FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第3部

    火紅狐・啓示記 2

     ←火紅狐・啓示記 1 →火紅狐・啓示記 3
    フォコの話、77話目。
    女神の降臨。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     フォコは意を決し、酒瓶の破片を喉に突き刺そうとした。
    「……ッ」
     目を閉じて寝転んだまま、両手に力を込める。
    「……さよならや……」
     ブツ、と自分のあごの下から音がした。



    (……あ……苦しい……)
     フォコは強い息苦しさを感じていた。
    (まあ……そらそうやんな……喉突いたら苦しいよな……)
     が――妙なことに気付く。
    (……あれ? 僕、喉から破片、抜いたっけ?)
     突いたと言うのに、喉の中には異物感が無い。感じる異物感は何故かその外から――手でつかまれたような圧迫感なのだ。
    「……へ、っ?」
     不思議に思ったフォコは、目を開けた。

    《この、ボケが……ッ》
     目の前には、フォコをものすごい形相でにらむ、金髪に赤いメッシュの入った、狐獣人の女がいた。
    《何がさいならや、何が変わらん言うんや、おい、このドアホはあああ……ッ!》
    「あ、あん、た、……ゲホッ、あんた、だ、誰や、ゴホッ」
     女はギリギリと、フォコの喉を絞め上げている。
    《アンタに尋ねる権利なんかある思てんのか、この酔っ払いが!》
    「ぐえ、っ、く、くる、っし、い」
    《苦しい? 苦しい言うたか? あ? どないやねんな!》
    「い、うた、言うた、って、は、離して、っ」
     あまりに強く絞めてくるので、フォコの頭は混乱していた。
    「こ、ころ、殺さん、とい、てっ」
    《はぁ? 殺すな? ついさっきまで死にたい死にたい言うとったアホが、何を抜かすか!?》
    「し、死に、たくな、いっ」
     思わず、フォコはそう言ってしまった。
    《あぁ!? 死にたいんとちゃうんか!? 酒瓶で喉かっ切って、死のう思てたんとちゃうんかい!?》
    「す、すみまっ、せん、でし、たっ」
    《何がすまんねんや、コラ!?》
    「死にたい、って、言って、すみません、でしたっ、ご、めんな、さ、いっ」
     謝り倒すフォコに対して、女は依然喉を絞める手を緩めない。
    《よし、よー言うた。ほんなら、これからアタシの言うコト、しっかり復誦しいや》
    「へ?」
    《繰り返せっちゅうてんねや! 分からんのんか、あ!?》
    「へ、あ、はいっ」
     女は喉をギリギリと絞め上げながら、こう告げた。
    《卓に着く者は生ける者なり》
    「た、卓に、着く者、は、……?」
     言いかけて、フォコはこの一文をどこかで聞いた気がすると感じた。
    《早よ誦めや!》
    「たっ、卓に、着く者は、生ける、者なりっ」
    《卓から離れる者は死せる者なり》
    「卓から、離れる者は、死せる者なり」
    《卓で挑み勝つ者は幸いなり》
    「卓で挑み勝つ者は、幸いなり」
     復誦しながら、フォコはこれをどこで聞いたのか考えていた。
    《卓で挑み負けども汝離れること無かれ》
    「卓で挑み負けども汝離れること無かれ」
    《挑まず離れる時こそ死せる時》
    「挑まず離れる時こそ死せる時」
     そしてようやく、思い出す。
    (あ……、これ……)
    《離れず挑めばいずれ汝は幸いを得ん》
    「離れず挑めばいずれ汝は幸いを得ん」
    《もっかい》
    「はい、卓に着く者は……」
    (そうや、これは金火狐の玉文集――大始祖、エリザ・ゴールドマンが言うてたっちゅう言葉をまとめたもんの一つや。ちっちゃい頃、何度も復誦しとったなぁ……)
    「……汝はいずれ幸いを得ん」
     そこでようやく、金狐はフォコから手を離した。
    《意味、言うてみい》
    「はい。生きていると言うことは、何かに挑めると言うこと。挑んで勝利すれば幸せを得られる。
     でも、負けてそのまま勝負から逃げれば、それはもう幸せが得られず、死んでいるのと同じこと。
     だから勝負を諦めず、勝つまで挑み続けろ、……と言う意味ですよね」
    《そうや。アンタには、金火狐の血が流れとるんやろ? 何で今、この言葉を思い出さん?》
    「……すみませんでした。すっかり、忘れていました。毎日が、何て言うか、……その、本当にゴミみたいで……」
    《そうしてしもたんはアンタや。ゴミみたいな毎日過ごさなあかん羽目になったんは、他の誰でも無い、アンタのせいやで?》
    「でも挑めるものなんて、……何にも無いんですよ。じゃあぼんやり生活するしか無いって話で……」《ボケ》
     金狐はフォコの頭をゴツンと殴り、まくし立てる。
    《いとるやろが、あのふざけた短耳が。アタシらの財産がっつり食い荒らして、その上まだ足りひん、まだ足りひんって駄々こねとるゲスがおるやろが》
    「あいつに、挑めと?」
    《そうや。元々からアイツはアンタの親を殺しいの、師匠も殺しいのして、ことごとくアンタから幸せを奪ってきた極悪人や。
     ソイツに挑まへんで、他に誰にケンカ売るっちゅうんや》
    「……そりゃ、挑みたいですよ。勝ちたいですよ!」
     フォコは涙を流しながら、金狐に怒鳴り返す。
    「でもどうしろって言うんですか!? 僕にはもう、何も無い!
     お金も無い! 職も無い! 家も、親しい友達も、愛する人も、何も無いんだ!
     そんな僕に、あなたは何をしろと言うんですか!?」
    《あのなぁ》
     金狐はぎゅっと左拳を丸め、フォコを思い切りぶん殴った。
    「ふぎゃっ!?」
    《無い無い無い無いうるさいんじゃ! 無いんやったら作れ! ソレがアタシらの掟やろ!》
    「つ、作れ、って」
    《……はぁ。ほなな、いっこだけ助けたる。ソコから後は、自力で何とかせえ》
     金狐は軽くため息をつき、殴り飛ばされたフォコを見下ろしていた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・啓示記 1】へ
    • 【火紅狐・啓示記 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    何があったかは、一話前でめっちゃ説明してたはずなんですが……。

    NoTitle 

    フォコが随分と様相が変わってますね。。。
    何があったのか。
    酒におぼれるのも悪くはないですが、夢まで捨てたらキツイですよね。

    NoTitle 

    別人ですねー。
    クリオは伝えたいことを伝えきったらしく、今後は登場しません。

    NoTitle 

    クリオかと思ったv-388
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・啓示記 1】へ
    • 【火紅狐・啓示記 3】へ