FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第3部

    火紅狐・啓示記 3

     ←火紅狐・啓示記 2 →火紅狐・啓示記 4
    フォコの話、78話目。
    伏龍、目覚める。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     金狐は仰向けに倒れたフォコの側に座り込み、こう告げた。
    《この街に、男の二人組が来とる。
     一人は全身真っ黒で目ぇめっちゃ細い、背ぇ高いヤツ。もう一人は金髪の長耳で、いかにも頭良さそーにしとる眼鏡のヤツや。
     こいつら、困っとるんや。港からさっさと出たいんやけど、金が無いねん。ソレ、助けたり》
    「た、助けろって言うても、僕もお金無いんですけど」
    《聞いたから知っとるわ。せやから、ソコは自力で何とかせえ》
    「えー……」
     困った声を出したフォコを、金狐はにらみつける。
    《ちょっとはシャッキリせえや、アンタ。アタシの弟の名前付いとるクセに、……あー》
    「……?」
     金狐はそこでようやく、表情を崩した。
    《そう言えば弟も大分ヘタレやったわ。こら、遺伝かなぁ……。
     ま、とにかく気張りいや。うまく行けば、明日から路上で寝転ばんで済むんやし》



     目を覚ますと、フォコは路上で大の字になっていた。
    「……くしゅっ」
     くしゃみで無意識に上半身を起こしながら、フォコは自分の喉元を確かめた。
    「……? 切れてへんな」
     切れてはいないが、妙な違和感がある。フォコは立ち上がり、表通りに出て鏡を探す。
    「あ、あの窓でええかな。……うわ!?」
     窓に自分の姿を映したフォコは驚いた。
     喉にはくっきりと、両手で絞められた跡が残っていたからだ。
    「あ、あれ……、夢や、無かったんか?
     ぼ、僕は……。僕はなんてお方と、話をしてたんや……!」
     フォコは喉を押さえ、戦慄した。
    (……ふ、二人組、やったっけ。探さな……!
     折角『あの方』が、こんなクズ同然の奴に啓示をくださったんや。活用せえへんで、どないするんや!?)
     フォコは思考を切り替え、井戸を探す。
    (まずシャッキリせな! こんな酒臭い顔、しとったらあかん!)
     井戸を見つけ、顔と髪をバシャバシャと激しく洗う。
    「……うわ」
     地面に滴り落ちた水滴は、赤黒く染まっている。
    (最後に顔洗ったんて、そう言えば……、半年? 一年前? ……ものすごい昔やな。
     ……うーん、落ちひん)
     頭と上着を一通り洗い終えたものの、フォコの喉にはくっきりと、手の形をした痣が残っている。
    (洗っても無駄やろな。……しゃあない)
     とりあえず耳の出るフードを被り、喉元を隠す。
    「……さー、心機一転や。……探そか」
     フォコはプルプルと頭を振り、井戸を後にした。

     すっきりした頭で街中を歩きながら、フォコは頭の中を整理していた。
    (そうや、この2年、3年、ぼんやり過ごしとったから、……そもそも、あれから3年も経ってしもとるんやな。
     僕は20歳の、ニコル・フォコ・ゴールドマン。……やけどまだ、名乗れへん。まだ僕は火紅や。ホコウ・ソレイユのまま。
     今いてるんは、央北の港町。ノースポートっちゅうところや。あっちこっち適当にうろついとった。
     そや……、あいつと、ケネスと勝負なんかでけへんと諦めて、離れよう離れようとしとったんや。
     央北の中心地、クロスセントラルの周りの、端っこの街をグルグル回って、できる限りケネス関係と会わへんようにしとった。
     ……そら『あの方』も怒って首絞めてくるっちゅう話や。ホンマ、僕はヘタレやったなぁ)
     フォコは自分の不甲斐なさに、久々に諦観ではなく、憤りを感じていた。
    (ホンマに、何から何まで『あの方』の言う通りや。
     僕はもっと、あいつに対して敵意と執念を持ってなあかんのや。そうや無かったら、今まであいつのせいで死んでしもた皆が、あんまりにも可哀想過ぎるやろ?
     みんなの遺志を、僕が、僕一人が、一手に引き受けとるようなもんなんやし。それも忘れて、逃げて逃げて……。
     どんだけ情けないんや、この大バカ……っ!)
     と、嘆いていたところへ――裏通りへの曲がり角の向こうから、こんな話し声が聞こえてきた。

    「すごいね、君。そんなこともできるのかい?」
    「む、……まあ、まだこの術は不完全だ。精々、30分が限界と言うところか」
    「そうなの? ……残念だな、折角の黄金なのに」
     黄金と聞いて、フォコの狐耳がぴょこりと動く。
    (金?)
     そっと裏通りを覗いて見て、フォコは目を丸くした。
    (こ、この二人!?)
     そこにいたのは黒いコートを着込んだ長身の男と、金髪のエルフだった。
    「じゃあ、他の方法を考えないといけないね。何とかしてお金を調達しなきゃ、いつ追っ手が来るか」
    「まあ、来ても返り討ちだが、な」
    「平和的に対応をお願いしたいんだけどなぁ」
    「そうしても俺は構わないが、お前は困るだろう?」
    「まあ、そうなんだけどさ」
     どうやら、エルフの方は追われている身らしい。コソコソと、黒い男の掌に視線を留め、何かを相談している。
    「……!」
     黒い男の掌に乗っている物を見て、フォコはもう一度驚いた。
    「金!?」
     思わず、フォコは声を漏らしてしまう。
    「……っ」
     エルフの方は怯えた目を向けてきた。
    「ひゃ……」
     と、フォコの方も怯えさせられる。
     黒い方が、刀身の真っ黒な刀を向けてきたからだ。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・啓示記 2】へ
    • 【火紅狐・啓示記 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    「気分を入れ替えよう!」と一念発起→頭から水を被る、は常道ですね。

    NoTitle 

    やっぱり行動を復活させるには日々の洗顔だったり、身体を洗うことは大切ですよね。私も行動を一新させたいときとかシャワーを浴びますからねえ。

    NoTitle 

    由緒ある刀をかりんとう呼ばわりとは。
    斬られますよ。

    NoTitle 

    そっ、その刀は!
    かりんとうi-123
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・啓示記 2】へ
    • 【火紅狐・啓示記 4】へ