FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第3部

    火紅狐・再逅記 2

     ←火紅狐・再逅記 1 →火紅狐・再逅記 3
    フォコの話、134話目。
    10年振りの会話。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     ようやくフォコが落ち着いたところで、ルピアはくしゃくしゃとフォコの頭を撫でてきた。
    「ふふ、あの頼りなさげな狐っ子が、こう成長したか。ま、外見は予想通りだな」
     ルピアはひょい、と立ち上がり、フォコに手を差し伸べる。
    「腹も減ったし、そこら辺の店で飯でも食べよう。ここ、クラム使えるよな?」
    「あ、はい」
     フォコが手をつかんだところで、ルピアはまたニヤッと笑った。
    「ほい」「ふぇ!?」
     ルピアより断然若い、男のフォコが、彼女の片手で簡単に持ち上げられてしまった。
    「軽いなぁ、君。ちゃんと飯食ってるのか?」
    「い、一応は」
     ここでようやくフォコは気付いたのだが、ルピアはかなり身長が高かった。
    (あれぇー……。そら確かに僕、そんな身長高い方やないけど……)
     腕をぐい、と上に掲げられ、フォコは軽く爪先立ちになっている。
    (子供の時も確かに高いなーて思てたけど、……大人になった今でも、負けるとは思わへんかった)
    「ははは」
     フォコの手首をつかんだままのルピアは、しっかりとかかとを地面につけている。
    「る、ルピアさんて」
    「うん?」
    「身長、思ってたより高かったんです、……ね」
    「おう。181だ」
    「でかっ。シロッコさんよりでかいんやないですか?」
    「いやー、まだちょっとダンナの方が、……って君」
     ようやくここで手を放したルピアが、意外そうな目を向けてきた。
    「シロッコに会ったのか?」
    「ええ、まあ」
    「どこで?」
    「南海で。えーと、6、7年くらい前やったと思いますけど」
    「あ、もしかして」
     今度は納得した顔になる。
    「そう、5年前になるかな。あいつ、突然戻ってきたんだよ」
    「ホンマに?」
    「ああ。んでその時、『実は旅先で、君を知っている人に会ってね。絶対帰ってやれ、って諭されてしまって』って言ってたんだ。もしかして君か?」
    「多分そうです」
    「そうかー……」
     ルピアはまた表情を変え、嬉しそうにフォコの頭をクシャクシャとかき混ぜた。
    「ありがとよ、フォコ君。本当に嬉しかった、あの時は。……嬉しすぎて色々あったりしたけどな」
    「色々?」
    「……ランニャに妹ができたり、……な」
    「ぶっ、……あは、はははは」
     恥ずかしそうにはにかむルピアに、フォコもたまらず笑い出した。

    「え、じゃあ」
    「ああ。その後まーた、いなくなってしまった」
     二人は食堂に移り、話を続けていた。
    「また、子供が生まれたところで旅に出るとか……。ホンマにあの人、放浪癖ひどいですねぇ」
    「ま、それもあいつの長所だよ。いつ会っても若いままだ」
    「ルピアさんかて若いですよ。昔会った、そのまんまです」
    「おいおい、こんなおばちゃんをつかまえて何言ってる、ははは……」
     と、和んだ雰囲気の中、またフォコの胸中に寂しさが募る。
    「……はぁ」
    「ん? どうした?」
    「あ、いえ」
     濁そうとしたフォコに、ルピアはデコピンをぶつけてきた。
    「えい」「いてっ」
     額をさするフォコに対し、ルピアは唇を尖らせる。
    「あのな、さっきも言っただろう。全部吐き出せ、フォコ君。溜め込むな溜め込むな、腹に溜めるのは飯だけで十分だよ」
    「……まあ、そのですね。……どうしてるんかなって、ランニャちゃん」
    「会ってみるか?」
    「え」
    「ほら、カツミ君がいるだろ? 彼に頼めば、クラフトランドまでひとっとびだ」
    「あ、……そうですね」
     可能である、と気付き、フォコは考え込んだ。
    (そやな……、会いたいなぁ、ランニャちゃん。僕のいっこ下やったから、今は21になっとるんやんな。
     昔はよー、引っ張られとったなぁ。あっち行き、こっち行きして、……そう、ティナも結構先に進むタイプで……)
     そこまで考えて、フォコの胸にずきんと来るものがあった。
    「……ティナ」
    「ん?」
    「……すんません、ルピアさん。やっぱ、会えません」
    「はぁ?」
     ティナを思った途端、フォコの心の中に、冷たく、黒く、重たいものが流れ込んでくる。
    「僕には会う資格が無いです」「ふざけろ」
     フォコの反応に、ルピアは声を荒げた。
    「何べん言わせるつもりだ、フォコ。何でも話せって、何度も言っただろ。自分の中に何でもかんでも溜め込むなよ。
     もうその溜め込んだもの、溜め過ぎて壁になってるんじゃないか? その壁、越えられる気がしないから、いきなり『やめます』なんて言ってしまったんだろう?
     君、いつまでその壁から逃げるんだ? 壁はいつか越えるものだぞ。逃げてどうする」
    「……」
     ルピアに諭され、フォコは机に視線を落とし、黙り込んだ。
    「……そうですね。ルピアさんの言う通り、ですよね」
    「ティナってのは、君の恋人か?」
    「……恋人、だった子です。5年前に、生き別れになりまして」
    「今どうしてるのか、分かんないってわけか。で、その子に未練があるから、央中には帰れない、と。そう言うことか?」
    「……はい」
    「じゃ、会って来いよ。別にさ、『ランニャと付き合え』なんて、私言ってないぞ。好きな子がいるんなら、その子に会って、改めて交際しな」
    「……はい」
    「で、さ」
     ルピアはデザートの、ブルーベリーのタルトに手を付けつつ、尋ねてきた。
    「そろそろ聞かせてくれよ、フォコ君。この10年、君がドコで、ナニをしてたのかを、さ」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・再逅記 1】へ
    • 【火紅狐・再逅記 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    彼は溜め込まなさすぎです。

    NoTitle 

    トーチャンも溜め込まなかったんだなv-511
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・再逅記 1】へ
    • 【火紅狐・再逅記 3】へ