FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第4部

    火紅狐・連衡記 6

     ←火紅狐・連衡記 5 →火紅狐・連衡記 7
    フォコの話、163話目。
    戦争ヒーローショー。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     2年前にベール島東側を占領したレヴィア軍は、そのままベール宮殿のある首都、ビブロンに居座っていた。
     南海の方々で悪逆非道の限りを尽くした彼らは、この街においても乱暴に振る舞っていた。
    「お願いです……! もう二度と近寄りませんから……!」
    「どうか、どうかお慈悲を……!」
     磔(はりつけ)にされ、泣き叫ぶ住民たちの前には、大砲が並んでいる。
     それを背に、レヴィア軍の将校が居丈高に怒鳴る。
    「いいか! こいつらは愚かにも、我々レヴィア軍の軍事物資を盗み出そうとした! その罪がどれだけ重いか、この目でよく確かめるがいい!」
    「だから、そんなことしてません! たまたま袖が、木箱に引っかかっただけなんです……!」
     弁解する民に目もくれず、将校は兵士たちに命じる。
    「撃て!」
    「はっ!」
     兵士たちは砲台から伸びる導火線に、火を向けようとした。

     ところが――。
    「……ん?」
     ぽつ、と将校の頬に、水滴が落ちる。
    「雨、……か?」
     見上げてみると、空にはどんよりと黒ずんだ雲が、一面に張り付いていた。
     間もなく、ボタボタと雨が降り出し、導火線はびしょびしょに濡れてしまう。当然、大砲は使用不可能になる。
    「……くそ。……ええい、大砲処刑は中止だ! 斬れ!」
    「は、……ん?」
     将校に応じ、兵士たちが曲刀を抜きかけたところで、遠巻きに見ていた民衆の中から、黒いローブを来た者たちがぱらぱらと現れる。
    「なんだ、お前たちは……」
     将校が尋ねかけたところで、黒いローブの一人が何かを投げつけた。
    「……っ、な、にを?」
     将校の膝が、がくりと抜ける。その胸には、ナイフが突き刺さっていた。
    「……!?」
    「き、貴様!?」
     突然の襲撃に、兵士たちは慌てふためくが、それもあっと言う間に鎮圧されてしまった。
    「誰……?」
    「レヴィア軍が、手も足も出ないなんて……」
    「……まさか?」
     民衆がざわめき出したところで、ローブを着ていた者たちは一斉に、そのローブを脱ぎ捨てる。
     そこに現れたのは、ベール王国の紋章を鎧や兜に彫り込んだ兵士たちの姿だった。
    「たった今、我々ベール軍が首都、ビブロンを解放した!」
     残ったレヴィア兵と民衆に向け、ベール兵は堂々と宣言した。
    「な、何をバカな! ベール軍はとうの昔に殲滅……」
     反論しかけた兵士を蹴り倒し、共に来ていたフォコも声を挙げる。
    「ほら、見てみいやッ! こんなもんや、あの兵器が無かったらなぁ!」
     フォコは倒れた兵士を――民衆に見せつけるように――踏みつけ、続いてこう叫んだ。
    「みんな、見たか!? これがこいつらの正体や!
     大砲なしにはろくな働きのでけへん、木偶の坊ッ! こんなひょろひょろの狐獣人に蹴倒される程度の雑魚やッ!」
    「……っ」
     フォコの言葉に、呆気にとられていた民衆が静まり返る。
    「宣言した通りや、みんな! この街は、ベール軍が! ベール軍が、開放したんや!
     もう今日から、この街で死ぬ奴はおらん! そう、平和や! もうなんも、おびえることなんかあらへんのや!」
    「バカめ……!」
     と、踏みつけていた兵士が、うめくように反論する。
    「この街を解放したくらいで、いい気になるなよ……! まだバールも、ザハリも我々レヴィア軍が抑えて……」「バカはお前らや、アホがッ!」
     フォコはまた、見せ付けるように兵士の頭を踏みつけた。
    「今頃はもう、おんなじように攻め出しとるわ! このベール島は全部、今日、ベール王国が取り返したんや!」
    「……バカな、そんなことができるはずが!?」
     なおうめく兵士に、フォコはニヤリと悪辣な笑みを見せた。
    「実際、お前は倒れとる。他の奴らも。それで説明、付けられると思わへんか?」



     この「宣伝」は、驚くほどの効果を挙げた。
     フォコの言う通り、この日、占領されていた各都市において、メフル・マフス兄妹が動かしたベール軍が現れ、同時にレヴィア軍の支配から解放したのだ。
     そしてフォコと同様、メフル兄妹やアミルらロクシルム―ベール連合幹部も、敵兵を叩くさまを民衆に見せつけて、「レヴィア軍恐れるに足らず」と宣言した。
     このパフォーマンス、扇動を目にし、民衆の意気・意欲はこれまでの圧政から解放された反動も相まって、かつてないほどに高揚した。

     そしてその熱気は南海各地へ次々と伝播し――ベール島解放から2週間と経たないうちに、国家単位での協力者が、こぞってロクシルム―ベール連合へ駆け込んで来ることとなった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・連衡記 5】へ
    • 【火紅狐・連衡記 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・連衡記 5】へ
    • 【火紅狐・連衡記 7】へ