FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第2部

    火紅狐・砂嵐記 6

     ←火紅狐・砂嵐記 5 →火紅狐・砂嵐記 7
    フォコの話、73話目。
    新兵器。




    6.
    「う、うわーッ!?」
    「げほ、げほ……っ!?」
     風で巻き上げられた大量の砂により、一瞬で目の前が真っ白になる。
     いや、巻き上げられたのは砂だけでは無い。兵士たちも何人か、空高くへと飛ばされていく。
    「な、何が起こった……!?」
    「見えない! どこだ、どこにいる……ッ!?」
     何とか地上に張り付いた残りの兵士も、砂と風のためにピクリとも動けない。
    「やられたな……」
     一方、ケネスは冷静に分析していた。
    「まさかジョーヌ総裁も、魔術を使えたとは。集めた情報には、まったくそんな話は出てこなかった。流石に油断してしまった……。
     が、まあ……、それならそれで、次の手を打てばいいだけのこと」



    「ジャール! 3時方向に船を向けろ! ソコが一番、風を受ける!」
    「了解しゃーしたッ!」
     クリオの指示と魔術で、「テンペスト」号は勢い良く島を飛び出した。
    「おやっさん、何で教えてくれなかったんですか?」
    「あん?」
    「こんなものすごい魔術使えるなんて、聞いてないですよ」
    「そりゃそうだ。アレは最後の切り札だったからな」
     ゴウゴウと風がうなりを上げる中、三人の間に安堵の雰囲気が漂う。
    「しかし良かったっス、本当。おやっさんが無事でいてくれて……」
    「本当ですよ。いつまで経っても帰ってこないから、どうしたのかと」
    「悪かったな。……ま、相手も業を煮やしてたんだろ。さんざ計画してたコトがみんな、ブッ潰れちまったんだから。
     でも、ま、コレでおしまいだよ。オレたちはしばらく、ベール島に移るコトにしようかなって考えてたんだ。もう海賊やる必要もねーし、特別造船所を移転しても、なーんも問題ないしな。
     ベール島なら絶対安全だ。あそこの軍は滅法強い。攻めてくるバカも、人をさらおうとするバカもいやしねーよ」
     クリオの話に、フォコも、ジャールも喜んだ。
    「いいっスね……。ナラン島の生活ものんびりしてて悪くなかったっスけど、やっぱにぎやかなトコの方が楽しいっスから」
    「ですよね。新生活も、そっちの方がしやすいですよね」
    「お前さんとティナにとっちゃ、渡りに船みてーな話だろ」
    「へへ、船なら今乗ってますよ」
    「ハハ、そうだった」
     三人は安堵しきり、笑いあっていた。

     だが――。
    「……ん?」
     明け始めた洋上に、ほんのりと船影が見える。
    「追って来た……?」
    「おいおい、さっきの風とこの『テンペスト』の速度じゃ、追いつけねーって分かるだろうに。切れ者のケネスにしちゃ、往生際が悪いな……?」
     クリオはけげんな顔で、追ってくる船を眺めた。
    「……なんだ?」
     ボン、と何かが勢い良く弾けたような音が、その船から響いてくる。
    「何だ? 何か……、破裂した?」
     フォコも気になり、顔を向けた。

     次の瞬間――ジャールの巨体が、宙に浮いた。
    「……がっ、げぼ、っ」
     大量の木屑と血と共に、ジャールが甲板に叩きつけられる。
    「……えっ」「……なに?」
     何が起こったのか分からず、残った二人は辺りを見回した。
    「……!?」
     いつの間にか、「テンペスト」の甲板には大きな穴が空いていた。
    「何が……、起こった?」



     レヴィア軍の艦上で、ケネスが居丈高に叫ぶ。
    「次、準備しろッ!」
    「了解しました!」
     レヴィア兵たちが、金属でできた筒状のものに、鉄球と黒い粉を詰める。
    「これは……、何ぞ?」
     覇気を抜かれたままだったアイシャが、目の前で繰り広げられた光景に気力を取り戻したらしい。あれほど忌避していたケネスに、自分から話しかけてきた。
    「我がエンターゲート製造がゴールドマン商会に眠っていた技術と知識を活用し、密かに開発した新兵器だ。
     剣よりも強く、魔術より速く、徹底的なダメージを与えられる、究極の兵器。それがこの粉だ」
     ケネスは下卑た笑みを浮かべながら、樽に詰まった黒い粉を握って、アイシャの前に差し出した。
    「この粉が、あの途方もなき力を?」
    「そうだとも」
     そこへ、準備を整えた兵士から報告が入る。
    「砲台、準備完了しました!」
    「よし、撃てッ!」
     兵士たちは金属の筒の中に火を入れる。
     一瞬間を置いて、ズドンと言う爆音が響き渡った。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・砂嵐記 5】へ
    • 【火紅狐・砂嵐記 7】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    なんでそんなに戦争させたがるんですかw
    まあ、実際この後勃発することになりますが。

    NoTitle 

    そろそろ大変な状況になってきましたね。ここから戦争が幕開けするのですかね・・・?

    NoTitle 

    残念ながら、そういう魔術を彼らは持っていませんでした……。

    NoTitle 

    バリやバリやv-393
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・砂嵐記 5】へ
    • 【火紅狐・砂嵐記 7】へ