FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第3部

    火紅狐・再逅記 1

     ←「蒼天剣」イラスト(hinaさんより) →火紅狐・再逅記 2
    フォコの話、133話目。
    再び巡り合う。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     走り去っていった狐獣人を眺めながら、彼女は隣に立つ息子に尋ねた。
    「……なんなんだ、ありゃ」
    「さ、さあ? 一体どうしたんだろうね?」
    「私が聞いてるんだっつの。……なあ、ランド。ちょっと聞くが」
     その狼獣人――世界最大の職人組合(ギルド)を率いる女丈夫、ルピア・ネールは、何の気なしにこう尋ねてみた。
    「あの狐っ子、昔ウチに来た子だよな?」
    「え?」
     ルピアは自分の髪をくしゃ、と撫でながら、腑に落ち無さそうな顔をする。
    「『ホコウ』ってなんだ? まるで中央語がド下手くそな央南人が付けたようなあだ名だな」
    「いや……? 彼がそう名乗ってたんだ。ホコウ・ソレイユって」
    「はぁ? いやいや、私の記憶が確かなら、あいつは……」
     と、そこへ大火がやってくる。
    「どうした? こんなところに突っ立って」
    「おう、カツミ君」
     仏頂面の大火に、ルピアはニコニコしながら手を振る。
    「君じゃないよな、あだ名付けたのって」
    「何のことだ?」
    「……ああ、いや。あいつがそう名乗ったって言ったな。……カツミ君、ホコウ君のところに連れてってもらえるか? どこかへ行ってしまってな」
    「構わん」
    「あ、じゃあ僕も……」
     言いかけたランドに、ルピアは首を振る。
    「いや、二人で話をしてみたい。悪いな」
    「……そっか。じゃあ僕、式場に戻ってるよ。折角のごちそう、食べ逃しちゃいそうだし」
    「おう」



     フォコはいつの間にか、結婚式が行われていた沿岸部の街、グリーンプールの港まで逃げていた。
    「……はぁ、はぁ」
     走り疲れ、桟橋の縁にぺたんと座り込む。
    (……なんか、この匂い嗅ぐと、落ち着くわぁ)
     3年嗅いできた潮の香りが、ようやくフォコを落ち着かせる。
    (ずーっと、山奥でなんやかやとやっとったしなぁ。久々やな、この匂い嗅ぐのんは)
     南海の陽気な海とは違う、静かな、しかし厳しさがあちこちににじむ北海の風景に、フォコは思わず、ぼそ、とつぶやいた。
    「……みんな、どうしてんねやろ」
    「みんなって?」
     遠い昔に聞いた覚えのある、張りと威厳のある、しかし、どこか優しさが見え隠れする女性の声に、フォコの狐耳は逆立った。
    「……っ」
    「よう」
     声をかけてきたのは、ルピアだった。
    「元気してたか?」
    「……」
     ルピアはフォコの隣に座り、親しげに話しかけてくる。
    「何年振りだっけ? 10年ぶりくらいか? 大きくなったなぁ、君」
    「あ……、う……」
     何も言えず、フォコは困った顔を向けることしかできない。
    「何だよ、そんな顔して。ほれ、笑えって」
     ルピアはさわ、とフォコの尻尾をくすぐった。
    「ぅひひゃあ!?」
    「ぷ、……あはははっ」
     妙な声を出したフォコを見て、ルピアは楽しそうに笑った。
    「……と、いじるのはこんくらいにしておいて、だ。
     君、フォコ君だろ? 昔ウチに来てた、ニコル・フォコ・ゴールドマン君」
    「……」
     フォコは首を振り、否定しようとする。
    「ちがいま……」「ちがわない」
     だが、それをルピアが遮る。
    「私の目は確かだよ。何年経とうが、一度会った人間の顔は、忘れたりしない。
     ほれ、もうこんなフード取っちゃえよ」
     そう言って、ルピアはフォコが被っていたフードを無理矢理はぎ取った。
    「わっ、ちょ、ルピアさん」
    「おーや?」
     フォコの発言に、ルピアはニヤッと笑う。
    「私はいつ、自己紹介したっけかなぁ?」
    「……う」
    「やっぱりフォコ君だった、な。
     ……元気そうで、本当に良かったよ」
     そう言うとルピアは、フォコをぎゅっと抱きしめた。
    「え、ちょ……?」
    「嘘、もう付かなくていいからさ。お疲れさん、フォコ君」
    「……ぅ、っ」
    「10年ドコにいて、ナニしてたのか知らないけどさ。
     ……君は何だか、とっても悲しそうな目をするようになっている。とんでもなく嫌な目にばっかり遭ったんだろうな。
     だけどさ、これ以上嘘付いて誤魔化したら、もっと嫌な気分になってしまうぞ。本音を全部吐き出して、楽になった方がいい」
    「……うう、うううー……」
     たまらず、フォコは泣き出してしまった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【「蒼天剣」イラスト(hinaさんより)】へ
    • 【火紅狐・再逅記 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    ランド、頭いいのにねぇ。

    NoTitle 

    ランドは忘れてもネピアさんはおぼえてたんなv-390
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【「蒼天剣」イラスト(hinaさんより)】へ
    • 【火紅狐・再逅記 2】へ