう!? 何故、私のいない時に限って!)
     人をかき分け、屋敷の門を潜って中に押し入る。
     庭や屋敷の広間、そして応接間などに剣士たちが固まっている。現状を把握しようと、彼らの声に耳を傾けたが――。
    「黄大人の娘御がさらわれたそうだ! 相手は黒炎の奴らに違いない!」
    「早く助け出さねば!」
    「助け出した者には褒美があるとか」
    「何? 金か?」
    「いや、この事態だ。ご令嬢を……、かも知れんぞ」
    「おお、まことか!?」
    「そうなれば、家督も……」
     彼らの勝手な話に、晴奈は憤慨した。
    「このたわけッ! 金や女目当てでここに来たのか、お前らッ!」
    「うひゃ……、せ、先生、あのっ」「やかましい! とっとと散れッ!」「は、はいっ」
    (人の妹を褒美だと!? モノ扱いするとは、馬鹿者どもめ! まったく、修行が足らぬ!)
     心の中で怒り散らしながら、晴奈は剣士たちを押し分けて応接間に入る。
     騒ぎを聞きつけたらしく、そこにはエルスとリスト、そして博士の三人が、頭に包帯を巻いた紫明と向かい合って座っていた。
     と、外の様子を眺めていたエルスが窓に晴奈が映っているのに気付いたらしく、背を向けたまま声をかける。
    「なーんかさ、騒いでるのは男ばっかりだよね。もしかして……」
    「そう。明奈狙いだ」
     晴奈は憮然とした口調で、エルスに答えた。
    「しかも、明奈の婿になれば黄家の財産も手に入るなどと抜かしている」
    「美少女と家督狙いか。さもしいのう」
     博士もエルス同様、呆れた目で窓の外の剣士たちを眺めていた。
     と、ここでエルスが晴奈に向き直る。
    「そう言えばセイナ、屋敷にいなかったの?」
    「ああ、用事から戻ってきた途端にこの騒ぎだ。
     まったく、私も明奈もつくづく運が悪い。何だって私のいない時にばかりさらわれるんだかな」
     エルスの問いに、晴奈は自嘲気味にため息をついて答えた。

     紫明の話では、教団員たちは護衛の剣士たちを倒した後、明奈だけを連れて逃げ去ったと言う。
     しかし事が起こったのはつい数十分前の話であり、焔流の剣士たちも街の自警団や州軍と共同で、厳戒態勢を敷いて街中を巡回している。
     その警戒の中、まだ日の高いうちに街の外に出るのは難しいため、黄海のどこかに潜んでいるだろうとの博士の予測により、何班かに分かれて街を捜索することにした。
    (明奈、無事でいてくれ……!)
     晴奈も焦る気持ちを押さえながら、街に繰り出した。



     街のあちこちで、焔流の剣士と黒炎教団の者が戦っている。
     晴奈たちの班も、戦っている者たちに手を貸して教団員たちを追い払い、蹴散らしていく。
     だが教団お得意の人海戦術により、いくら倒しても、どこからか増援が現れる。
    「ええいッ! しつこいッ!」
     明奈がさらわれてから既に1時間ほどが経っていたが、教団員たちがワラワラと沸いてくるため、思うように進めない。
    (こいつら、一体何人いるんだ!?)
     斬りつけ、蹴倒し、投げ飛ばし――晴奈一人だけで、すでに20名近く倒しているし、周りの剣士とも合わせれば、その倍以上は相手している。
    (毎度毎度、こいつらはワラワラと……!)
     それでも少しずつ、街を捜索していると――ドン、と言う重たい炸裂音が南の方、街外れの方角から聞こえた。
    「な、何だ!?」
    「一体……?」
     争っていた剣士も教団員も、その爆発に一瞬動きを止める。
    「……今だ!」
     晴奈は我に返り、まだ呆然としている者たちを突き飛ばし、かき分けて、その方向へと走って行った。

     街外れへとたどり着くと、そこには轟々と火柱が立っていた。
     と、その火柱を背に、明奈がこちらにかけて来るのを確認する。
    「明奈!」「お姉さま!」
     明奈は晴奈を見るなり、晴奈の胸に飛び込んできた。
    「大変、大変なの! 博士が、ナイジェル博士が、黒炎様に……!」
    「……何だって?」
    「黒炎様……、大火様が、博士と……!」
     その言葉を聞いた瞬間、晴奈に戦慄が走った。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2008.10.09 転載
    2016.03.06 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・悪夢録 1】へ
    • 【蒼天剣・悪夢録 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    キター(*゚∀゚)-!

    NoTitle 

    大火北ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーv-405
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・悪夢録 1】へ
    • 【蒼天剣・悪夢録 3】へ