FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第3部

    火紅狐・地星記 3

     ←火紅狐・地星記 2 →火紅狐・地星記 4
    フォコの話、131話目。
    静かな政権交代。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     ノルド側に交渉の意向を伝え、間もなく城門が開かれた。
    「案外すんなり応じてくれたようで、ほっとした」
    「油断はできないわよ」
     安堵した顔をするクラウスに、イールが釘を刺す。
    「護衛はランドとあたしだけなんだし、隙を突いて暗殺される可能性は大きいわ」
    「……そうだな」
     しかし、そんな警戒とは裏腹に、城内に立つ近衛兵たちは疲れ切った顔で出迎えてくる。
    「陛下は奥におわします」
    「ありがとう」
     どの兵士たちも、ほぼ同じことしか言わず、表情もほとんど変わらない。それを眺めていたランドは、ぽつりとこう漏らした。
    「……何だかな。みんな、人形か何かみたいだ」
    「私が昔、この城を訪れた時も、同じような応対を受けた。恐らく彼らは、昔からあれしか仕事が無かったのだろう」
    「だから、……こんな時でも、戦いもせず、挨拶しかできないってことなのかしら」
    「かもね」

     間もなく三人は――近衛兵の言った通り――謁見の間に通された。
    「……久しいな、クラウス。いや、ジーン王と呼んだ方がいいか?」
    「クラウスでいい。私も砕けた雰囲気で話がしたい」
    「そうか。……皆、下がってくれ。余はクラウスと、二人のみで話をする」
     ノルド王、バトラーの言葉に従い、玉座の周囲にいた従者たちは部屋を後にする。
    「ファスタ卿、サンドラ将軍。君たちも……」
    「はい」「分かったわ」
     ランドたちも部屋を去り、謁見の間にはクラウスとバトラーだけになった。
    「……それでクラウス。余、……コホン、俺に何を望むんだ? 命か?」
    「馬鹿な。そんな野蛮なことはしたくない」
    「……ほっとした。見せしめに、さらし首にでもされるかと思って、不安だったんだ」
    「そんなこと、するわけないじゃないか。親友だった、君に」
     クラウスはバトラーのすぐ前の床に、ひょいと座り込む。
    「さっき金髪の、眼鏡の青年がいただろう? 彼が今回の制圧作戦を初めとして、ジーン王国建国の、一連の戦略を立ててくれていたんだ。
     彼は平和に対して、強い思いを抱いてくれていた。できる限り、北方人同士で戦うことなく、平和裏に解決できるよう、尽力してくれたんだ」
    「そうだったのか。……そうだな、俺の方にも、この制圧戦で死んだ兵はいないって聞いてた。せいぜい、頭にコブを作ったくらいらしいし」
    「ああ。無論、僕らの方にも死者はいない。
     ……本当に、難しいことだったと思うよ。死者を出さずに、首都を制圧だなんて。僕にはこんな作戦を推し進めるなんて、とてもできないし、作戦を思いつくことさえできなかっただろう。
     だけど、平和を愛する気持ちは同じだ。こうして無血で、この城内に入れたことを、非常にうれしく思っている」
    「……ああ。俺もほっとしてる。こんな何もできない奴のために誰かが死ぬなんて、……あってほしくなかった」
    「僕も同じだ。実は、僕も特に、何もしてなかったりするんだ。書類にサインするくらいしか。……はは」
     自然に、二人の間に笑いが込み上げてきた。
    「ふふ、ははは……」
    「くっく、くくく……」
     それは周囲の重圧から解放された、さわやかさを感じる笑いだった。
    「……ああ、何だかすっきりした。
     クラウス、これ、受け取ってくれ」
     バトラーは玉座から立ち上がり、自分の頭に載っていた王冠を、クラウスの頭にポンと載せた。
    「いいのか? こんな、簡単に」
    「いいよ。……お前の話を聞いて、これを載せるのは俺じゃないなって分かったんだ。
     俺の周り……、って言うか、俺の国はもう、みんな自分の利益を追いかける奴ばっかりで、立ち直れるような雰囲気じゃなかった。もう、この国はおしまいなんだよ。
     逆にお前の国は、これからどんどん活気づいてくるはずだ。この北方大陸が立ち直るには、お前の国が治めるしかないよ」
    「……」
     バトラーは玉座には座らず、クラウスの前に屈み込んだ。
    「俺がこんなこと、言えた義理じゃないけど。
     頼んだぜ、北方大陸を」
    「……ああ」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・地星記 2】へ
    • 【火紅狐・地星記 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    やり遂げましたね。

    NoTitle 

    とうとう完全制圧v-308
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・地星記 2】へ
    • 【火紅狐・地星記 4】へ