FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第3部

    火紅狐・啓示記 5

     ←火紅狐・啓示記 4 →キャラ紹介;フォコ
    フォコの話、80話目。
    ノースポート出港。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
    「締めて4万2千クラム弱、か。……やるな」
     フォコが持って来た金を見て、初めは邪険にしていたタイカも、見直してくれたらしい。
    「いえ、あなたのおかげです。……あの、ところで」
     フォコは二人に、素性を尋ねてみた。
    「お二人とも、早くこの港から逃げたがっているご様子でしたけど、何かあったんですか?」
    「え、っと……、まあ、色々と、ね」
     エルフの方は、言葉を濁して逃れようとする。
    「お前には関係の無いことだ」
     タイカも、まともに答えてくれそうに無い。そこでフォコは、カマをかけてみることにした。
    「まあ、いいんですけどね。……大声、出しても」
     さっと、エルフの顔色が変わる。
    「ちょ、ちょっと」
    「いや、出す気は無いんですけどね、まだ。ああ、でもさっき」
     フォコは懐から、寒さしのぎに抱えていた紙を取り出す。
    「さっきこれ拾った時は、流石に驚いちゃいました。思わず大声出しちゃいそうになりましたよ」
    「……それは?」
     タイカがにらんでくるが、フォコは怯まずに演技を押し通す。
    「いや、お二人のお顔が描かれてるだけなんですけどね、これ。何かその下に、賞金とか書いてますけど、人違いですよね」
    「……!」
    「あ、言いませんよ、何にも。ええ、言いませんとも。中央軍の詰所に行ったりなんかしませんし、安心してください」
    「……何が望みだ?」
     ようやく、タイカが譲歩してくれた。
    「いや、まあ……。お二人とも、ノースポートを発つ予定ですよね? 僕も、一緒に付いて行っていいですか?」
    「え?」
     この頼みは予想外だったらしく、エルフは目を丸くする。タイカの方も、細い目をわずかに見開いていた。
    「そんなのでいいの? ……いや、それで済むんならいいんだけど」
    「ありがとうございます。
     あ、僕は、火紅・ソレイユって言います。よろしくお願いします」
     ぺこりと頭を下げ、挨拶したフォコに、タイカが応じる。
    「ふむ。俺は克大火だ。大火と呼べ」
     大火に続いて、エルフの方も挨拶を返そうとした。
    「僕は、……と、知ってるんだよね、手配書見たんなら」
    「あー、と」
     街を発つ前に明かすわけにも行かず、フォコはしれっとごまかした。
    「ええ、勿論。さ、早く港に行きましょう。早いとこ出ちゃいましょう、街」
    「それもそうだね。いつまでも雑談しているわけにも行かないし」
     三人は足早に、ノースポートの港に向かった。

     追われているのは確からしく、大火たちは安価で安全な官業船ではなく、高価な割に設備や対応の悪い民間船を選んだ。
    「うへ、一人5000クラムですかぁ」
    「高いけど、登録は適当だからね。聞いた話じゃこの船を管理してる商会、経営破綻しかかってるんだとか。末端の管理は無茶苦茶らしい」
     そう聞いて、フォコは船体に描かれている商会のマークを見る。
    (えーと、虹と太陽、それに雲に乗る兎。これ、エール商会のんやったっけ。どこかで聞いたけど、前経営者が死んだ後、……『あいつ』が半分以上乗っ取ったらしいな。
     昔は西方を代表する大商会やったらしいのにな……)
     一抹の寂しさとケネスに対する嫌悪感を覚えつつ、フォコは船に乗った。



     船が港を離れたところで、フォコは白状した。
    「……あの、すみません」
    「うん?」
    「実はこれ、ただのチラシでした」
    「え?」
     フォコは先程手配書に見せた紙をエルフに見せ、頭を下げる。
    「じゃあ、さっきのって」
    「全部嘘です。どうしても、お二人に付いて行きたくて」
    「……何で?」
     けげんな顔をするエルフに、フォコはまたごまかした。
    「えっと、何て言えばいいのかな、……まあ、その、旅、ですかね。お二人に付いて行けば、楽しそうかなって」
    「楽しくないと思うよ」
     フォコの答えに、エルフは表情を暗くした。
    「これから僕たちがやることは、下手すると大量虐殺だから」
    「えっ?」
    「今からでも戻ったほうが良い。ホープ島で停泊したら、すぐ帰ってくれ」
    「いや、その」
    「関係ない人を巻き込みたくないんだ、あんまり。
     そりゃ、お金を工面してくれたことには感謝するよ。でも僕とタイカの旅には、そんな面白おかしいような要素は全く無い。場合によっては、命の危険もある。
     だから……」「でもですね」
     フォコも金狐からの啓示を守ろうと、食い下がる。
    「その工面したお金、使いましたよね? 連れて行ってくれないなら、返してくださいよ」
    「1万を?」
    「それだけじゃなく、4万2千……、ああ、僕の使った額を差し引いて、3万7千クラム全額。あなたにお渡ししてますよね」
    「まあ、そうだけど」
    「連れてって下さいよ」
    「だから、そんな軽い気持ちで付いて来られても……」「お願いします!」
     フォコはがばっとしゃがみ、土下座した。
    「え、ちょっ?」
    「嘘ばかりで済みません! でも一緒に行きたいんです!」
    「……ランド」
     と、成り行きを見ていた大火が口を開いた。
    「事情は分からないが、どうしても付いて行きたいらしい。ここまでされて、断る理由もあるまい?」
    「……まあ、そうだけど。……じゃあ、分かったよ。一緒に行こう」
    「ありがとうございます!」
     もう一度頭を下げたフォコに対し、エルフもしゃがみ込む。
    「もういいから、そんなにペコペコしなくて。……頼むよ、目立ちたくないんだってば」
    「あ、すみません」
     フォコはひょいと顔を上げ、そそくさと立ち上がった。
    「えっと……、そんなわけでお名前、知らないんです。
     教えていただいてもいいですか?」
    「ああ、うん」
     エルフは憮然とした顔をしながら――こう名乗った。
    「僕は元、中央政府政務大臣。ランド・ファスタだ」

    火紅狐・啓示録 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・啓示記 4】へ
    • 【キャラ紹介;フォコ】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    この頃はまだ、大火も無名。
    ここから名が知れ渡っていきます。
    そしてフォコも。

    NoTitle 

    タイカがでてきた~~。
    これは随分と大物な人物ですね。
    ここから、復讐かあ。。。

    NoTitle 

    お、鋭いですね。
    次節、ランドの身上話になります。

    NoTitle 

    あれ?お兄ちゃん?v-394

    NoTitle 

    前作、「蒼天剣」でも出てきたキャラの登場です。
    ここからようやく、フォコ君が反撃に出始めます。

    NoTitle 

    いきなり大物が……(^^)

    華麗な復讐劇のドラマはこれからですか?(^^)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・啓示記 4】へ
    • 【キャラ紹介;フォコ】へ