FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第3部

    火紅狐・逢魔記 4

     ←火紅狐・逢魔記 3 →火紅狐・逢魔記 5
    フォコの話、90話目。
    世界と大火への思索。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     脱獄に成功し、そのまま中央政府の首都、クロスセントラルを脱出したランドと大火は、一旦街道を外れて森に入り、そこで一息つくことにした。
    「……まさか外に出られるとは思わなかった。ありがとう、タイカ」
    「礼を言うのはまだ早いだろう」
     ぺこりと頭を下げたランドに対し、大火は肩をすくめて見せる。
    「お前が獄を抜けたら、それで世界は平和になると?」
    「なるわけないじゃないか。……ああ、そう言うことか」
     ランドは眼鏡を服の裾で拭きながら、大火との「契約」を確認する。
    「君が助けてくれたのは、世界平和のため、だよね」
    「お前が望んだのだろう? 世界を平和にする、と」
    「ま、そうだね。……ま、そりゃそうか。君は平和にしてくれそうにないし。僕がやらなきゃいけないわけだ、それは」
     ランドは近くの岩に腰かけ、考えをめぐらせる。
    「さて、と。どうしたらいいかな」
    「俺に聞いているのか?」
    「いいや。自分に問いかけてるんだよ。……ま、答えてくれてもいいけどね」
    「……おかしな奴だな」
     大火はここでようやく、ランドに興味を持ったらしい。不思議そうな目を、ランドに向けてきた。
    「さっきの兵士のように怯えているわけでもなく、かと言って助けた俺にひれ伏したわけでもなく。
     俺と対等のつもり……、でもなく。ただの隣人程度にしか見ていないようだ、な」
    「ま、そんな感じかな。助けてくれたことには感謝してるけど、君、危ない人っぽいし。そこまで敬服できないよ」
    「……」
     大火は憮然とした顔をするが、ランドは構わず自問自答にふける。
    「ま、今この世界で何が起こってるか、って言うのをちゃんと把握しなきゃいけないな。随分長い間、牢屋の中にいたし。
     とりあえず、中央政府の圏内にはいられないかな。間違いなく、指名手配されてるだろうし。クロスセントラルから遠い央南か、北方大陸、西方大陸、南海地域のどこかに高飛びしないといけない。
     でも南海は無いな。僕が大臣やってた時からきな臭かったし、中央政府から逃げても、今度は現地で命の危険に晒されるだろう。それじゃ高飛びの意味が無い。同じ理由から、央南も無い。あそこももめてるから。後は北方と、西方か。
     ……まあ、手元に判断材料の無い今、あれこれ考えても無意味かな。とりあえず、港町に行こう。まずは央北から出なきゃ、何にもならない」
    「ふむ」
     と、そこで大火が質問する。
    「悪いが、俺はあまりこのせ……、辺りの、地理に詳しくない」
    (『せ』?)
     ランドの心に引っかかるものがあったが、そのまま大火の話を聞く。
    「ここから近い港町は、どの辺りだ?」
    「えっと……。クロスセントラルからだと、主なところでは北北東にノースポートと、北西にウエストポートって言う街があるけど、……うーん、距離的にはどっちもどっちかな」
    「ふむ。どちらに向かう?」
    「そうだな……、まあ、ノースポートかな。そっちの方がほんの少し近い。
     となれば、北方に行くのがいいかな。ノースポートからなら、北方の方が近いし」
    「なるほど。
     ……向かう前に、服を用意した方がいいか。そんな垢じみた貫頭服では、脱獄犯と宣伝して回っているようなものだからな」
    「あー、……うん、そうだね」
    「調達してくる。ここで待っていろ」
     そう言うなり、大火はランドの前から――文字通り、一瞬で――姿を消した。
    「えっ」
     ランドは辺りを見回すが、どこにも大火の姿は無い。
    「……つくづく彼は人間じゃないな」
     ランドは苦笑し、大火の帰りを待つことにした。

     大火が戻ってくるまで、ランドは大火の素性について推理してみることにした。
    (まず気になるのは、あの強さだ。兵士20数人を、あっと言う間に片付けたあの強さ。とても並の兵士とか傭兵とか、そんな感じじゃない。まるで別次元のものだ。
     魔力も半端じゃない。魔術師の人とあんまり面識ないけど、それでもあそこまですごい力を持った人は二人といない、って言うのははっきり分かる。
     そう言う異次元的、人間離れした力量を抜きにしても、あの物腰と性格も隔世の感がある。人をあそこまでばっさり、事も無げに斬り捨てておいて、まるで精神にブレが無い。動揺もしてないし、高揚してた感じも無い。本当に、『邪魔だからどかした』くらいの感覚しか無いらしい。
     ……ダメだなぁ。動揺してるのは僕だ。落ち着いて物を考えていられない。どうも、上ずってる)
     そうしているうちに、大火が袋を提げて――これも唐突に、目の前に現れて――戻ってきた。
    「着ろ。それと、簡単だが食事も持って来た」
    「ありがとう」
    (……ま、とりあえず、いいか。いいか悪いかで言えば極悪だけど、僕に対してはそうじゃないし)
     ランドは思索をやめ、ともかく大火の厚意に甘えることにした。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    業務連絡というか、達成報告。
    ブログランキング「くつろぐ」、芸術・人文/小説ランキングにて、本日1位になったことを確認しました。
    みなさん、ありがとうございます!(*´∀`)
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・逢魔記 3】へ
    • 【火紅狐・逢魔記 5】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    あら、なかなか鋭いですねしやたん。
    その「対価」がなんなのかは、物語の終盤にて。

    ありがとうございます。
    2年近く前ですがw

    NoTitle 

    大火の求める対価が怖い

    ブゴルランキング1位おめしっv-308
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・逢魔記 3】へ
    • 【火紅狐・逢魔記 5】へ