FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第3部

    火紅狐・再逅記 4

     ←火紅狐・再逅記 3 →カウンタ素材;うさぎアイドル
    フォコの話、136話目。
    ネール一家の優しさ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     南海へ旅立つことが決まった、その夜。
    「あの……、ランドさん」
     フォコは改めて、自分のたどってきた経歴と本名を、ランドに明かそうとした。
    「やあ、ホコウ。……と、フォコって言った方がいいのかな」
    「あ、……ルピアさんから聞いたんですか?」
    「名前はね。後、経歴も簡単に聞いた。……ごめんね、すっかり君のこと、忘れてたよ」
    「いえ、僕もです」
     互いに照れ笑いしたところで、ランドの方から話を切り出してくれた。
    「それと、もう一つ。北方を離れて、南海へ行くんだってね」
    「ええ、はい」
    「元、中央政府の政務大臣として言わせてもらえば、……死にに行くようなもんだ」
    「……」
     ランドはしかめっ面で、現在の南海事情を語ってくれた。
    「306年までの情報しかないけど、治安情勢は悪化の一途をたどっている。
     特に304年、南海最大の国だったベール王国が本土決戦で敗走し、ベール本島を追われて西へ後退してからは、レヴィア王国がやりたい放題に戦線を拡大している状態だ。
     その時点からもう、3年経ってる。今はもう、どこまで泥沼と化しているか……」
    「それでも、行かなあきませんのんです」
    「……だろうね。……協力したいのはやまやまだけど」
    「あきませんよ、そんなの。……ものっすごい泥沼になりますで」
    「ああ。……直接の関係が無い北方が南海に介入したりしたら、話がおかしくなる。下手すれば中央政府まで巻き込んだ、世界的な戦争に発展しかねない。
     ……協力できないのが、本当に残念だ。友人が戦地の真っ只中に飛び込んでいくと言うのに、何もできないなんて」
    「……大丈夫です。僕は、生きて帰ってきます」
     沈んだ顔のランドに対し、フォコはにっこりと笑って返した。
    「僕、ここ数年でどんどん運が太くなってますもん。せやから今回も、死ぬどころやないですって。もっとすごい儲け話、持って帰ってきますわ」
    「……はは。期待してる」



     2日後――央中、クラフトランド近郊の港、ルーバスポート。
    「よう」
    「ども」
     いくら大火が超一流の魔術師、不可能を可能にする悪魔といえども、「テレポート」は行ったことのある土地へしか飛ぶことができない。
     大火の助けにより央中までは戻れるのだが、そこから先、南海へは、海路で向かうしかなかった。
     そのため一旦、この街へ寄ったのだが――。
    「やあ、フォコくん」
     ルピアの隣には、フォコと同じく成長した、ランニャの姿があった。
    「……ランニャちゃん」
    「久しぶりだね。元気してたかな?」
     ランニャは大きなかばんを背負いながら、フォコに握手を求めてきた。
    「え、と」
    「あたしも行くよ」
    「へ」
    「なんで、って顔してるね。そりゃ、行くよ。
     ずっと気になってた人のカノジョさん、どんな人だったんだろうって、気にならないわけないだろ?」
     成長したランニャは、ルピアのような言葉遣いをしていた。かつてルピアが言っていた通り、これは央中北部の「訛り」なのだろう。
    「いや、でも危険なところ行くんやで?」
    「危険? じゃ、なおさらじゃないか。まさかお母さんと君と、たった二人で行かせる? そうはさせないよ」
    「ランニャは案外やる子だ。昔っから色んなことに興味持ってたからな。武器も割と使えるし、危険勘も利く」
    「えへへっ」
    「ただ、アホだから魔術はてんでダメだけどな。じっくり物を考えられないタイプだ」
    「……まーたそーゆーこと言う」
     むくれるランニャに対し、フォコは唖然とするばかりだった。
     と、その間に母娘はフォコの後ろへ周り、船へと足を向ける。
    「ほら、フォコくん。そろそろ行こう」
    「……はい」
     フォコは反対しようと一瞬考えたが、昔の記憶を思い起こし、それは無理だろうと悟った。
    「まあ、行くしかあらへんな、このメンツで。……はぁ」
     フォコはこの先の旅路に、ほんのりと、不安なものを感じた。



     しかし――この時の彼には、この旅の終わりに、その程度の不安感では到底足りることのない、一つの悲劇が待っていたとは、知る由も無かった。
     彼は改めて、人間の醜さを知ることになる。

    火紅狐・再逅記 終


    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3部終了です。
    明日から3日ほどは、キャラ紹介とドット絵関連を掲載する予定。

    で、その後ですが。
    短編を書こうか、それとも1週間程度お休みしようか、考え中。
    一応、こうしようかなと言う構想はぼんやりとはあるんですが、まとまってません。
    まとまったら書きます。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ゆっくり休みます。
    第4部は2月6日からスタート。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・再逅記 3】へ
    • 【カウンタ素材;うさぎアイドル】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    残念ながら物語中、名前しか登場しません。
    もうちょっと出す機会を設けたかったんですが……(´・ω・)

    NoTitle 

    ランニャたんの妹はどうなるんだv-283

    NoTitle 

    ティナが悪役に回ることは、決してありません。
    彼女を狙っていたイヤな男はいます。
    争うことは、ありません。
    とだけ、言っておきます。

    NoTitle 

    ティナちゃんが敵に回るのだろうか……。

    それともイヤな男に嫁がされているのだろうか……。

    はたまたフォコ君をめぐって「女の争い」が始まるのだろうか……。

    どきどき。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・再逅記 3】へ
    • 【カウンタ素材;うさぎアイドル】へ