FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第3部

    火紅狐・政争記 2

     ←火紅狐・政争記 1 →火紅狐・政争記 3
    フォコの話、82話目。
    二人の大商人。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
    「よう、大臣くん」
     ランドの義理の母であり、央中の大商家、ネール職人組合の長であるルピアは、ランドに会うなり、彼の髪をクシャクシャと撫でてきた。
     息子が政務大臣になったと聞き、央中クラフトランドからはるばる、ルピアが祝いに来てくれたのだ。
    「わ、わ、ちょっと、ルピアさん」
    「なんだなんだ、いきなり大物になったもんだなぁ、お前は~」
     嬉しそうに髪をかき混ぜてくるルピアから逃れつつ、ランドははにかんだ。
    「あはは……、僕もびっくりしてます」
    「20半ばの若造が就く職じゃないからなぁ、大臣なんて」
    「……ですよねぇ」
     突然、ランドは神妙な顔になる。
    「どうした?」
    「あの、……やってないと思いますが」「勿論さ」
     息子の言いたいことを察したらしく、ルピアは首を振った。
    「私がやる人間と思うか? そんな面倒なこと」
    「……ですよね」
    「お前が大臣に就任したのはきっと、お前の実力でだよ。誰かが根回しなんて、そんなことをして何のメリットがある?」
    「無いですね」
    「だろう? 仮に私がやったとして、自己満足以上の利益は無い。そんな損な投資、私はやらんよ。
     そもそも、そんなことをしなくても、お前はいずれなれる器だと信じていたしな」
    「……ありがとう、ルピアさん」
     ランドはようやく、ほっとした顔になった。
    「……しっかし、お前」
     ルピアは書類だらけの執務室に目をやり、呆れ気味に尋ねる。
    「大丈夫か? 初っ端からこんなに飛ばしてたら、そのうち参ってしまうぞ」
    「大丈夫ですよ」
     ルピアの問いに、ランドはにっこりと笑って返した。
    「僕の理想が叶う時が来たんですから、頑張らないと」
    「……そうだな。応援してるよ」

     ランドの執務室を後にしたルピアは、自分の頭をクシャクシャと軽くかき回しながら思案した。
    (とは言え、不自然過ぎる。まだ25だぞ、ランドは。
     そりゃノイマン塾を21で主席卒業、その直後に政務院の高級官僚になっちまった天才だ。
     だけれども、大臣なんて職は、海千山千の経験を積んだ老獪な政治屋のやるもんだ。それを20代の青二才に任せるなんて、無謀、無策にも程があるってもんだ。
     一体誰なんだ? こんな無謀人事で得をするのは……?)
     考えながら政務院を抜け、ドミニオン城の庭園を歩いていると、向かいから多少見知った顔が歩いてきた。
    「おや……?」
    「よう、エンターゲート」
     今や中央大陸最大クラスの商人となった男、ケネスである。
    「こんなところで会うとは」
     ケネスは――演技ではなさそうな――驚いた顔をしている。
     ルピアもケネスも、特に相手に対して悪感情も好意も持っておらず、単なる同業者、商売敵である。そのため、互いに何の含みも無く言葉を交わした。
    「ああ、うん。ちょっと私の息子がな」
    「息子さん? ああ、こちらにお勤めなんですか」
    「そうなんだ。ついこの前、昇進したって言うからさ。祝いに来てやってたんだ」
    「ほう、それはおめでたい」
    「それじゃ、私はこれで失礼するよ」
    「ええ。また今度、入札の時にでも」
    「ああ。今度は負けないぜ」
     ルピアは軽く手を挙げてケネスに別れを告げ、庭園から立ち去った。

     ケネスが向かったのは軍務院――軍務大臣バーミー卿の本拠、中央軍の本営である。
    「どうも、閣下。南海再軍備計画関係の発注書と、ウエストポート軍港への件の納品書をお届けに参りました、……と」
     執務室の扉をしっかりと施錠し、ケネスはそそくさと書類を渡す。
    「うむ、……これでいいか」
    「ええ、ありがとうございます」
     書類にサインし、ケネスに返したところで、バーミー卿は本題を切り出す。
    「済まんな、いきなり呼びつけてしまって」
    「いえいえ、構いません。私の方も、こちらへ伺う用事がありましたからな」
    「それなんだ」
     バーミー卿は肩をすくめ、困った口ぶりになる。
    「政務院が財務院・司法院と共同で、不透明な官業・政策に対して討議・是正勧告を行うと発表してきた。その中には現在君が推し進めている『計画』に関わるものも、数多くある」
    「ほう」
    「これが討議対象の一覧だ」
     書類を一瞥したケネスは、「ふむ」と声を上げた。
    「これは……、ほとんど、槍玉に上がっていると言っていいくらいですな、バーミー卿」
    「『いいくらい』どころか実際、上げられているのだよ。
     特にファスタ卿が執心しているのは、南海や央南などでの軍事行動の際に発生する、君との取引に関してだ。どうやら取引で交わされる特別手数料、いわゆるマージンに関して糾弾するつもりらしい」
    「なるほど。いかにも政治腐敗、汚職に絡むネタですからな」
     そう前置きし、ケネスはこう結論付けた。
    「まあ、問題は無いでしょう。マージンを減らせ、無くせと言うのなら、その通りにすればいいのです。
     もっと重要なのは、この取引で起こる『ゴタゴタ』ですからな。二束三文のマージンなど、無視しても構いませんし」
    「そうか。……ふむ、では取引自体は存続させる方向で、対応していくことにしようか」
    「ええ。……ああ、万が一」
     ケネスはつい、と眼鏡を直し、付け加えた。
    「あの青二才が、この『取引』の真意・本意に気付くようなら、処理することを推奨します」
    「……うむ、分かった」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・政争記 1】へ
    • 【火紅狐・政争記 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    ランドはとりあえず、先制パンチを決めます。
    ただしその後の防御を、全く考えていませんでした。

    NoTitle 

    はやくも大臣ピンチv-405

    NoTitle 

    以前にポールさんが「フォコ君には終末港が似合いそう」と仰ってましたが、ケネスもそれ以上に似つかわしい性格してます。
    今作屈指の悪役です。

    NoTitle 

    「処理」……。

    おっかないことを平然とこの悪役は(^^;)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・政争記 1】へ
    • 【火紅狐・政争記 3】へ