FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第1部

    蒼天剣・立志録 3

     ←蒼天剣・立志録 2 →蒼天剣・立志録 4
    晴奈の話、3話目。
    三毛猫姉妹。

    3.
    「大丈夫、晴奈ちゃん?」
     柊が心配そうに晴奈の手のひらを覗き込み、手当てをしてくれている。
    「え、ええ」
     先ほどの騒ぎが一段落したところで、柊がケガをした晴奈に気付き、落ち着いた場所まで連れて行ってくれたのだ。
     流石に魔力の高いエルフらしく、柊は治療術ですぐに傷を治してくれた。
    「ありがとうございます、柊さん」
    「いえいえ、礼を言われるほどのことじゃないわ」
     そう言って柊はにこっと微笑む。
     出会ってたった十数分しか経っていないが、晴奈はこの人のことをとても好きになった。
    「お強いんですね、柊さん」
    「ううん、私なんかまだまだよ。
     むしろ晴奈ちゃんの方こそ、勇気があるわ。普通の人はあんな時に声、かけられないもの」
    「そ、そう、ですか?」
     そう言われて、晴奈は妙に嬉しくなった。
     今までのほめられ方は「女らしい」「可愛い」と言う、親のかける期待に沿うようなものばかりだったが、たった今、柊からかけられた「勇気がある」と言うその言葉は、そんなものとはかけ離れた――「親の期待」とはまったく無関係なところから届いた、まさに晴奈が望んでいたものだったからだ。
    「……いいなぁ、かっこ良くて」
     思わず、晴奈はため息混じりにそんなことをつぶやいていた。
    「ん?」
    「私なんか、全然かっこ良くないです。……どうしたら、柊さんみたいになれるかな?」
     柊は少し困ったような顔をし、言葉を選ぶような口調で返した。
    「うーん、私みたいに、ねぇ。……剣術、かしらね。昔から、励んでいたから」
    「剣術、ですか」
     晴奈はその言葉に、何かを感じた。それが何なのか、この時明確に言うことはできず、結局そこで話は途切れてしまう。
    「じゃ、そろそろ行くわね」
    「え? あ、えっと、どこに?」
     慌ててそう尋ねた晴奈に、柊は依然としてにこやかに、こう答えてくれた。
    「そろそろ故郷に戻ろうと思って。ここから南にある、紅蓮塞って言う修練場なの」
     柊はもう一度にこっと笑い、そのまま去って行く。
     晴奈は別れの言葉も言えずに、ぼんやりとその場に立ち尽くしていた。



     柊と別れた後から、晴奈の中で二つの思いが交錯し始めた。
     柊との出会いは、晴奈に大きな衝撃を与え、「柊さんを追いかけて、自分も剣士になりたい」と言う思いを抱かせたのだ。しかしその思いを実現させれば――憂鬱で仕方の無い日々だったとは言え――今までの平穏な日常が終わってしまう。
     晴奈は家に戻ってからもずっと、剣士の道を取るか、それとも安穏な日々を取ろうかと迷っていた。
     そんな風に考えあぐねていたため、晴奈は家の廊下でうっかり、妹とぶつかってしまった。
    「きゃっ」
     よろけた妹の手を取り、晴奈は頭を下げる。
    「あ、ああ。ごめんなさい、明奈」
     晴奈は慌てて妹の明奈に謝る。
    「どうなさったの、お姉さま?」
     明奈はきょとんとした顔で、晴奈の顔をのぞき見る。
    「ええ。少し、考えごとを」
    「すごく険しい顔をしていらっしゃるわ。一体、どんなことを?」
    「……」
     妹になら話してもいいかと考え、晴奈は明奈を自分の部屋に招き入れ、悩みを打ち明けた。
    「そんなことがあったのですね」
     すべてを聞き終えた明奈は、静かな口ぶりでこう返した。
    「では行った方がよろしいのでは?」「えっ」
     明奈の言葉に晴奈は驚いた。てっきり反論されるか、止められるかと思っていたからだ。
    「黄家は、わたしが継ぎます。だからお姉さま、ご自分の夢を追いかけてらして」
    「で、でも明奈、あなたは?」
     戸惑う晴奈に、明奈は淡々と返す。
    「わたしには、そこまで強い志がありません。せいぜい『良縁に恵まれ、良いお嫁さんになりたい』と言う程度。旧い黄家にふさわしいでしょう?
     でもお姉さまは大きな志を、夢を抱いていらっしゃる。その夢はこの旧い家にいたのでは、終生叶いませんわ」
     たった8歳だが、強いまなざしで語る明奈の言葉によって、13歳の晴奈の心の奥底にカッと火が灯る。
     これまでの、家族に守られ安穏としていた生活から離れ、たった一人で修行に向かい、荒波に揉まれてみようとする勇気が沸き起こった。



     そして夜半――晴奈は荷物をまとめて家を抜け出した。
     柊にもう一度会い、そして柊のような、強く、かっこいい剣士になるために。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2008.10.06 転載及び加筆修正
    2016.01.31 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・立志録 2】へ
    • 【蒼天剣・立志録 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    明奈に比べて、わりと直情径行な晴奈。
    後年、この件でからかわれることに。

    感想 

    明菜すげえええ。

    そして晴菜姉さん家でるの早っ!!

    NoTitle 

    元々から通じるものがあったのかもしれませんね。

    明奈、本当によくできた子です。

    妹とエルフ 

    もう仲良くなってる2人
    良い妹だ><
    って8歳の台詞とは思えん

     

    こんな台詞が言える8歳、一回見てみたいもんですw

     

    は、8歳だとv-405
    ……合格v-398
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・立志録 2】へ
    • 【蒼天剣・立志録 4】へ