FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第3部

    火紅狐・逢魔記 5

     ←火紅狐・逢魔記 4 →クルマのドット絵 その39
    フォコの話、91話目。
    九枚舌。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
    「……ま、僕の経緯はそんなところだね」
     時間はフォコとランドが出会い、共に北方行きの船に乗り込んだ時点に戻る。
    「ああ……、大臣さんだったんですね。確かに、どこかで聞いたような気が」
     残念ながら、酒と絶望にまみれた生活を3年続けていたフォコは、ナラン島以前のことをはっきりとは覚えていない。
     だから、かつて目の前にいる青年とクラフトランドで出会っていたこと、すなわち彼がネール家の一員であることに、全く気付いていない。
    「じゃあ、ランドさんもタイカさんのこと、良く知らないんですね?」
    「そうなんだ。央南人っぽいなぁ、くらいにしか分からない」
     二人は海を眺めている大火にチラ、と目をやる。
    「……央南人なんですか? 確かに名前もそれっぽいし、顔つきもそう見えなくはないですけど」
    「まあ、僕も見た目だけでしか言ってないし。……何者なんだろうね?」
    「さあ……?」
     と、二人の視線に気付いた大火が、こちらを向く。
    「何だ?」
    「あの、タイカさんて」
    「うん?」
     大火に興味を持ったフォコは、質問をぶつけてみた。
    「何でランドさんを助けようと? 何か理由があって……?」
    「何のことは無い、単なる偶然だ。
     偶然、俺があの牢獄近くを通りかかった。そこでそいつの声が聞こえてきたから、契約した。それだけだ」
    「契約……?」
    「俺は魔術師だ。この世で商人と同じくらいに、契約を重んじる。……理由については、それしか言えんな」
    「……?」
     良く分からない答えに、フォコもランドも首をかしげるしかなかった。
    「……そう言えばさ」
     と、今度はランドがフォコについて質問する。
    「何でフード被ってるの? 暑くないの?」
    「え? あ、ええ、別に、その、脱ぐ必要も無いかなって」
     そうは言ってみせるが、実際は非常に暑い。
     寒冷地の北方大陸に向かう途上とは言え、今はまだ夏盛りの中央圏内である。フォコの被るフードの中は、汗でぐっしょりと濡れていた。
    「……君も結構、わけありそうだよね」
     当然、ランドはいぶかしげな目を向けてきた。
    「良かったら、聞かせてくれるかい?」
    「あ、と……」
     フォコは真実を――仇敵・ケネスに対抗するため、金火狐に誘われ、ランドたちに付いて来たことを話すべきか、逡巡した。
    (自分の体験やけど、……ウソ臭いなぁ)
     フォコは真実には一切触れず、ごまかすことにした。
    「……まあ、さっきも言いましたけど、僕は特に目的、無いんですよ。お二人に付いて来たのも、興味本位です。このフードについては、単に好きだからです。
     これで納得してください」
    「う……、ん」
     言葉の裏に仄見える圧力を感じてくれたらしく、ランドはそれ以上聞こうとしなかった。
     だが、大火は逆に興味を抱いたらしい。
    「二枚舌、と言う言葉があるが」
    「へ?」
    「お前は九枚舌だな。狐らしいと言うか」
    「9?」
    「さっきから嘘ばかり言っているな、お前。
     目的が無い? 楽しそう? 好み? どれもこれも、嘘だろう? お前のオーラ、心は、まるで正反対に光っているぞ」
    「……」
     大火の言うオーラと言うのが何かは分からなかったが、確かに今、フォコはごまかしの裏で、本懐を唱えていたのだ。
    「その裏で考えていたのは、もっと真剣味のあることのはずだ。それも何か、激しい感情を伴うような――例えば、憎むべき相手を倒すとか、仇討ちのようなものを」
    「……!」
     大火の鋭い看破に、フォコは言葉を失った。
    「まあ、いい。言いたくないと言うなら、それで構わんさ」
    「……ええ」
     フォコはこの底知れぬ男に不気味な何かを感じつつも、あくまで白を切り通した。
    (ウソ臭いちゅうのんもあるけど……、まだ明かすわけにはいかへん。
     そら、『あの方』が示してくれた二人やけど、せやからって丸っきり信用できるか? ……さっきランドさんが言うてた話かて、どこまで本当かどうか。もしかしたら、それも嘘かも知れへんやろ?
     いや、それに――さっきの話が本当やったとして、この人は大臣さんやったんや。そんな偉い奴やったら、もしかしたらアイツ……、ケネスと関わりがあるかも知れへん。
     困ってるのんは本当っぽいし、それやったらいずれ、ケネスに助けを求めるかも、やろ? そん時、僕が取引の材料にされるかも知れへん。
     ……何にせよ、用心するに越したことは無いんや)



     これまでの人生で何度も痛めつけられたために、フォコはとても用心深くなっていた。
     あのただただ熱く、無鉄砲に駆け出すだけの「お坊ちゃま」はもう、フォコの中にいない。
     より周到に、冷静に歩を進める男の――後の英雄、ニコル3世の片鱗を、フォコはこの頃から既に、見せ始めていた。

    火紅狐・逢魔記 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・逢魔記 4】へ
    • 【クルマのドット絵 その39】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    半分忘れてるでしょうね。
    よっぽどショックを受けない限り思い出さないかも。

    NoTitle 

    ランニャたんのことも忘れてしまったのかv-405
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・逢魔記 4】へ
    • 【クルマのドット絵 その39】へ