FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第3部

    火紅狐・啓示記 4

     ←火紅狐・啓示記 3 →火紅狐・啓示記 5
    フォコの話、79話目。
    二人の男と寸借詐欺。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
    「何者だ?」
     黒い男は刀――央南風の、長細い刀身がわずかに反り返った片刃の武器だ――をフォコの鼻先に向け、尋ねてくる。
    「あ、いえ、その、……声が聞こえたので」
    「……ふむ。兵士や官吏の類では無さそうだ」
     フォコの垢じみた身なりを見て、男は刀を下げた。そこで、フォコは尋ね返してみる。
    「あの、今あなたが持ってたのって、金ですよね」
    「……そうだ。だがもう既に……」
     男は地面の砂を蹴ってみせる。
    「あれ?」
    「元の状態に戻ってしまっている。この術の効果は、30分と持たない」
    「……え、それって」
     フォコは目を丸くし、もう一度黒い男に尋ねた。
    「錬金術ってやつじゃないですか!?」
    「まあ、そうなるな」
    「そうなるどころか、そのものド真ん中じゃないですか! 黄金を造れるなんて……!」
    「……厳密には、造れていない。30分しかその光を留めておけん金など、金とは呼べん」
     男は憮然とした顔になり、フォコをうざったそうに眺める。
    「説明は終わりだ。消えろ」
    「え、……いや、その」
     だがそう言われても、フォコには従えない理由がある。
    「何だ? 30分で土に還る金が、欲しいとでも言うのか?」
    「いや、まあ、金は欲しいのは欲しいですけど、でも、30分じゃ……」「消えろ」
     男はフォコの喉元に、す、と刀の切っ先を当てる。
    「ちょ、ちょっとタイカ」
     と、エルフの方が止めに入った。
    「何だ?」
    「揉め事はよそう。ここで彼に叫ばれでもしたら、面倒なことになる」
    「……それもそうか」
     タイカと呼ばれた男は、ひょいと黒い刀を下げた。
    「見逃してやる。さっさと消えろ」
    「……」
     フォコはフードの下でボタボタと冷や汗をかきながら、二人のことを観察していた。
    (『タイカ』? 央北の名前や無さそうやな。刀持っとるし、おやっさんの故郷と同じ、央南辺りの人やろか。
     こっちのエルフさんは……、どー見ても央中北部か、央北あたりの顔やな。この街の人や無さそうやし、旅人にしては、装備が少なすぎる。
     言うてることからして、どこかから逃げてきはったんかな……?)
     観察するに従って、フォコの頭も落ち着いてくる。
    (……にしても、練金術かぁ。この黒い短耳――かどうか分からへんなぁ。髪の毛とコートで隠れとるし――魔術師なんかな。
     僕も詳しくは知らへんけど、金って誰も造ったこと無いんやろ? たった30分でも、それが造れるって……、ものすごいことなんちゃうん?
     えーなぁ……。そんなんできるんやったら、僕なら――あ)
     フォコはここで、あるアイデアを閃いた。
     と、タイカがうざったそうにフォコをにらんでいる。
    「お前の耳はハリボテか?」
    「へ?」
    「何度俺は、お前に『消えろ』と言った? いい加減、どこかへ行け」
    「あ、えーと……」
     フォコは気圧されつつも、思い切って話を切り出してみた。
    「あの、良ければなんですけど」
    「何だ?」
    「もっかい、さっきの砂金作ってみてもらっても、いいですか?」
    「……?」
     タイカはけげんな表情をする。
    「何故だ?」
    「ちょっと考えがありまして」



     タイカから砂金一袋分をもらったフォコは、街を走り回って人を探した。
    (なるべくがめつそうな奴……、金汚そうな奴は、と……。
     お、あいつなんか良さそうやな)
     フォコはいかにも意地の汚そうな旅人を見つけ、声をかけた。
    「す、すみません!」
    「あ?」
     旅人はうるさそうに返事をしてくる。
    「何だ? 俺に用か?」
    「お金を貸していただけませんか!?」
    「は? なんで?」
     当然、旅人は馬鹿にしたような顔をする。
    「実は、早急にお金を作らなくてはならないんです! でも当てがなくて……」
    「知るか」
     背を向けようとする旅人に、フォコは砂金を見せる。
    「勿論ただとは言いません! 我が家の家宝にしている砂金を、担保にしますから!」
    「……砂金?」
     フォコの狙い通り、旅人は目の色を変える。
    「お願いします! どうか少しだけでも……!」
    「……お、おう。まあ、人助けになるんなら、うん。で、いくらほしいんだ?」
    「はい! 5000クラムあれば、何とか……」
    「5000でいいの?」
    「えっ」
    「えっ」
     旅人はしまったと言う顔をしつつも、コホンと咳をして取り繕う。
    「あ、いや。じゃあ、5000ね。はい」
     旅人はフォコの要求通り、5000クラムを渡してくれた。
    「ありがとうございます! あの、すぐ戻ってきますから、どうかお待ちになっていてください! あ、こちら担保の砂金です。じゃ、ありがとうございました! すぐ戻りますから!」
     そう言って、フォコはそそくさとその場を立ち去った。

     フォコは曲がり角に入ったところで、そっと旅人の様子を眺めた。
    「……ま、そらそうするやろな」
     旅人はフォコの狙い通り、意地汚そうな笑みを浮かべ、そのままどこかに走り去っていった。
     フォコは受け取った金を数え、ぽつりとこうつぶやいた。
    「……さてと。次は誰に声、かけよかな」



     この日、ノースポートの質屋に、ただの砂が入った袋を「砂金だ」と偽り持って来た旅人が、8名現れた。
     当然、質屋は怒り、全員を追い返したそうだ。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・啓示記 3】へ
    • 【火紅狐・啓示記 5】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    ……ちゃんと読んでます?
    錬金術であることも、仮初のものであることも明記しているんですが……。

    NoTitle 

    錬金術に近いですね。
    瞬間的にでも金を練成できるというのは。
    けど、仮初めのものなのかな。。。

    NoTitle 

    「砂金持ってきました お金に換えてください」
    「これはただの砂です」
    「えっ」
    「えっ」
    「なにそれこわい」

    NoTitle 

    5000クラムはお餅ですか?
    えっ
    えっv-291
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・啓示記 3】へ
    • 【火紅狐・啓示記 5】へ