黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第4部

    火紅狐・戦宣記 1

     ←業務連絡;本日の地震による影響 →火紅狐・戦宣記 2
    フォコの話、165話目。
    戦争宣伝戦略。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     再び立ち上がったかつての大国、ベールと、隆盛の極みにあるならず者国家、レヴィアとの全面対決が南海に広く伝えられ、各地ではこのようなうわさが流れていた。
    「ベール王国が5年の歳月を経て今再び立ち上がったのは、何か勝算があるのか?」
    「何でもロクシルムと手を組んだとか。しかし……」
    「確かに今、乗りに乗っている大商会だし、私設軍隊も有しているとは聞く。
     だがそれが、軍事大国となったレヴィアに、確実に勝てる理由とはならない」
    「ええ。ましてや、レヴィアにも西方からの大商会、スパス系が付いていると言いますし……」
    「条件で見れば互角と言えなくもないが、何しろレヴィアには、正体不明の恐るべき兵器があると言うからな。
     それをどうにかできなければ、ベールが返り討ちに遭うのは目に見えている」



     ベールの分が悪い、との評判を受けても、フォコは特に対処する姿勢を見せなかった。
     と言うよりもフォコは開戦当初、ほとんど動く姿勢を見せなかったのだ。
    「ホコウ君、ハリス海域にレヴィア軍が集まっているそうだ。相手の主力艦はまだ到着していないし、今から行動すれば間に合うかも知れん」
     メフルの持ってきた情報に対し、フォコは片方の狐耳と尻尾をぱた、と動かすだけに留める。
    「はあ、そうでっか。……まあ、小型の戦艦3隻で適当に動いといてください」
    「て、適当?」
     メフルは面食らい、続いてフォコの態度をたしなめようとする。
    「ホコウ君、どう言うつもりだ? いくらなんでも『適当に』はないだろう、『適当に』は」
    「ああ、いえいえ。何も考えなしに特攻せえ、言うてるわけちゃいますよ」
    「ならば、真面目に指示を……」「ホコウさん、いいですか?」
     と、そこへマフスが同じように、敵の情報を持ってきた。
    「カフール海域に、レヴィア軍の軍艦が集まりつつあるそうです。近くを巡回した者によれば、遅くても一週間以内には、守りを固めるだろうとのことです」
    「ふむ」
     これを聞いたフォコは、今度は真面目に返答した。
    「せやったら、こちらの主力艦の……、そうですな、『マリアム』でしたっけ、それと護衛艦4、5隻付けて、……でー、詳しい突入経路ですけども」「ホコウ君!」「は、はい?」
     自分と妹との対応の違いに苛立ったメフルが、フォコを怒鳴りつけた。
    「なんだ、その態度は!? 私の報告には尻尾をぱたつかせてあしらい、妹の報告には真摯に受け答えするとは! そんなに女の機嫌が取りたいか!」
    「ちゃいますて、そう言うつもりや……」「では聞かせてもらうぞ、どう言うつもりだ!?」
     いきり立つメフルに、フォコはポリポリと頭をかきながら説明した。
    「まあ、そのですな。前にも言いましたけども、僕はロクシルム―ベールの10万人で、レヴィアに対抗するつもりはないんですわ」
    「ああ、確かに聞いた。しかしだ、それとこの件と、何の関係があると言うのだ?」
    「落ち着いて、お兄様」
     目を吊り上らせて詰問するメフルを見かねて、マフスが仲立ちする。
    「ホコウさん、わたしにもその二つの関連性が良く分かりません。詳しい説明をお願いします」
    「ええ、はい。
     まあ、この説明をした時に、『南海の皆が拠り所にできる正義を示せば、皆それに付いてきてくれる、いずれは南海200万の人間が、レヴィア打倒に立ち上がるだろう』と言いましたけども、まだまだその気運、風潮ができるには遠いわけです。
     ではどうやってその風潮を作っていけばいいか、っちゅうと、どうしたらええと思います、お二人さん?」
    「ふ、む」「ええ、と」
     フォコに問い返された二人は、耳打ちし合って答えを検討する。
    「皆に付いてきてもらうには、やはり、我々が人民を導くに足る存在だと知らしめねばならない、……よな?」
    「でしょうね。でも、ただ『我々が正義だ、皆付いてこい』と怒鳴るばかりでは、なんだか権力を笠に着た小悪党みたいですし」
    「証明がいる、と言うことか。であれば、……まあ、此度の戦いで、我々がレヴィアを打倒する存在であると見せつけるのが、手っ取り早いか」
    「大体そんな感じですな」
     二人のささやきを聞いていたフォコが、そこでうなずく。
    「もっと整理して言えば、『僕たちが勝ってるところを皆に見てもらう』っちゅうことになりますわ。
     で、さっきお二人から報告してもろた戦地ですけどもな」
     フォコは近辺の海図を開き、二人に見せた。
    「どっちの海域が、人、多いですやろ?」
    「……あ」「なるほど」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【業務連絡;本日の地震による影響】へ
    • 【火紅狐・戦宣記 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【業務連絡;本日の地震による影響】へ
    • 【火紅狐・戦宣記 2】へ