黄輪雑貨本店 新館

黄輪雑貨本店のブログページです。 小説や待受画像、他ドット絵を掲載しています。 よろしくです(*゚ー゚)ノ

    カウンタ素材;ねこ電車(ベース車輌;国鉄103系)

    カウンタ、ウェブ素材



    9ヶ月ぶりにカウンタ素材作りました。

    ねこ電車。
    モデルは近所を走ってる103系(ウグイス)。
    ついでに3色、カラーバリエーションを揃えてみました。

    サンプル画像はものすごく粗い状態ですが、
    カウンタ自体は綺麗な色になっているのでご安心を。

    他にも作ろうかなーと考えていますが、「この車輌が欲しい!」と言う方がいらっしゃれば、
    コメントにてリクエストをどうぞ。
    ただし国内のもの近年の車輌(資料が揃えやすいもの)でお願いします。
    19世紀アメリカの蒸気機関車とか言われても、僕がめっちゃ困るだけです。
    以前、探すのに半年かかり、DW4の完成が大幅に遅れた覚えがありますので……



    0~9に細分化したものはこちら

    PageTop▲

    琥珀暁・練兵伝 7

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第132話。
    エリザの更なる横槍。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     翌朝、いつものようにハンは、剣を佩いて訓練場に現れた。
    (昨夜は騒々しかったが、もうあんなことは二度も起こらないだろう。
     いくらエリザさんでも、あんな無茶苦茶な奴を隊に入れるなんてことはしないはずだろうし。……さ、今日もやるか)
     ハンはすう、と深呼吸し、剣を構えようとする。
     と、背後に気配を感じ、振り返る。
    「おう。早いな、あんた」
     そこには「昨夜の無茶苦茶な奴」――ロウの姿があった。
    「何の用だ?」
     棘のある声で尋ねたハンに、ロウはフン、と鼻を鳴らす。
    「ここは訓練場だろ? 訓練場ですることなんて、訓練以外にあんのかよ?」
    「お前が訓練だと? 部外者は立入禁止だ。それくらい分かるだろ?」
    「部外者じゃねえよ」
     そう返したロウを、ハンはにらみ付ける。
    「いくら早朝とは言え、寝言は寝てる時に言ってくれ」
    「エリザさんの言った通りだな。あんたとは全然、話になんねえわ」
    「あ? エリザさんがどうしたって?」
     二人がにらみ合ったところで、「待ち待ち」と声がかけられる。
    「……エリザさん」
    「ハンくん、おはようさん」
    「ええ、おはようございます」
     ハンは憮然としつつもエリザに挨拶し、こう続ける。
    「嫌な予感がするんですが」
    「あら、どないした?」
    「もしかしてこいつを隊に入れるんですか?」
    「そら嫌やろ?」
    「無論です」
    「せやから、隊には入れてへんで」
    「じゃあ何故、こいつがここに?」
     そう言いつつロウを指差したハンを、エリザがたしなめる。
    「人を指差さんときいや。……ま、説明するとやね。
     ロウくんはアタシ専属の護衛やねん」
    「は?」
     ハンは極力落ち着いた声を作り、エリザに尋ねる。
    「どう言った事情があるのか、詳細にご説明いただいてもよろしいですか?」
    「何や、かしこまって。まあええわ、説明したる。
     まず第一、アンタは絶対、隊にロウくん加えるのんは反対するやろ?」
    「ええ」
    「第二にロウくんもな、隊に入るっちゅうのんは勘弁や言うてるねん。ロウくんにしても、アンタからアレやコレや指示されるのんは嫌や言うてるからな」
    「そうですか。まあ、そうでしょうね」
    「ほんで第三、アタシにも考えるところがあってな。ロウくんは今回の作戦について、ええ働きしてくれるやろうと考えとるんよ」
    「何ですって? こいつが?」
    「こいつ、こいつて」
     エリザは魔杖の先で、こつんとハンの頭を叩く。
    「いたっ、……何なんです?」
    「嫌いなんは分かるけどもな、人の上に立っとる人間が、子供みたいなコト言わんの」
    「子供はどっちですか。俺の癇に障るような嫌がらせを、次から次にやっておいて」
    「嫌がらせやあるかいな。まあ、そんなん言い合いするのん自体が子供みたいやし、話続けるで。
     ともかくな、その3つを全部通すのんに最もええやり方を、アタシなりに考えてみたんよ。で、ロウくんをアタシの護衛にするコトにしたんや。
     せやからロウくんはアンタの部下ではないし、やけども今回の作戦には参加する。どや、条件満たしとるやろ?」
    「何のトンチですか」
     段々と高まってくる苛立ちを懸命に抑えながら、ハンは抗弁する。
    「作戦に参加ですって? 認めませんよ、俺は」
    「せやからアンタの部下でもない人間に、命令なんかでけへんて言うてるやろ。ええ加減分かりいや」
    「~っ」
     ハンは思わず、持っていた剣を抜きそうになる。
     その激情を無理矢理にこらえ、ハンは二人に背を向けた。
    「本日は気分がすこぶる悪いので、休ませてもらいます。それじゃ」
    「養生しいやー」
     そのまま歩き去るハンにエリザはぱたぱたと手を振った後、ロウに向き直る。
    「ま、ロウくんもあんまりケンカせえへんようにな。ちゅうてもあの子はこっちからけしかけへんかったら、ケンカにはならんさかいな」
    「うっス」



     ハンにとっては不安な材料が次々に湧いてはきていたものの、訓練自体は着々と進み――そしてついに、作戦決行の日を迎えた。

    琥珀暁・練兵伝 終

    PageTop▲

    琥珀暁・練兵伝 6

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第131話。
    精鋭マリア。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     ロウの拳を止めたまま、マリアはいつもののほほんとした雰囲気とかけ離れた、きつい口調と眼差しで相手を咎める。
    「やめて下さい、ロウさん」
    「あぁ!? 邪魔すんじゃねえよ!」
    「もう一度だけ、言います。やめて」
     マリアの制止に対し、ロウは怒鳴って返す。
    「邪魔すんならてめーからボコってやんぞ、コラ!?」
    「分かりました」
     次の瞬間――ロウはマリアに蹴りを叩き込まれ、その場から3メートル近くも弾き飛ばされていた。
    「う、っご……!?」
     玄関広間に置かれていた机や椅子をがしゃ、がしゃんと薙ぎ倒しながら、ロウは床に転がる。
    「な、何、しやがるっ」
     それでもすっくと立ち上がり、ロウは近くにあった椅子を手に取り、マリアに襲い掛かる。
     マリアも即応し、ロウが持っていた椅子を左脚を高く挙げて蹴り飛ばし、くるんと半回転しつつ、後ろ向きに右脚を突き込む。
    「ぐば、っ」
     右脚がロウの顔面にめり込むが、それでもロウは倒れず、彼女の脚をつかむ。
    「いい気に、……なってんじゃねえぞオラあああッ!」
     ロウはそのまま、マリアを乱暴に振り回そうとするが、それより一瞬早く、マリアの左脚がロウのあごを蹴り抜いていた。
    「はが……っ」
     ロウは大きくのけぞって体勢を崩し、膝を付いたきり動かなくなる。
    「……ふー」
     一方、マリアは何事も無かったようにすとんと床に降り立ち、ハンの無事を確かめる。
    「尉官、おケガありません?」
    「ああ、大丈夫だ」
     ハンは周囲の兵士たちに目配せし、命令を下す。
    「こいつを拘束しろ」
    「はっ」
     兵士たちは敬礼し、ロウを捕らえようとした。

     と――。
    「ちょい待ち」
     エリザがぺら、と手を振り、兵士たちを制した。
    「エリザさん?」
     いぶかしむハンに、エリザはにこっと笑って返す。
    「いくら何でも気の毒やで。折角遠いトコから来たっちゅうのんに、こないに顔蹴られて、しかも檻の中入れられるっちゅうんは」
    「しかし、そいつは正規の方法を執らずに軍施設に侵入した上、乱闘騒ぎを起こした奴ですよ。何もせずと言うわけには」
    「そんなもん、アンタとアタシのさじ加減やろが。
     訓練場やら宿舎やら入って来た言うても、何や盗られたワケでも無い。乱闘騒ぎにしても、ケガしとんのロウくん一人やん。壊れたもんはアタシが弁償したるし。
    後はアタシらが『不問に処す』言うたら、ソレで終わりやろ?」
    「まあ、それはそうですが」
    「大事(おおごと)にするようなもんでも無いやろ。ソレともアンタ、今後もこんなしょうもないコトで一々、大勢けしかける気ぃか?」
    「……そうですね。流石にそんなことが重なれば、士気を下げるでしょう」
    「せやろ? ちゅうコトで拘束は無しや。みんな、戻ってええでー」
     エリザの一声により、マリアを除く兵士たちはぞろぞろと、その場から離れて行った。
     後に残され、その場にうずくまったままのロウに、エリザは優しく声をかける。
    「手当てしたるで。一緒にアタシの部屋に来」
    「えっ、……い、いやっ、そんな、これくらいいいっスって」
     ロウは鼻血の跡を残したままの顔でばたばたと手を振り、それを固辞しようとする。
    「ええから。話もあるし。ま、二人きりっちゅうのんもアレやろから、マリアちゃんも一緒にいてもらおかな」
    「あ、はーい」
     マリアが素直にうなずく一方、ハンは憮然とした顔になる。
    「俺も行きます」
     そう返すが、エリザはぺら、と手を振る。
    「アンタ、ロウくんみたいなタイプ嫌いやろ? アンタが一緒におったら、アンタかロウくんのどっちかがキレてもうて、話にならへんやろからな。
     アタシに任せとき」
    「そう仰るなら、エリザさんに一任しますよ」
     ハンはそれ以上何も言わず、その場から離れた。

     ロウの騒ぎがあった、その直後――。
    (何だこりゃ)
     宿舎に戻ってきたシェロは玄関の惨状を目にし、呆れ返る。
     と、同僚が近くを通りかかり、彼に声をかけた。
    「シェロ? 今戻ってきたのか」
    「ああ、先にメシ食ってたんだ。
     それで、何かあったのか? 机とか色々、散らばってるけど」
    「闖入者(ちんにゅうしゃ:非正規に立ち入ってきた者のこと)騒ぎだ。今、エリザ先生が尋問してるんだってさ」
    「先生が?」
    「大変だったみたいだぜ。隊長が襲われたんだってさ」
    「隊長が? どうなったんだ? ケガでもしたのか?」
    「いや、マリアが守ったって話だ」
    「じゃ、無事なのか。ふーん……」
     チラ、と机の残骸を一瞥して、シェロはそのまま、自分の部屋へと戻った。

    PageTop▲

    琥珀暁・練兵伝 5

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第130話。
    闖入者。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
    「尉官、あの」
    「前の奴か?」
     尋ねる前にハンからそう返され、ビートはこくこくとうなずく。
    「暗いし遠いから、誰だって言うのまでは分からないが、どうやら獣人系だろう」
    「耳の形はっきり出てますし、裸耳系じゃないですよね」
    「だが妙だな。もう訓練時間は終わりだし、夜練するつもりにしても、灯りを持たずに来るって言うのはおかしい。
     とは言え、誰かが襲撃に来たと言うわけでも無いだろう」
    「みんなもう、宿舎で休んでるか、街でご飯食べてる頃ですもんね。襲撃するならそちらへ向かうでしょうし」
    「それもあるし、一人で来るわけが無い。攻め込むなら、最低でも数名でチームを組むのが基本だ」
    「となると、あれは一体……?」
    「さあな。本人に聞いてみるのが一番早いだろう」
     話している内に、その相手がすぐ前まで迫ってきた。
    「ちょっといいか?」
     と、その影が声をかけてくる。
    「誰だ?」
     当然、ハンはそう尋ねるが、相手は応じず、自分の話を続けてくる。
    「ここにエリザ・ゴールドマンって言うすげえ綺麗な人がいるよな?」
    「誰だ、と聞いているんだが」
    「俺、会いに来たんだよ。あんた、どこにいるか知らねえか?」
    「声に聞き覚えがあるな」
     ハンの方もまともな受け答えをやめ、話を切り替えた。
    「もう2ヶ月、いや、3ヶ月は前になるか」
    「いやさ、こっち来てるって話自体はよ、1ヶ月くらい前に聞いたんだけども」
    「あんたには散々、悩まされたもんだが」
    「道が分からんもんでな、時間かかっちまったんだわ」
    「こんなところまで来るとは予想外だったよ」
    「まあ、そんなわけでさ。エリザさん、どこにいるか教えてくれよ」
    「ところであんた、それだけデカい耳を持ってる癖して、ちょっとくらい俺の話が聞けないのか?」
     そこで互いに口を閉ざし――ビートが恐る恐る、手を挙げた。
    「いいですか?」
    「ああ」
    「もしかしてこちらの方、ノースポートにいた……」
    「そうだ。だよな、おっさん」
     ハンに尋ねられ、その男――ノースポートの狼獣人、ロウ・ルッジは「おう」とうなずいた。

    「あらー、ロウくんやないの」
     ロウを連れ、宿舎の玄関に戻ってきたところで、ハンたちは程無くエリザと会うことができた。
    「ど、どもっス。お久しぶりっス」
     前回と同様、ロウはカチコチとした仕草で、(彼なりに)うやうやしく挨拶を交わす。
    「ほんで、どないしたん?」
     尋ねたエリザに、ロウは敬礼しつつ、話を切り出してきた。
    「あ、あのっスね、俺、こっちでノースポートの奪還作戦の訓練やってるって聞いたんスけど、それに参加させて欲しいんスよ」
    「は?」
     傍らで話を聞いていたハンが、あからさまに嫌そうな様子を見せる。
    「できるわけないだろ。参加する人間は既に選抜済みだ。今更、余計な人員を入れる必要も余地も無い」
    「堅いこと言うなよ。1人くらい入れるだろ、尉官さん?」
     ゴリ押ししようとするロウを、ハンはきっぱりと突っぱねる。
    「駄目だ。許可しない」
    「いいじゃねーか、ちょっとくらいよぉ」
    「仮に誰か1名、隊に入れる必要が生じたとしてもだ、俺はあんただけは絶対に、自分の指揮下には入れない。
     命令不服従や独断専行はしょっちゅうだし、自分の都合だけしか考えない利己的な話を無理矢理通そうとする。そんなだらしの無い身勝手な人間を編入したら、いつ何時、本来起きるはずのないトラブルに見舞われ、隊全体の壊滅を引き起こすか。
     よってあんたの要求は全面的に却下だ。とっとと帰れ」
    「ざけんなよ、尉官さんよ? 1ヶ月かけてここまで来て、そのまんま引き返せってのか?」
    「ふざけてるのはあんただ。いい歳して、自分の都合ばかり主張するな。恥を知れ」
    「何だとッ!?」
     途端にロウは怒り出し、ハンに殴りかかろうとする。
     が――その寸前、ハンの前にマリアが飛び出し、ロウの拳をがっちりとつかんだ。

    PageTop▲

    琥珀暁・練兵伝 4

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第129話。
    3人の評価。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     夕方6時を告げる鐘の音が鳴り、ハンは剣を地面に突き刺した。
    (……来ないな)
     きょろ、と辺りを見回すが、マリアの姿は訓練場のどこにも無い。
    (サボったか? いや、普段から能天気でめんどくさがり屋な奴だが、指示したことはきっちりこなすし、命令不服従なんてことは絶対しない。やれって言ったことは、真面目にこなす奴だ。
     となると――エリザさんが先に帰ったってことから考えて――有り得そうなこととしては、こっちに来る途中でエリザさんに捕まって、風呂にでも誘われたか。
     じゃ、今頃はエリザさんと一緒にメシ食ってる頃だな。……仕方無い)
     ハンは剣を鞘に収め、離れたところで仲良く懸垂していたビートとシェロに声をかけた。
    「今日はそろそろ切り上げる。今から汗流しに行くが、お前たちも来るか?」
    「あ、はい」
     ビートは素直にうなずくが、一方でシェロは返事を濁す。
    「あー、と、今から行くと混んでるでしょうから、俺はメシ食ってから行きます」
    「そうか。じゃ、ビート」
    「ええ」
     ビートは鉄棒から手を離し、すとんと地面に降りる。が、シェロは依然鉄棒につかまったままでいる。
    「本当に来ないの?」
     ビートからも声をかけられたが、シェロは薄く笑って返す。
    「言っただろ。後で行くよ」
    「そっか」
     二人が背を向け、その場から離れたところで、シェロは鉄棒にぶら下がったまま、ぼそ、とつぶやいた。
    「……ヘッ、いいかっこしいが。あんなムッツリと仲良くなって何が面白いんだか」

     ハンたちが宿舎への道を歩く頃には既に、互いの顔も見え辛いくらいに夕闇が迫っていた。
    「混んでるかな……?」
     そうつぶやくハンに、ビートが「どうでしょう?」と返す。
    「案外、空いてきてるんじゃないですか? 訓練場から帰るの、僕たちが最後みたいですし。
     あ、いや、シェロが最後になるのかな」
    「シェロか……」
     含みを持たせたようなその言い方に、ビートは首を傾げる。
    「シェロがどうしたんです?」
    「いや」
     ハンは首を振り、こう続ける。
    「あいつは何だかんだ言って、2年俺の下で働いてきた奴だ。口先だけのことだろう」
    「と言うと?」
    「大したことじゃない」
     それきりハンが口をつぐみ、会話が途切れてしまう。
     その静寂を嫌い、ビートはあれこれとハンに声をかける。
    「あ、あの」
    「何だ?」
    「えーと、尉官って、その、エリザさんとはどこでお知り合いに?」
    「父の……、シモン将軍の関係で紹介を受けた」
    「どれくらいお付き合いを?」
    「割りと昔からだな」
    「あ、そうなんですね。えーと、じゃ、その」
    「何だよ」
    「あ、あ、えー、……あっ、じゃあ、マリアさんはどんな?」
    「はあ? どんなって、どう言う意味だ?」
    「あ、いや、変な意味じゃなくてですね、そう、評価って言うか、そう言う感じの」
    「評価? ああ、さっきシェロのことを言ったからか。
     そうだな、戦闘に関しては、あいつは文句無しに優秀だよ。この訓練に参加してる奴の中で勝てるようなのは、まずいないだろう」
     ハン自らのその評価を聞き、ビートは素直に驚いた。
    「そんなにですか? 尉官も?」
    「ああ。素手でやったら四分六分くらいでやられるな。お互い得意な得物を持って、ようやく五分五分ってところだろう」
    「へぇ……」
    「だからビート、マリアは怒らせるなよ。魔術兵なんだから、余計分が悪いぞ」
    「気を付けます。
     えーと、……こんなこと、自分で言うのも何ですが、僕はどうなんでしょう?」
     その質問に対しては、ハンはこう答えた。
    「一点だけ挙げるとすれば、お前は正確な評価・判断ができるタイプだ。自分自身に対してもな」
    「……ありがとうございます」
     ビートは照れながら頭を下げかけ――その途中で、道の向こうから誰かが歩いてくるのに気が付いた。

    PageTop▲

    琥珀暁・練兵伝 3

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第128話。
    女傑と女傑。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
    「あー、汗ごっつかいてもうたわー」
     エリザは汗でびしょびしょになった肌着を着替えようと、宿舎へ向かっていた。
     と、道の向こうから見知った顔が一人、尻尾をぴょこぴょこさせながら歩いてくるのが視界に入る。
    「おー、マリアちゃんやないの」
    「あ、エリザさん」
     ぺこっと頭を下げるマリアに、エリザもぺら、と手を振って会釈する。
    「一人で珍しいやん」
    「あー」
     マリアは顔を赤くしつつ、恥ずかしそうに答える。
    「ご飯食べ終わってお昼寝してたら、こんな時間になっちゃって……」
    「ぷ、……あははっ」
     エリザはけらけら笑いながら、マリアの肩をぺちぺちと叩く。
    「いつも思てたけどアンタ、ホンマに面白い子やねぇ。
     なーなー、今日は自主訓練だけやんな?」
    「え? あ、はい。でも早く行かないと、尉官に……」
    「ハンくんにはアタシからよろしゅう言うとくから、一緒にお風呂行って、その後ご飯食べに行かへん?」
    「えっ?」
     目を丸くするマリアの手を引き、エリザは「ほな行こかー」と歩き出した。

     エリザとマリアは宿舎に備え付けの大浴場に入り、揃って湯船に浸かっていた。
    「はー……っ、えー気持ちやねぇ」
    「ホントですね~」
     大きな浴槽にたった2人で並び、張られたばかりの湯を満喫しつつ、エリザはあれこれとマリアに質問する。
    「なーなー、マリアちゃん何歳?」
    「今年で18です」
    「軍に入って何年くらい?」
    「12の時学校入ったんで、6年ですねー」
    「学校出てすぐ、ハンくんトコに?」
    「あ、その前に1年、バケモノ対策部隊ってトコに」
    「あー、バケ対? でもアレ、『もういらん』っちゅうて、ゼロさんらが一昨年くらいに解散さして……」
    「そーそー、そーなんですよ。
     で、あたしの所属が宙ぶらりんになっちゃってたんで、そこで尉官のお父さんから、『息子の班に入るか』って声をかけていただいてー」
    「あー、なるほどなぁ。せやから他の人に比べて、めっちゃ身軽なんやねぇ。体つきも何ちゅうか、全体的に引き締まっとるし。スタイルええよなぁ」
     エリザにほめちぎられ、マリアはうれしそうにはにかむ。
    「いや、そんなぁ。エリザさんだって、……すっごいおっきいし」
    「アハハハ……」
    「その見た目で10歳越えたお子さんが2人もいるなんて、絶対思えないですよー。……ってそう言えばエリザさんってー」
    「うん?」
    「ダンナさんいるんですか? お屋敷に行った時も、それっぽい人見たこと無いですし」
     エリザにとってははっきり答え辛い話題を振られ、彼女は言葉を濁す。
    「あー、まあ、おらへんのよ。ソコはソレや、一晩の熱い夜? みたいなんがな、2回とか3回とかくらい、な?」
    「うわーお」
     何を想像したのか、マリアはニヤニヤと、興味深そうな笑みを浮かべてくる。
    「やっぱりエリザさんって、色々すっごい人なんですねぇ」
    「そんなコトあらへんてー」

     ゆっくり風呂を堪能した後、二人は宿舎近くの食堂に向かった。
    「ほな、何食べよか? あ、今日はアタシおごるから、何でも好きなもん言うてや」
    「ありがとーございまーす」
     並んでカウンターに着き、間も無く店員が注文を取りに来る。
    「あれ? ロッソさん、今日は先生と?」
    「そーなの。お風呂で色々お話してた。あっと、注文だよね。
     そんじゃ鱒定食とエビカツとアジフライとキノコのスープと揚げパン2個、お願いしまーす」
    「ちょっ?」
     横で注文を聞いていたエリザが驚き、マリアに聞き直す。
    「えらい多くないか?」
    「そうですか?」
    「……アンタ、ドコにそんな入るん?」
    「流石に食べた後はお腹、ぽこっとしてるんですけど、一晩寝たらスッキリ、どっか行っちゃいますねー」
    「ホンマかいな……」
     その後もマリアは次々に注文を繰り返し、1000クラムにも上る額を喰らい尽くして、エリザを呆れ半分に爆笑させた。

    PageTop▲

    琥珀暁・練兵伝 2

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第127話。
    対照的な、2人のリーダー。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     エリザからの、横槍とも取れるような提案はあったものの、それでも元来真面目な者が大勢を占める軍人たちである。
     集められた300人は黙々、奪還作戦の訓練に参加していた。

     中でも人一倍真面目なハンは、隊長と言う地位でありながら、いつも朝一番に訓練場に入って剣を振るい、日が暮れるまで砂袋を担いでいる。
    「はっ、はっ、はっ……」
     その日も汗だくになりながら、上半身裸になって訓練をこなしていたハンを、エリザが斜に構えて眺めていた。
    「いつも頑張るなぁ、自分」
     ちなみにエリザは、いつも昼過ぎになってから訓練場に顔を出しては、「おやつ食べよか」などとつぶやきつつ、適当に切り上げて帰っている。
    「リーダーですからね。率先して示さないと」
    「うんうん、立派やねぇ」
    「……示して下さいよ」
     そう返したハンを、エリザは「はっ」と鼻で笑う。
    「示しとるやん。泰然自若、山のように揺るがへん、頼りになるリーダーのお手本や」
    「運動しなさすぎだと思いますが」
     ハンは剣を地面に突き刺し、額に巻いていたバンダナで汗を拭いつつ、エリザに指摘する。
    「肉が大分、付いてきてるように思いますが」
    「アンタなぁ」
     エリザはひょいと立ち上がり、自分の胸を両腕を組んで持ち上げる。
    「コレは巨乳言うんや。デブとちゃう」
    「そこだけじゃありません」
     拭き終えたバンダナを絞りつつ、ハンはエリザの全身を見回す。
    「二の腕ももっちりしてますし」
    「う」
    「お腹も何となくぽっこりしてますし」
    「うっ」
    「あごも丸くなってきてるんじゃないですか?」
    「ううっ、……いや、なっとるかいっ」
     そう言いつつ、エリザは自分のあごに手を当てる。
    「大丈夫やないか。シュッとしとるわ」
    「作戦開始までのあと半月、ぼーっと座ってたらそうなるでしょうね」
    「怖いコト言いなや。……分かった分かった、ほなちょっとくらい頑張るわ」
     エリザは袖をまくり、傍らに置いていた魔杖を手に取る。
    「まあ確かにな、ちょこっとくらいは、こっち来て食べ過ぎかなーとは思とったし」
    「俺の部下もですよ。こっちに来てから確実に、2キロは太ってるはずです」
     再び剣を手に取り、ハンは素振りを再開する。
     一方のエリザも、短い呪文を繰り返し唱え、簡単な攻撃魔術を放つ。
    「せやけどアンタは全然やな。そらよー見たら筋肉付いとるけども、ちょと離れたトコで見たらひょろひょろやで。むしろもうちょい、太った方がええよ」
    「大きなお世話です」
    「まあ、そう言うたらお父さんもほっそい系やったな。抱き付いた時の感触が何ちゅうか、骨そのまんまっちゅうか」
    「やめて下さい」
     ハンは素振りしつつ、横目でエリザをにらむ。
    「浮気相手から父親の身体的特徴についてのことなんか、聞かされたくありません」
    「あーら、そらすんまへんなぁ」
     エリザはニヤニヤ笑いながら、魔杖を腰に佩く。
    「こんくらい撃ったったら、今日は十分やな。いい汗もかいたし」
    「たかだか50回程度でしょう? そんなに動いてないじゃないですか」
     そう突っ込んだハンに、エリザは「分かってへんなぁ」と返す。
    「考えてみ、鍋沸かすくらいの火ぃ焚くのんに、何本薪使う?」
    「ざっくり考えて4、5本ってところでしょうか」
    「アタシが今使てた『ファイアボール』は、1発で薪3本は余裕で火ぃ点けれる。ちゅうコトはや、50回撃ったら150本分、鍋30杯分になる計算になるわな。
     鍋30杯分、薪150本集めて燃やすのんがアンタ、どんだけ重労働か分かるか?」
    「まあ、そう考えたら」
    「つまりこう言うワケや」
     そう言いつつ、エリザは上着を脱ぐ。
     確かにエリザが示した通り、彼女が着ている肌着はびっしょりと、汗で濡れていた。
    「魔術師がみぃんな運動不足みたいなコト無いからな。結構体力持ってかれるんよ、魔術使うと」
    「失礼しました。俺の認識不足です」
     ハンがぺこりと頭を下げたところで、エリザは肌着のまま、くるりと踵を返す。
    「ほな今日は、このくらいにしとくわ。おつかれさん」
    「あ、はい」
     そのままエリザが歩き去ったところで――二人を遠巻きに見ていた兵士たちが、バタバタと近付いてきた。
    「いっ、尉官」
    「何だ?」
    「エリザ先生と何を話されていたのでしょうか?」
    「何をって、世間話だよ」
    「先生がいきなり服を脱がれたように見えましたが……?」
    「ああ。魔術がどれくらい体力使うのかって話をしてたから、それを見せるためにな」
    「な、なるほど」
     そこで一旦、全員が黙り込む。
    「……何だ?」
    「まさか尉官、先生と……」
    「ただならぬ関係にあるとか……」
    「じゃ無いです、……よね?」
     ハンははぁ、とため息をつき、周囲を一喝した。
    「そんなことあるわけ無いだろう! バカなことを考えていないで、真面目に訓練しろ!」
    「はっ、はい!」
    「すみませんでした!」
     わらわらと散っていく兵士たちの背中を眺めながら、ハンはもう一度ため息をつき――そのまま、素振りを再開した。

    PageTop▲

    琥珀暁・練兵伝 1

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第126話。
    愚痴吐く夕食。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「はぐはぐ」
    「皆。これは、ここだけの話にしておいて欲しい」
    「もぐもぐ」
    「大前提として、俺は陛下には全幅の敬意と信頼を置いているし、エリザさんに対しても、同様だ」
    「むぐむぐ」
    「だから、これからする話に、……その、多少なりとも不遜(ふそん)な点があったとしても」
    「ごくごく」
    「その、決して二人を軽んじたり、信頼を失っていたりと言うことは無いと、そう考えて欲しい」
    「がつがつ」
    「……何と言うか、その」
    「尉官」
     食べる手を止め、マリアが声をかける。
    「何だ?」
    「食べないと無くなりますよー?」
    「……ああ。だが一回、ちゃんと最後まで、話をさせてもらって構わないか?」
    「あ、はい」
     マリアたち3人は同時にうなずくが、誰もフォークやスプーンを置こうとはしない。
    「ともかく、今回の作戦についてだが、何も俺は、不満があるだとか、異を唱えたりだとか、そんなことを言うつもりは無いんだ。
     だけど、腑に落ちない点が多い。そしてそれらに対し、陛下がすべて『そのようにせよ』としか仰られないことも、納得行ってないんだ」
    「めっちゃ不満あるんじゃないっスか」
     シェロに突っ込まれるが、ハンは応じず、話を続ける。
    「第一、正規軍ではない人間を引き入れるなんて、まともな状況じゃ絶対にやらないことだ。ところがそれを60人も、だ。
     俺にはどう考えても、エリザさんが自分の適当な思い付きを無理矢理に実現させようとしているようにしか考えられない。その理由が自分のプライドや面目を守るためなのか、俺には知られてない裏取引があってのことなのか、それは分からないが」
    「はあ」
     と、ビートが立ち上がり、ハンの前に置いてあったコップをつかむ。
    「尉官。こう言っては失礼に当たること、重々承知していますけど」
    「何だ?」
    「尉官はお酒に弱すぎます。今後は極力、控えた方がいいと進言します」
    「そんなことは無い」
    「あります。
     何故ならそのお話をされるのは、この卓に付いてから既に4回目だからです」
     そう言いながら、ビートはそのコップに残っていたワインを、一息に飲み干した。
    「ビート、そんな一気にやっちゃって大丈夫?」
     心配そうに尋ねたマリアに、ビートはにこっと笑って返す。
    「僕は強い方ですよ。1杯足らずでこうなっちゃう尉官よりはね」
     やり取りをしているうちに――ハンはすとんと椅子に座り、背にもたれかかって、そのまま眠ってしまった。



     ノースポート奪還作戦の内容がカレイドマインでまとまり、シモン班はエリザを伴って央北に戻った。
     そして「海上を含めた全方向からの包囲を行う」とする作戦の元、その訓練のために彼らは央北にあるもう一つの水産都市、ウエストポートへと向かった。

     ところが到着してすぐ、エリザ側からの奇妙な提案や要求が、次々に提示されたのである。
     まずはじめに、400人来るはずの兵士が、300人に減らされたこと。そして減らされた100人の代わりに、南側の人間60人がエリザによって用意されており、ハンたちがウエストポートに着いた頃には既に、訓練を始めていたこと。
     さらには元の300人も、エリザが指定した通りの人材に替えられていたのだ。



    「まあ、尉官が文句言うのも分かるけどねー」
     すっかり酔い潰れたハンを前にし、マリアたちも今回の作戦について話し合っていた。
    「確かに。『剣やら槍やら上手いのんは全然いらへん。大声出る奴集めとってー』なんて言われたら、愕然とするでしょうね」
    「やっぱ尉官の言う通り、先生、変な取引か何かしてんじゃないかなー……」
     3人は揃って首をかしげ――すぐに「ま、いいや」とつぶやいた。
    「悩むのは尉官に任せとこうぜ。俺たちはメシ食おう。どっちにしたって明日も訓練するんだし」
    「さーんせー。
     あ、すみませーん。鮭オムレツとかぼちゃスープ、もう1人前下さーい」
    「俺も食います。ビートは?」
    「流石に食べられないよ。
     マリアさんはともかくとして、シェロ、君も相当健啖(けんたん)だよな」
    「まあな」
    「ともかく、って何よー」

    PageTop▲

    イラスト;白猫(白猫夢)

    イラスト練習/実践

    「双月千年世界」キャライラスト紹介シリーズ。
    今回は第三作「白猫夢」より、白猫。

    線画版。


    白猫夢のどこかで、「怪しく思えるヤツは結局怪しい」と言っていたと思いますが、
    コイツはその極地です。
    見よ、この悪辣な笑みを……!

    小説中に登場したキャラの中で、僕の好感度ワースト1位。
    自分で書いておきながら何なんですけどもね。

    ちなみに以前、ある方にイラストをいただいたことがあります
    その時のものはまだ、優しそうな雰囲気。
    ここからどんどん、性格が悪くなっていくんです……。
    つくづく、どうしてこうなったのか、このキャラクタ。


    続いてカラー版。


    配色はほぼ、いただいたそのイラストにならっています。
    大きく違うのはベストの色くらい。



    白猫の紹介。
    なお、白猫夢のネタバレになりますので、全文字伏せております
    名前克麒麟 / かつみ きりん / Kirin Katsumi
    性別・種族・生年
    身体的特徴
    女性 / 猫獣人? / 不明
    髪:銀 瞳:右・銀、左・黒 耳・尻尾:白
    身長:169cm 体重:50kg
    3サイズ:B78、H57、W79
    職業克大火の5番目の弟子
    克大火に反逆した弟子の一人。
    大火以上の魔力と魔術の腕を持ち、
    その上彼が持ち得なかった才能をも兼ね備えていたが、
    大火との死闘の結果、最終的に敗北し、封印された。
    しかしとあるきっかけにより精神のみが復活し、
    以後は己を神と崇めさせるべく、霊夢を見せて人を操るようになる。


    そしてネタバレ後の、真の姿。
    線画版。
    カラー版。

    PageTop▲

    琥珀暁・南都伝 8

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第125話。
    包囲の要点。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    8.
    「2点?」
     ハンがおうむ返しに尋ねたところで、使用人2人が黒板を引っ張ってきた。
    「お、ありがとさん。ほな絵描いて説明して行くで」
     エリザは左手にチョークを握り、かつかつと音を立てて、ノースポートの簡単な地図を描いていく。
    「この真ん中の四角がノースポート。ほんで左下に描いた縦線2本で囲んどるトコが町門、右上の同じ形のんが漁港や。
     2点言うたんは、ここや。門と港、2ヶ所に出入り口がある。人海戦術使て門を破り、外壁乗り越えて攻め込んだところで、敵さんは港へ逃げるだけや。そしたらそのまんま、乗ってきた船で出て行ってしまいや」
    「追い出せるなら、ソレでいいんじゃ……?」
     そうつぶやいたシェロに、エリザは「アカンアカン」と返す。
    「50人が逃げて本拠地戻って行ってしもたら、次は100人来るかも分からんやろ? しかもアタシらの手の内、多少なりとも割れてしもてるワケや。ほんなら、より苦戦するコトになるのんは明らかや。
     そうなったらソレこそ泥沼やで。あっちとこっち両方で増員繰り返して、人を順々送る羽目になる。戦力の逐次投入っちゅうヤツや」
    「ちくじとうにゅう? ……飲み物ですか?」
     ぽかんとした顔で尋ねたマリアに、ハンが頭を抱える。
    「逐次投入だ。100人で一気に畳み掛かれば勝てる相手に対して1人ずつ、小出しに襲わせたら、相手にとってはただの1対1でしかなくなる。
     そんなのを100回、同じ100人分で仕掛けても、相手の消耗は狙えない。むしろ味方100人を、いたずらに潰すことになる。
     労力や手間を出し渋って小出しにすると、結果的に勝てる戦いを落とすことにもなり得るって話だ」
    「ソレに加えて、長期戦になるコト必至や。そんなんに1ヶ月、2ヶ月、もしかしたら半年か1年か、付き合わされてみいや。その間、無駄にカネもモノもヒトも使わなアカンくなるねんから、アホらしゅうてしゃあないわ。
     アンタかて、1年間クロスセントラルのステーキやら鱒のバター焼きやら食べれへんってなったら、嫌やろ?」
    「嫌です~……」
     マリアがしょんぼりした顔になるのを横目で眺めつつ、ハンが手を挙げる。
    「となると、港方面からも人員を送らないといけませんね」
    「そう言うコトや。ソコでアタシは、知り合いに『あるモノ』を造らせとる」
    「あるモノ?」
     そこでエリザが、いたずらっぽい笑みを浮かべる。
    「敵さん、デカい船でノースポートに乗り付けてきたんやろ? ソレやったらこっちも造ったれっちゅう話やん?」
    「つまり、船を?」
    「せや。ここから西に行ったトコに、知り合いが漁村造っとるねんけど、ソコの漁港周りちょと借りて、船を造っとるんよ。
     ちゅうても元々、その知り合いから『もっと沖合いに漁行けるようなん造って』っちゅう注文受けて造ったヤツやからな。そんなにデカいもんとちゃうねん。せいぜい一隻辺り20人乗るんが限界やね」
    「何隻あるんです?」
    「3隻や」
     そう返したエリザに、ハンは落胆する。
    「あまり役には立たなさそうですね。
     今回、俺に任されるのは400名です。包囲作戦を行うなら、東西南北から均等に人員を配置する必要がありますが、港方向だけ60名じゃ制圧は不可能でしょう」
    「ふっふ……」
     と、ハンの意見を聞いていたエリザが、突然噴き出す。
     当然、この反応はハンの癇に障り、思わず声を張り上げていた。
    「何ですか? 俺の考えに何か、至らない点がありましたか?」
    「悪う言えばな」
     エリザはぱたぱたと手を振りながら、こう続けた。
    「でもまあ、そら確かに、そう思うやろな。ちゃんとしたリーダーやったら、当然考えるべき点や。
     ハンくん、確認するけどもな」
    「何です?」
    「敵さんのコトやけども、軍隊としての出来はどんくらいや?」
    「そうですね……」
     どうにか冷静を装い、ハンは素直に感じたことを答える。
    「相当、練度は高いと思います。こちらの軍と比較しても、指揮系統に関しては遜色無いでしょう」
    「ちゅうコトはや、向こうのリーダーさんもハンくんと同じ考えに至る可能性は、十分あるっちゅうコトやね」
    「……なるほど」
    「ソレを踏まえて、や」
     エリザは終始笑顔を崩さないまま、会議を締めくくった。
    「400人どころか、半分でもええくらいの策を講じとるんよ」

    琥珀暁・南都伝 終

    PageTop▲

    琥珀暁・南都伝 7

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第124話。
    作戦立案。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     デザートの皿が卓から下げられたところで、ハンがようやく口を開いた。
    「食事は終わりました。仕事の話をしましょう」
    「ええよ」
     エリザの了解を得て、ハンは立ち上がり、敬礼する。
    「実際に現地へ赴いて下さっていますし、陛下からもお話を伺っていることとは思いますが、改めて状況の確認から。
     現在、ノースポートは正体不明の集団によって占拠されており、元いた住民は近隣に避難しています。このままでは住民の生活がままならず、漁業を中心とした産業が停滞、壊滅的な被害を被ることとなります。そうなれば陛下の統治下にある者にも、多少なりとも影響が出るでしょう。
     そこで陛下は大隊を率い、敵性集団の討伐を行うよう、俺に命じました。ここまではご承知の通りかと思いますが」
    「うん、聞いとるで。で、アタシにも手伝わせようっちゅうコトやな」
    「ええ。エリザさんには副隊長として、俺と共に大隊を指揮していただきたいと考えています」
     そこでハンは言葉を切り、エリザの反応をうかがう。
     エリザは特に断るような素振りも無く、素直にうなずいた。
    「ええよ。ソコら辺はゼロさんと話付いとる。やらさせてもらうわ」
    「ありがとうございます」
     ハンは深々と頭を下げ、続いて討伐の具体的な作戦を話し合おうと、口を開きかけた。
    「では……」「ちなみにな」
     が、エリザはそれをさえぎり、にこっと笑ってきた。
    「肝心の作戦やけど、もう粗方まとめとるから」
    「……何ですって?」
     ハンの心の中に、驚きと苛立ちが同時に沸き起こる。
     それもまた、彼女に見透かされていたらしく、エリザは依然として笑みを崩さない。
    「何もアンタをびっくりさせようとか無視しとるとか、そんなんや無いで。
     アンタらがこっちに来るまでに、結構日にちあったやろ? ぼーっと待っとってもしゃあないし、そもそもアンタの言う通り、長いコト放っとったら影響も出て来る。でける限り早よ、討伐に行かなアカン。ソレは分かるやろ?」
    「そう、ですね。それは、まあ」
    「せやからアタシの方で、でけるトコまで作戦詰めといたんよ。勿論アンタが聞いてみて、『こらアカンやろ』ってトコがあったら、一緒に修正したらええしな。
     ちゅうワケで、説明するで」
    「ええ、はい」
     まだわだかまったものは残りつつも、ハンは仕方無く、素直にエリザの作戦を聞くことにした。
    「今回、ゼロさんが一番望んどるであろうコトは、敵やと見なしとるヤツらがノースポートからおらんようになるコトや。
     となれば無理に人を押しかけて、正面切って殴り合いになるんは得策や無い。そら上手く行けば相手を蹴散らせるやろけど、こっちかて被害出るしな。ソレより無力化させる方が、後々都合のええコトになるはずや」
    「以前、ノースポートからの帰路で先生が仰っていたお話ですね」
     ビートの発言に、エリザはうんうんとうなずいて返す。
    「そう言うコトやね。相手は単なるバケモノや無い、意思疎通のでける人間や。無闇に戦おうとしたら相手かて抗戦しよるやろし、そうなったら最悪、何ヶ月もやり合わなアカン羽目になる。そんなん、誰かて得しいひん。
     そんなアホなコトをダラダラ続けるより、一度相手を黙らせてから、こっちに『話し合おうと思てるんやけど』っちゅう態度見せて、話し合いに持って行った方が絶対ええわ」
    「それでエリザさん、無力化と仰いましたが、具体的には?」
     ハンの質問に、エリザは使用人に「アレ持ってきて」と指示を出しつつ、こう答える。
    「一番やる気無くさせるんは、『無力や』『どうしようもでけへん』と思わせるコトや。例えばや、ぎゅうぎゅうに縛られたら、どないもこないもならへんやろ?」
    「そりゃ、まあ」
    「ソレと同じ状況に持ってくんや。アイツら完全包囲して、あらゆる攻撃手段を封じたる。ソレやったらバタバタと野戦するより百倍楽やし、被害も出えへん。
     ソコで問題となるんが、2点や」

    PageTop▲

    琥珀暁・南都伝 6

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第123話。
    エリザの食卓。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     食堂に着くなり、ビートとシェロがこそこそと耳打ちし合う。
    (予想通りっちゃ予想通りだけどさ)
    (何が?)
    (やっぱデカいんだな。玄関といい、廊下といい、食堂といい)
    (そりゃ、エリザ先生の自宅だし)
    (こうなると、メシもものすごいぜ。どんだけ出て来るか)
    (そりゃもう、想像も付かないくらいに出て来るんじゃ?)
    (つっても、マリアさんが半分くらい平らげるんじゃね?)
    (まさか! ……まさかとは思うけど)
    「ちょっとー」
     と、マリアが二人の間に割って入る。
    「いくらあたしでも、そんなに食べられないってば」
    「またまたぁ」
     ニヤニヤ笑っているシェロに、マリアがぷくっとほおをふくらませる。
    「あたしのこと、何だと思ってんのよー」
    「大食いで落ち着きが無くて騒がしい」
    「ちょっと、それ女の子に言う台詞?」
     マリアが目を釣り上がらせ、シェロの短い両耳をぐいぐいとつねったところで、ハンが諌めに入った。
    「その辺でいいだろ。エリザさんが俺たちを待ってくれてるのに、いつまで遊んでるんだ」
    「あ、はーい」
     マリアたちがバタバタと席へ急ぎ、続いてハンも座ろうとする。
     が、既に席に着いていたエリザが、「ああ、ちょと」と声をかけてくる。
    「ハンくんはこっち来」
     そう言って自分のすぐ隣を指差したエリザに、ハンは肩をすくめて返す。
    「礼儀に反します。俺は対面に座りますよ」
    「あら、つれへんなぁ」
     全員が卓に着いたところで、エリザが立ち上がる。
    「ほな、遠路はるばるおつかれさんっちゅうコトで。
     皆さんごゆっくり、くつろいだって下さい」
    「ありがとうございます」

     食事を始めて間も無く、マリアが給仕に来た、猫獣人のメイドに声をかける。
    「お待たせいたしました。前菜の……」「ねー、あなたがスナちゃん?」
     名前を呼ばれ、その幼いメイドは目を白黒させた。
    「えっ? え、ええ。どうしてわたしの名前を?」
    「リンダちゃんから聞いたよー。猫獣人で料理上手いメイドさんがいるって」
    「は、はあ、左様ですか」
     面食らっているスナに、マリアは他のメイドを見比べつつ、こう続ける。
    「他の人、みんな『狐』とか『狼』とか短耳の人とかばっかりだけど、こっちで『猫』って珍しいのかな。あなた一人だけっぽいし」
    「え、あ、あのー」
     困った顔で周りをきょろきょろとうかがっていたスナに、エリザが「ええよ」と応じる。
    「お客さんの相手も勤めの一つやし、料理と給仕は他の子に任せたり」
    「恐れ入ります、女将さん。
     え、えっと、はい。わたしの父も『猫』なんですけど、20年ほど前、北から移住して来たんです。ほんでその後こっちで結婚して、わたしが産まれたんです」
    「20年前の移民って言ったら、討伐隊のやつ?」
    「あ、はい。実は父は、その副隊長やったんですが、『こっちが気に入った』言うて、当時飼ってた羊たちと一緒に、越してきはったんです。
     それで移ってきた後、母と出会いまして」
    「そうなんだ。じゃ、お父さんが討伐隊の副隊長だったってことは、それつながりでスナちゃん、エリザさんのとこに来たって感じ?」
    「ええ、2年前からこちらで働かせていただいとるんです。
     でも、……えっと、すみません。お名前は」
    「マリアだよ」
    「ありがとうございます。えっと、マリアさんも猫獣人なんですね」
    「うん、そうそう」
    「わたし、父以外の『猫』の方に会うのん、初めてなんです。妹は母の血引いたみたいで、『狐』ですし」
    「あ、そうなんだ。北の方にはいっぱいいるよー」
    「そうらしいですね。わたしもいっぺん、行ってみたいんですよ」
    「いつか来てよ、案内するよー」
    「はい、その時は是非」
     二人が楽しく話し始めたところで、ハンがそれを咎めかける。
    「おい、マリア……」「ハンくん、ちょと」
     が、寸前でエリザから声をかけられる。
    「なんです?」
     憮然としつつ返事したハンに、エリザがにこにこと笑みを向けてきた。
    「仕事の話は後や。うまいもん食いながら、そんな辛気臭いコトでけるかいな」
    「招待主がそう言うのであれば」
     そう返したハンに、エリザはまた別の笑顔を見せる。
    「言い訳多いなぁ、自分。
     二言めにはすぐ『規律が』『礼儀が』て。ちょっとはアタマ柔くしいや。いっつもそんなんしとったら、あっちこっちでガッツンガッツン角立つで」
    「……っ」
     その言葉に苛立ちを覚えたものの――彼女の言う通り、自分の感情より規律を重んじようとする性分である。
    (ここで声を荒げれば、それこそ場の空気を悪くするだろう。冷静になれ、ハンニバル)
     ハンはそれ以上何も言わず、黙々と食事に手を付けていた。

    PageTop▲

    琥珀暁・南都伝 5

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第122話。
    南の大豪邸。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     山を降りてからさらに1日を過ぎて、シモン班は目的地であるエリザの街に到着した。
    「あの、尉官」
    「なんだ?」
    「ここがエリザ先生の本拠地なんですよね?」
    「そうだ」
    「エリザ先生はここの長と聞いてましたが」
    「ああ」
    「本当に?」
    「本当だ」
     ハンと二言、三言交わし、ビートはため息を付く。
    「本当にすごい人なんですね、エリザ先生って」
    「さあな」
     どこに目を向けても商店や露店、工房、その他諸々の施設が立ち並んでおり、一行の会話が度々さえぎられるほどの喧騒と活気に満ちている。
     と、リンダがくいくいと、ハンの服を引っ張る。
    「なーなー、早よ家行こーやー。歩き通しでウチ、めっちゃつかれたー」
    「そうだな。話し合いの件もあることだし、変にそこらの店で食事を採るより、エリザさんの家でご馳走になった方がいいだろう」
    「せやで。スナやんのご飯、めっちゃ上手いし。店で食べるより絶対そっちの方がええって」
     二人の話を聞いていたマリアが、そこでぴょこんと猫耳を揺らす。
    「ごはん? おいしい? あ、それより『スナやん』って?」
    「家で働いとるメイドさん。
     ウチと2つちがいの12やけど、バリバリ仕事でける子やねん。ご飯作るんだけやなくて、掃除とか洗濯とかもな。母やんの超お気にの子」
    「へぇー」
    「あ、せや。スナやんも『猫』やから、マリアちゃんと気ぃ合うかもやね」
    「そーなんだ。ね、ね、尉官っ。早く行きましょー」
     急かしてくるマリアに、ハンは肩をすくめる。
    「これは仕事だぞ。まさかメシにつられてるわけじゃ無いよな?」
    「……まさかー」
     ぺろっと舌を出してきたマリアに、ハンを含めた皆が苦笑していた。

     街を北東へと進み、やがて大きな屋敷に着く。
    「ここですか?」
    「そうだ。ちょっと待ってろ。開けてもらうから」
     ハンは皆を待たせ、門の向こうに立っていた使用人2人に声をかける。
    「よお。久しぶりだな、マルコ、フランク」
    「ん? ……ああ、ハンやないか!」
    「女将さんから来る言うんは聞いてたで。でも聞いとったより早かったなぁ」
     2人と会釈を交わし、ハンは背後の仲間と弟妹を指す。
    「聞いてるなら話が早い。ロイドとリンダ、連れて来たぞ。あと、俺の部下も」
    「おう、おつかれさん」
    「『俺の部下』やて。自分、カッコ付けやな」
    「それ以外に言い様が無いしな。愉快な仲間たちとでも言っとけば良かったか?」
    「いらんいらん、そんなボケ」
    「ま、今開けるから、ちょっと待っとき」
     すぐさま門が開かれ、2人は一転、恭しく頭を下げた。
    「ゴールドマン邸にようこそいらっしゃいました」
    「お帰りなさいませ、お坊ちゃま、お嬢様」
     と、すぐに元の口調に戻る。
    「ここだけはキチっとしとかんと、女将さんに怒られるからな」
    「せやから後ろの皆さんも、お気軽にしてもろて下さい」
     気さくな態度を執られ、マリアたち3人もほっとした表情を浮かべる。
    「あ、はーい」
    「では、お言葉に甘えて」
    「どもっス」
     屋敷の中に通されてすぐ、使用人ら十数名を背にしたエリザが出迎える。
    「どうも、皆さん。長旅おつかれさんでした」
    「どうも」
     先頭に立っていたハンがぺこっと頭を下げ、マリアたちもそれにならう。
    「労いのお言葉、痛み入ります」
    「恐縮っス」
    「お久しぶりでーす」
     が――その直後、ぐう、と腹の鳴る音が聞こえてきた。
    「……てへ」
     猫耳の内側まで真っ赤になったマリアを見て、エリザが大笑いした。
    「ぷっ……、ふ、ふっふ、アハハハ……、あー、うんうん、お腹ペコペコさんなんやね、うん。
     すぐご飯、用意させますわ。堅い話するんはその後で」
     そう提案したエリザに、マリアは嬉しそうな笑みを浮かべる。
    「賛成でーす! ね、尉官もそれで文句無いですよね?」
    「ああ」
     ハンは頭を抱えつつ、短くうなずいて返した。

    PageTop▲

    琥珀暁・南都伝 4

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第121話。
    「常識」を語る。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     初日に多少変わったことがあった以外、特筆すべきことも起こらず、ハンたちは半月ほどかけてウォールロック山脈を越えた。
    「なんか暑いねー」
     ふもとに近付くにつれ、マリアが旅装を次々解き、軽装になっていく。
    「山の南は温暖な気候だそうですからね。……あのー」
     その旅装を預かっていたビートが、ぼそぼそとした口ぶりでマリアを諭している。
    「暑いのは十分良く分かるんです。分かるんですけど、あの、あんまり、何と言うか、脱いじゃうのは、ちょっと……」
    「だって暑いじゃん。ビートも脱ぎなよ。顔真っ赤じゃん」
    「いや、これは、……いや、あのですね」
     一方、シェロも既にコートも上着も脱ぎ、上半身は肌着だけになっている。
    「あっちーわ……」
    「シェロさんもみんなも、北の人やもんね」
     一方、ロイドたち兄妹はコートこそ脱いではいるものの、マリアたちのように薄着になってはおらず、しっかり着込んでいる。
    「ウチらは逆に、『北の方寒いー』て思てたけど」
    「そう言うもんなのかな。って言うか、尉官も脱いだらどうっスか? んなガッチガチに着込まなくても。
     あれ? でも汗かいてないんスね」
    「訓練の賜物だ」
     一言、そう返したところでハンは立ち止まり、皆の方を向く。
    「さて、ようやく南側に着いたが、気を付けて欲しいことがいくつかある。
     まず――ロイドたちの話し方からして、ある程度分かっているとは思うが――言葉が若干違う。多少通じないこともあるかも知れないが、あのノースポートの奴らほど、わけが分からんと言うことは無い。ゆっくり話せば大体分かってもらえるはずだ。
     それから、……まあ、これも今までのことから、把握してるだろうと思う。こちらではエリザさん人気が強いが、その一方、陛下についてはさほど評判には上がっていないし、残念ながら俺たちほど崇敬してもいない。俺たちの中にそんなことをする奴はいないと信じているが、くれぐれも陛下の御威光を笠に着るような行動や発言は控えるようにしてくれ。
     あとは……」「なーなー」
     ハンの話をさえぎり、リンダが手を挙げる。
    「そんなん一々言わんでも、みんな分かっとると思うで」
    「その上で、念を押してるんだ。
     残念ながら人間って奴は、自分の常識が世界の常識だと思い込むところがある。それを把握せず異邦に飛び込むと、思わぬトラブルに見舞われることがある。
    『相手には相手の考えがある』と言うことは、絶対に忘れないでおいて欲しい。俺が言いたいのは、そう言うことだ」
    「うっす」
    「了解です」
    「はいはーい」
     部下たちが素直に敬礼する一方、リンダはニヤニヤしている。
    「母やんに怒られたコト、まんま言うてる」
    「……つまりこれは、俺の経験談でもあると言うことだ。皆も気を付けてくれ」
     ハンはそこで背を向けたが、部下が揃って笑いをこらえていることには、気配で気付いていた。

     山を降りて間も無く、一行は部分的ながらも、石畳で舗装された道に出た。
    「すぐ着きそうですね」
     その道路に視線を落としながらつぶやくビートに、リンダが「んーん」と答える。
    「あと3日くらいかかるで」
    「え? でも舗装路があるってことは……」
    「あるけど、それが何なん?」
    「え? いや、あるってことは、街があるってことに……」
     やり取りを聞いていたハンが、トントンとビートの肩を叩く。
    「さっき言ったばっかりだろ。自分の常識は決して、世界の常識じゃないんだ。
     俺たちのところじゃこんな舗装路は、クロスセントラルくらい大きな街の中とその周りにしか無いが、こっちじゃ大きな街同士を結ぶ街道にも、石畳がしっかり敷いてあるんだ。
     ここから東へ行けばエリザさんのいる街だが、西にも同じくらい大きな街がある。その両方を行き来する人間が多いから、こうして馬車や荷車が通りやすいように整備されてるんだ。
     残念ながら北と南を比較すると、北はまだ、整備に関しては遅れてる方だと言っていい」
    「そう……なんですか」
     説明を聞いたビートには、明らかに衝撃を受けている様子が見て取れる。
    (クロスセントラルが大きな街だからな、自分たちの住む地域が一番栄えてる、発展してると信じ切ってたんだろう。
     それもまた、『常識』の違いって奴だな)

    PageTop▲

    琥珀暁・南都伝 3

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第120話。
    鳳凰の思い出;邱醍カコ縺ィ縺ョ蜃コ莨壹>縲 。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
    「えっと、……ゼロと、鳳凰?」
     そう尋ねてきた彼女に、ボクと、隣のゼロは揃って応じる。
    「うん。僕がゼロ。隣がホウオウ」
    「よろしくー」
     手を差し出してはみたものの、正直言ってボクは、握り返してもらえるか不安だった。
     いやね、彼女が見た感じヤバいって言うか、あ、ヤバいってのは怖いって意味合いもあるんだけど、マジな意味でのヤバさもあったんだよ。
     あー、コレじゃ説明になってないよね。つまり彼女は、健康的な見た目じゃなかったんだよ。そう言う意味のヤバさ。
     もしかしたら手を挙げる体力すら無いんじゃないかって思って、出会い頭に悪いコトしちゃったなと思ったんだけど……。
    「よろしく、鳳凰」
     でも彼女はすんなり、手を握ってくれた。ソレからゼロとも握手して。
     ソレを横目に見つつ、ボクは彼女に尋ねてみた。
    「他に人は? ***とか無い?」
    「無いね。そんな上等な設備、この病院にあるもんかね」
    「そっか」
     安心したところで、ボクは彼女にもう一つ聞いてみた。
    「えーと、緑綺(ロッキー)」
    「なに?」
     彼女は不機嫌そうな感じ半分、だるそうな感じ半分の目でにらんできた。
     もしかしたらこうして話をするコト自体、相当辛いのかも知れないなって思ったんだけど、やっぱり気になったから聞いてみたんだ。
    「何の病気なの?」
     聞いた途端、彼女は「何を分かったコトを聞いてるんだかね」って言いたげな表情をボクに見せて、こう返してきた。
    「不治の病。持って後3年だってさ」



    「ま、最初に会った時は怖いなー、ヤバそうな人だなーって思ってたんだけどね、色々話してみたら面白いお姉ちゃんだったんだよね」
    「そうか」
     目を合わせず、にべもない返事をしたハンに、男は苦笑いしている。
    「興味無さそうだね」
    「無いな」
     ハンもカップに茶を注ぎ、飲み始める。
    「あんたにも、あんたの昔話にも興味は無い。他人の病気がどうだとかって話なんてのも、わざわざ聞きたいもんじゃ無い。
     それ以上その話を続けたいって言うんなら、向こう向いて勝手にしゃべっててくれ」
    「辛辣だなぁ。じゃあ、話題変えるよ」
    「もういい。うんざりだ」
     ハンはそう返したが、男は意に介していないらしく、またも話しかけてくる。
    「ここ数年さ、この山も人の行き来が増えてきたよね」
    「ああ」
    「山の北と南の方で、ゼロとエリちゃんが色々頑張ってるって話もあちこちで聞いてるしね」
    「何だって?」
     ハンは苛立ちを覚え、男に食って掛かる。
    「随分馴れ馴れしい呼び方だな」
    「ん?」
    「『ゼロ』に『エリちゃん』だと? あんた一体、何様のつもりだ?」
    「何様って言われてもなぁ」
    「そもそも、さっきから思ってたんだが」
     ハンはカップを足元に置いて立ち上がり、男を見下ろす。
    「あんたは何なんだ? 妙に上からモノを見てるなって雰囲気が、ぷんぷんと臭ってくる。
     そんなに雲上人を気取りたいなら、俺がこの山から落っことしてやろうか」
    「物騒だなぁ、もう」
     男も立ち上がり、肩をすくめて返す。
    「喧嘩腰にならないでよ。単純に、話がしたいだけなんだ。ソレだけ」
    「生憎だが、俺の方には今、話をする気が全く無いんだ。正直に言えば、これ以上口を開きたくすらないって気分なんだよ。
     それでもまだ何か、俺に話しかけてくる気か? それなら俺は言葉じゃなく、暴力に訴えるぞ」
    「……分かった、分かったよ」
     男はくるりと背を向け、そのまま歩き出した。
    「まるで機嫌が悪い時のカズちゃんだよ。何言ったってキレるんだから、もう」
    「さっさと行け」
     ハンのダメ押しを背中にぶつけられながら、男はその場を去って行く。
     ようやく静けさが戻り、ハンはふう、とため息を付く。
    (何なんだ、今の奴は。……まあいい。これでようやく、落ち着いて茶が飲める)
     男が残していったカップの中身を撒いて捨て、ハンは再び、焚き火の前に座り込んだ。

    PageTop▲

    琥珀暁・南都伝 2

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第119話。
    キャンプの夜。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     夕食を済ませてすぐ、シモン班は眠りに就いた。
     無論――「危険は無い」とは言ったものの――念のために、交代で見張りを立てることにした。



    「……かん、尉官、起きてくーださーいよー」
     眠りに就いてから4時間ほどしたところで、ハンはマリアに起こされた。
    「ん……ああ」
     ぱっと起き上がり、ハンはテントから出る。
    「寒いな、流石に」
     出た途端、澄んだ星空と凍りつくような空気がハンを出迎える。
     一方、マリアは既にごろんと横になり、毛布にくるまっていた。
    「あったか~いねむ~いおやすみなさ~い、……ぐー」
    「寝るの早いなぁ。……ま、おやすみ」
     テントを閉め、ハンは焚き火の側に座り込む。
    (……さて)
     焚き火に乗っていたポットのふたを取り、中を確かめる。
    (中身は、……ただのお湯か? マリアのことだから、茶か何か沸かしてるかと思ったが)
     一旦ポットを地面に置き、辺りに散らかっていた鍋や食材の余りを確かめる。
     その中に茶葉があるのを見付け、ハンはそこから推理する。
    (使った形跡がある。自分で飲むのに一杯沸かして、それから多分、俺のために新しく火にかけてくれたってとこか。
     飯とか飲むものに関しては、マリアはこだわるからな。となると……)
     と、テントの中からもぞもぞと、マリアが顔を出す。
    「すみませーん、忘れてましたー……。お茶っ葉包んだの、カップの中に入れてますからー」
    「ああ、ありがとう。おやすみ」
    「おやすみなさーい」
     テントにぺら、と手を振りつつ、ハンはカップを手に取り、中に茶葉が入っていることを確認する。
    「やっぱりな。……さてと」
     一旦カップを足元に置き、ハンはポットを手に取ろうとした。

     その時だった。
    「お茶あるならボクにもくれない? キミが淹れた後のでいいから」
    「……!?」
     背後から突然声をかけられ、ハンはばっと立ち上がり、剣を抜きつつ振り向く。
     そこには――ぼんやりとした焚き火の灯りでも、はっきりと分かるくらいに――奇妙な耳と尻尾を持った獣人が立っていた。
    「あ、いやいや、待って待って待って」
     と、男はぱたぱたと手を振り、敵意が無いことを示す。
    「驚かせたのはゴメン。悪気は無いんだ。
     のど乾いちゃってさ、水場か何か近くに無いかなって探してたら、丁度キミがいたから。だから何か、飲むもの無いかなと思って。ソレだけなんだ」
    「……そうか」
     剣を収め、ハンは彼に座るよう促した。
    「立ったまま飲むのも変だろ? そこら辺、掛けてくれ」
    「ありがとね」
     彼はぺこっと頭を下げ、ハンの向かいに座り込んだ。
    「こんなトコで何してんの?」
     いきなりそう聞かれ、ハンは面食らう。
    「それはこちらの台詞だ。……俺たちは山の南側にある、とある街へ向かう途中だ。あんたは?」
    「気ままな一人旅ってトコかな」
    「呑気なもんだな」
    「あんまり人がいるトコにいたくない性分でね。こうして誰もいないトコをひっそり渡り歩いてるのさ」
    「なるほど。確かにこの辺り、人気がまったく無いな」
     そう返しつつ、ハンはカップに茶を注いで男に差し出す。
    「先に飲むか?」
    「いいの?」
    「のど、乾いてるんだろ?」
    「そりゃまあ」
    「俺はヒマつぶしに淹れてるだけだしな」
    「それじゃ、お言葉に甘えて」
     男はまたぺこっと頭を下げて、カップを受け取った。
    「見た感じキミ、軍人さんっぽいけど、あっちのテントで仲間が休んでる感じ?」
    「ああ。2時間おきに交代する予定になってる」
    「じゃ、ソレまでヒマってコト?」
    「そうだ。……何だ?」
     尋ねたハンに、男はきょとんとした目を向けてくる。
    「何が?」
    「俺がヒマだと、何かあるのか?」
    「ヒマつぶしに付き合ってあげようかって。お茶のお礼もしたいし」
    「いらん」
     ハンは素っ気無く返し、焚き火に視線を落とす。
    「ヒマのつぶし方なんていくらでもある。別にあんたに付き合ってもらう必要は無い」
    「つれないねぇ」
     男はニヤニヤ笑いながら、カップに口を付ける。
    「まあ、それでね」
    「いや、いらんって今言っただろ」
    「お構いなく。一人言みたいなもんだよ」
     飄々とした男の態度に、ハンはまともな会話を早々に諦めた。
    「……勝手にしゃべっててくれ」
    「うん」
     そのまま、男は話を始めてしまった。

    PageTop▲

    琥珀暁・南都伝 1

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第118話。
    シモン班、山を進む。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     首都での休暇を終え、ハンたち一行はエリザに会うため、ウォールロック山脈を登っていた。
    「あ、尉官、尉官! あれ見て下さい!」
    「何だ?」
    「ほら、あれってクロスセントラルですよねー?」
    「ああ、そうだな。陛下のお屋敷も見えるし」
    「あのお家って本当、おっきいですよねー」
    「陛下のお住まいってだけじゃなく、政治や軍事の中枢でもあるからな」
     はしゃいでいるマリアに対し、ハンは淡々と受け答えしている。
    「大丈夫? 疲れたら言ってね」
    「うん、まだ平気やでー」
     ビートもリンダに優しく話しかけたりと、親しげに振る舞っている。
    「い、今のとこ、前方に敵影無しっス」
     一方でシェロは、前を見たり後ろを向いたりと、忙しなく動いている。
     それを見かね、ハンが声をかけた。
    「まず、いないだろう。この山で最後にバケモノが出たのは、もう20年以上前だ」
    「そうは言いますけど、尉官。この山ってまだ、全部探索され切ったワケじゃないって話じゃないっスか。
     もしっスよ、出くわしたりなんかしたら、エリザさんのお子さんたちが危険に……」
    「20年出現しなかったようなモノが、たまたま俺たちが通りがかったところにノコノコ姿を表すって言うのか? そんなことが起こるよりも、大魔法使いに出くわす方がまだ、確率が高いと思うがな、俺は。
     そんなこと気にするよりも、しっかり護衛を努めた方がエリザさんは喜ぶだろうさ」
    「……そっスかねー」

     本来の目的であるエリザとの話し合いに加え、エリザから自分の子供たちを連れて帰ってくるよう頼まれていたため、ハンは自分の班にロイドとリンダを同行させていた。
     マリアたち3人は、まだ13歳と10歳の二人が共に山道を進むことに不安を表していたが、ハンから頭を下げられ、渋々承知していた。

     とは言え――。
    「大分歩いたけど、二人とも大丈夫?」
    「あ、はい」「だいじょぶー」
     軍人4人が――多少は加減してはいるが――歩く速度に、ロイドもリンダも問題無く付いて来ていた。
     それに疑問を感じたらしく、ビートが尋ねてきた。
    「もしかして二人とも、魔術か何かを使ってるんですか?」
    「え?」
    「駄目ですよ、道のりは長いんですから。ずっと使ってたら、より疲労が溜まるし……」
    「んーん」
     が、リンダはぷるぷると首を横に振る。
    「使てへんでー。ロイド兄やんも使てへんよな?」
    「う、うん」
     兄妹に揃って否定され、ビートは戸惑う様子を見せる。
    「使ってないんですか? じゃあどうして……?」
    「聞いた話だが」
     話の輪に、ハンが加わる。
    「親のエリザさん自身、幼い頃に師匠と一緒に、この山を登ってたそうだ。修行のためにな」
    「幼い頃? いくつくらいの話なんですか?」
    「エリザさんは暦が作られる前の生まれだから、正確な歳は分からん。それでも多分、今のリンダくらいの歳だったろう。
     その血を受け継いでるってことだ」
    「……なるほど」
     わだかまった表情をしながらも、ビートはこくんとうなずいた。



     登り始めてから半日が過ぎ、太陽が自分たちより下へ降りてきたところで、ハンたちは足を止めた。
    「今日はここで休もう。ビートとシェロは、俺と一緒にテントを張るのを手伝ってくれ。マリアとロイド、リンダは薪を集めて、かまどを作ってくれ」
    「え? 尉官、いいんスか? お二人に仕事させて」
     そう返したシェロに、ハンは「いいんだ」と答える。
    「むしろ何もさせずに恭しく扱ってたら、エリザさんから『もうちょい鍛えたって』って小突かれるだろうさ。
     そうだろ、ロイド、リンダ?」
    「ま、まあ、そやろね。か、母さん、厳しいから」
    「ぜーったい言わはるねー」
     二人からもそう言われ、シェロも納得したらしい。
    「そんなら、……はい、ええ」
    「さあ、さっさと準備してさっさとメシ作るぞ。みんな、腹減っただろ?」
     ハンの言葉に、一同はうんうんとうなずき、それぞれの作業に就いた。

    PageTop▲

    2018年4月携帯待受

    携帯待受

    ASTON MARTIN DB11

    ASTON MARTIN DB11

    ASTON MARTIN DB11  ASTON MARTIN DB11

    2018年4月の携帯待受。
    アストンマーティンのDB11。

    今年の携帯待受は、……何と言うか、色彩的にダイナミック。
    今回は今回で異様にゴージャスな雰囲気が出てる。
    確かに高価なクルマではあるし、こんな色でも合うのかも知れませんが。



    次回もカラーに関して、twitterにてアンケートを行う予定です。
    ブログトップページ、もしくはこちらから、私、黄輪のTLに飛ぶことができます。
    よろしければご参加下さい。



    Calender picture application by Henry Le Chatelier

    PageTop▲

    琥珀暁・彼心伝 9

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第117話。
    彼女は悪人なのか?

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    9.
     夕方を過ぎ、クーも交えての食事を終えたところで、ゲートが自分の畑に来るよう、ハンを呼び出していた。
    「なんだよ、こんなとこまで……」
    「こんなとこって言うな。二人で話せるところなんて、他に無いだろ?」
     ゲートは畑の横に置いてある長椅子に座り、ハンにも座るよう促す。
    「まあ、何だ。色々俺に言いたいことあるだろ?」
    「無くはない」
     そう返しつつ、ハンも長椅子に腰掛ける。
    「だけどさ、答えてくれるのか? 昼にエリザさんのこと聞いたら、逃げただろ」
    「ん、いや、まあな。でもあの時は隣にロイドとリンダがいたからな。
     あんまり下手なこと言って、後で告げ口されちゃ敵わん」
    「ああ、確かにな。じゃあ今なら、肚割って話してくれるってことか?」
    「おう。ま、いつものアレだが」
    「『答えられることだけ答えとけ。答えたくないことは言うな』」
    「そう、ソレだ」
     胸を反らすゲートに、ハンは苦笑を返す。
    「はは……、まあ、じゃあ。
     エリザさんのことは、どう思ってるんだ? いや、好きとか嫌いとかの話じゃなく、……その、善人か、悪人かって話でさ」
    「ん……? どう言う意味だ、そりゃ?」
    「今日、陛下と話してた時、陛下はエリザさんのことを、『油断してると付け込んでくる悪人だ』って評されてたんだ。
     事実、20年前に親父が率いた討伐隊の何十人かを、エリザさんは向こうに持って行っちまったんだし。確かにそれを考えれば、かなりのワルなんじゃないかとは思う。
     だけど、俺本人はそこまで言うほど悪い人じゃないとは思ってるんだ。いや、確かに若干うっとうしいなって思うことはあるけど。
     でもあれだけ人のいい陛下が、珍しく悪し様に人を評されていたから、不安になってさ」
    「ふーむ……」
     ゲートは煙草に火を点け、ふーっと一息吹かす。
    「確かにゼロが他人を罵るなんてのは、俺は一度も見たこと無いな。夏に雪が降るくらいの珍事だ。
     とは言え、言いたくなる気持ちも分かる。向こう行っちまった奴らは、みんなゼロと苦楽を共にした仲間だったんだからな。一致団結して、厳しい戦いを4年も5年も凌いできた奴らが、突然『エリちゃんに付いて行く』っつって、一斉に離れて行ったんだ。そりゃヘコみもするさ。
     それに、アレだ。ゼロだって巷じゃ神様だ、聖人だって持てはやされちゃいるが、結局はやっぱり人間だってことなんだろう。歳取ったせいで、ちょっとくらい頑固になったり、寛容になれなくなったりするようになったってことだ。
     誰でも歳取りゃ、そうなるさ。だからゼロのそんな話なんて、『おっさんのたわごと』くらいに思ってりゃいいんだ。あいつが言うほど、エリちゃんは悪人なんかじゃないって。
     じゃなきゃ俺だって、エリちゃんと、その、……まあ、アレなことになったりなんてしないさ。マジでワルだ、自分の都合と利益しか考えないクズだったってんなら、押しに滅法弱い俺でも流石に、『勘弁してくれ』っつって逃げ帰ってるさ」
    「押しに弱い、ねえ」
     そう返したハンを、ゲートがニヤニヤしつつ、肘で突いてくる。
    「他人事じゃないぞ、ハン」
    「何だよ?」
    「お前も押しに弱い男だってことだよ。
     気ぃ付けろよ、クラムは母親似だからな。気が付けば、いつの間にやら、あれよあれよと言ううちに、……ってことになりかねんぞ。ゼロの場合がそうだったんだからな」
    「まさか」
     そう口では言ったものの、ハン自身も心の中で、「そうかも知れない」と納得してしまっていた。
     それを見透かしたように、ゲートは依然、ニヤニヤ笑っている。
    「ま、いっそ押されてみるのも、アリかも知れんがな。
     お前は自分からどうこうするって性格じゃないからな、放っときゃ一生ヨメさん無しで過ごしかねん」
    「勘弁してくれ」
     ハンは立ち上がり、ゲートに背を向ける。
    「折角もらった休みだし、今日はもう寝るよ。先に帰ってるぜ、親父」
    「おう。……ん?」
     と、ゲートも立ち上がったところで、首をかしげる。
    「そう言えば、ハン?」
    「どうした?」
    「クーは今日、うちに泊まるのか? 何にも聞いてないが」
    「あっ」
     二人で顔を見合わせ、やがてぽつぽつと言葉を交わす。
    「泊まると思って無かったが、……聞いた方がいいよな?」
    「そりゃそうだろ。歯止めかけとけ」
    「だな」
    「……ハン、お前マジで気を付けろよ。
     明日、朝になって横向いたら一緒に寝てたとか、そう言うことは絶対起こすなよ」
    「お、おう」
     二人は急いで、家まで駆けて行った。

    琥珀暁・彼心伝 終

    PageTop▲

    琥珀暁・彼心伝 8

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第116話。
    部下三人組の休日。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    8.
     ハンが家にクーを招いていた頃、マリアたち3人は、揃って街の食堂を訪れていた。
    「うふふふー」
     料理を待つ間、嬉しそうな笑みを浮かべるマリアを見て、ビートとシェロも笑っている。
    「そんなに楽しみなんスか?」
    「そりゃそーよ。あたし、どんだけここの山海焼き食べたいなーって思ったことか」
    「食べるの趣味ですもんね、マリアさん。……こうして連れ回される度に僕たち、1キロは太るのに、マリアさん太らないんですか?」
    「女の子にそーゆーこと聞く? ま、太んないんだけどね」
     ちなみにハンの人付き合いの悪さについては、マリアたちも十分に承知している。
     そのため、こうして仲間同士で集まる際には、基本的にハンには声をかけてはいないのだが――。
    「でもさー、尉官、呼ばなくて良かったのかな?」
     そんなことを言い出したマリアに、二人が首を傾げる。
    「って言うと?」
    「なんか疲れてるっぽかったし。気晴らしにどこか連れてった方が良かったんじゃないかなーって。
     あ、『疲れてる』って言っても長旅で、ってことじゃなくて、何て言うか、気疲れ? って言うのかなー、そんな感じの。
     んでさ、原因って多分、……あの人のせいだよねー?」
     申し訳無さげに尋ねたマリアに、ビートもぎこちなくうなずいて返す。
    「ん、んー、……まあ、あの人ですよね。何となく分かります」
    「誰のコトだ? クー、……いや、クラム殿下のコトか?」
     そう返したシェロに、マリアとビートが同時に首を振る。
    「ちがうちがう」「そちらではなくて」
    「え? じゃあまさか、エリザ先生?」
    「うんそれ」「まあ、そうでしょうね」
     二人の反応に、シェロはけげんな表情を浮かべた。
    「なんでだよ? 陛下が言ってたアレか?」
    「それだけじゃ無いと思うよー」
     そう前置きし、マリアは小声で話を続ける。
    「だってさー、エリザさんってすっごくさー、何て言うか……。
     あ、や、確かにね、いい人だと思うよ? あたし個人としても、超いい人だと思ってるしさー。砦でのことにしても、自分の予定切り詰めて、わざわざ助けに来てくれたんだし。
     そりゃま、陛下が昔のこと、色々気にされてるってことはあるけど、それを踏まえてもあたしは、エリザさんのことは普通に好きだよー。
     たださー、尉官ってやっぱ、ベタベタされるの嫌なタイプじゃん?」
    「あー、なるほど」
    「砦ん時にエリザさん、尉官がいるとこ、あっちこっち付きまとって色々しゃべり倒してたし。あれ、尉官にしてみたらすっごく、うっとーしかったんじゃないかなーって」
    「そう言われりゃ、確かにな。だけどなー……」
     シェロは首をかしげつつ、こんなことを言い出した。
    「俺からしてみたら、あんな美人に言い寄られて悪い気なんか、絶対しないけど」
    「まあ、その点はうなずける。僕だってエリザ先生と色々お話できたらな、と思ってるしね。
     ただ、尉官はあの性格だから……」
    「ソコが俺には分からんトコなんだよな」
     シェロは肩をすくめつつ、ハンについて不満を漏らす。
    「何であんなに人嫌いなのに、軍に入ったり班長やったりしてんだろうなって。嫌ならやめろよって思うんだけどな、俺としては。
     そりゃ尉官から直に『俺は他人が嫌いだ』なんてふざけた台詞聞いたりしたコト無いし、俺たちを邪険にしたってコトも無いけど、実際、報告やら連絡やら終わって、俺たちが世間話とかし始めたら、すぐに席を離れるよな、あの人」
    「あー、それはあるねー」
    「そんなに話したくないなら……」「いや、それは多分違う」
     シェロの話をさえぎり、ビートがこう返す。
    「尉官が人付き合いしないってのは確かに事実だけど、人嫌いだとか、話をしたくないってわけじゃないと思う。
     だってもし本当にそう言うのが嫌いなら、シェロの言う通り、軍なんて言う団体行動の極みみたいなところに入るわけが無いし」
    「じゃ、実際どうだって言うんだ?」
    「多分、他人にあんまり干渉したくないんだと思う。
     これは多分なんだけど、尉官って昔から、エリザ先生と面識があったんじゃないかなって」
    「そうなのか?」
     尋ねたシェロに、ビートはぷるぷると首を振る。
    「いや、あくまで僕の予想だよ。実際どうなのかは知らない。でも二人が話してる感じからすると、昔から付き合いがある感じだし。
     で、エリザ先生って――今、マリアさんが言ってた通り――すごく積極的と言うか、ぐいぐい押してくるタイプだから、その反動で尉官、押さないタイプになったんじゃないかなって」
    「あー、そうかもねー、……もぐもぐ」
     運ばれてきた料理に手を付けつつ、マリアがうなずく。
    「んぐ……、確かに尉官って、こっちから話しかけたり誘ったりしたら、応じてくれるよね。
     もしかしたらここにも、誘ったら来てくれたかなー?」
    「多分、来たと思いますよ」
    「んじゃさ、今から誘おっか?」
     そう提案したマリアに、ビートは素直にうなずく。
    「そうですね、たまには仕事抜きで話してみたいですしね」
    「え、マジで呼ぶんスか?」
     反面、シェロはうっとうしがるような表情を浮かべる。
    「折角の休暇にわざわざ上司の顔なんか見たくないっスよ、俺」
    「……何かさー」
     それを聞いて、マリアはほおをぷくっと膨らませた。
    「人間嫌いとか何とか言ってたの、あたしにしてみたら、尉官よりあんたの方がそうなんじゃないかって思うんだよね。
     ま、呼びたくないって言うならやめとくけどさっ」
     マリアはそれ以上ハンのことを話題に挙げず、黙々と食事に手を付けた。

    PageTop▲

    琥珀暁・彼心伝 7

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第115話。
    父と子。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     クーと妹たちが談笑し始めたところで、ハンはその場を離れ、一人黙々と本を読んでいるロイドに声をかけた。
    「ロイド、久しぶりだな」
    「えっ、あっ、うん」
    「前に会ったのって、いつくらいだったっけ」
    「えーと、確か半年くらい前。今回のんみたいに、母さんとリンダと一緒にこっち来た」
    「何の用だったんだっけ」
    「何か、母さんがタイムズさんと話し合いある言うて」
    「そっか。……何の本読んでるんだ?」
    「書いとる」
    「あ、うん。何書いてるんだ?」
    「母さんから言われたこと、まとめとるとこ」
    「どんなこと言われたんだ?」
    「色々。魔術とか、彫金とか」
    「大変だな」
    「うん」
     色々と声をかけてみるが、どれも一方通行気味で、ハンがやめれば話は止まってしまう。
     会話を諦め、ハンはもう一度、妹たちとクーの様子を眺めてみる。
    (……ま、俺がいなくても良さそうだな、あっちは。
     これでようやく、一息付けるってところか)
     ハンは誰にも気付かれないようにそっと居間を離れ、自分の部屋に向かおうとした。
     と――。
    「ハン、帰って来てたのか」
     廊下に出たところで、背後から声がかけられる。
     ハンが振り向くと、そこには自分の父、ゲート・シモンの姿があった。
    「いたのか、親父?」
    「そりゃいるさ。自分の家でくつろいで何が悪い」
    「いや、悪くないけどさ。今まで全然姿見せなかったし、いないのかと思ってた」
    「家の中が騒がしいからな。庭の畑いじってた」
     そう返した父に、ハンは苦笑いする。
    「将軍様が畑いじりかよ。相変わらずだなぁ」
    「俺の趣味だからな。
     それよりハン、ゼロから聞いたけども、大変な目に遭ったんだってな」
    「ああ。どこまで聞いてる?」
    「お前が現地から報告した内容は、全部こっちにも伝わってる。
     で、こっちの対応についてだが、もうゼロから聞いてるか?」
    「ああ。びっくりしたよ、俺が大隊指揮官なんて」
    「ま、多少若いのは心配っちゃ心配だが」
     ゲートは肩をすくめ、こう続ける。
    「それ以外に不満点は無い。他の将軍連中にも、そう言って説得したしな」
     これを聞いて、ハンは憮然とした気持ちになる。
    「って、親父が俺を推薦したのか?」
    「ああ。だが、理由もゼロから聞いたろ?」
    「一応な」
    「そんなら、ひいきしたんじゃないってことは分かってくれるな?
     これは父親の欲目じゃなく、将軍としての、公平な判断だからな」
    「うーん……」
     釈然としない気分ではあったものの、ハンはこれ以上、この話題について話すことを避けた。
    (今更俺が何言ったって、決定は変わらないだろうしな。
     それに軍からの正式な辞令でもあるし、いち軍人が断るわけに行かない。……まあ、断る理由もつもりも無いしな)
    「あー、と。それから、ハン」
     と、ゲートがどこか遠慮がちな声色で、こんなことを尋ねてきた。
    「そのー……、エリちゃんに遭ったって?」
    「ああ、うん。いつも通りだったよ」
    「そうか。……毎回、すまんな」
    「いいよ、もう。あの人はああ言う人だって、諦めてるから」
    「まあ、なんだ。せめて南へ行く時は、ある程度便宜するから。装備とか費用とか」
    「気にしないでいいって」
    「……あと、もう一つな」
     ゲートが神妙な顔になり、居間をチラ、と覗き見つつ尋ねてくる。
    「なんで家にクラムがいるんだ?」
    「家に来たいってお願いされたんだよ。随行断ったから、その埋め合わせってことで」
    「お前、まさか手を出してないよな」
    「親父じゃあるまいし」
     そう返したところで、ゲートの顔色が目に見えて悪くなる。
    「い、いや、エリちゃんのことは不可抗力なんだって、マジで」
    「不可抗力で2人も子供ができるのか?」
    「……ま、まあ、なんだ。この話はもう、やめにしよう」
    「ああ。クー、……いや、クラム殿下のことだけど、一応、ジニーたちには身分明かしてないから、そのつもりで接してくれれば」
    「そうか、うん、分かった。
     ……あー、と。忘れ物したかも知れんから、畑戻るわ」
    「ああ」
     そそくさとその場を離れていくゲートの背を眺めつつ、ハンはため息をついた。
    (このことさえ無かったら、あんたのことは、そこそこ尊敬できるんだけどな)

    PageTop▲

    琥珀暁・彼心伝 6

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第114話。
    シモン家。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     ゼロが便宜を図ってくれた通り、ハンたちの班には3日間の休暇が与えられ、各々自由に過ごしていた。
     ハンはクーからの「おねがい」を断った穴埋めをするため、彼女を自分の実家に招待していたのだが――。

    「まず、弁明させて欲しい」
    「どうぞ」
    「随行を断った件だが、君には本当に済まないと思っている。だからこれは本来、お詫びも兼ねてのことだったんだ」
    「ええ。十分に承知しておりますわ」
    「だが、……その、……彼らがいることは、その考えとは関係が無いことなんだ。
     無論、君に対していたずらをするだとか、不快にさせようなんて気は、毛頭無い。
     知っていたら勿論、教えた」
    「はあ」
    「つまり、その、想定外の事態と言うのも、何と言うか、時に起こってしまうことは、仕方無い。それを理解してくれると、とても助かるし、ありがたい」
    「ええ。この状況がハンの想定し得ないものであることは、十分に理解しておりますわ」
     クーは室内を一瞥し、父親譲りの穏やかな笑顔で応える。
    「流石に『お母様』の方はいらっしゃらないようですわね。お忙しいとご自身で仰っていたし、父上も帰ったものとお考えのようでしたし。
     もしいらっしゃったら、ハンたちのお手間が省けたでしょうに、……とは申せませんわね」
    「ああ。正直、俺と彼女の2人で膝を詰めて話をするのは、考えただけで相当辛い」
    「ことごとく、ハンの神経を休ませない方ですこと」
     ハンとクーが並んでため息を付いたところで、居間にいた狐獣人が声をかける。
    「あ、あのー、僕と、あの、リンダおるけど、な、何か、アカンかった?」
    「いや、そんなことは無い。単にびっくりしただけだ」
    「あ、う、うん。えっと、えー、兄さ、あ、いや、あのー……」
     狐獣人はチラチラとクーを見ながら、困ったような顔をハンに向ける。彼の聞きたいことを察し、ハンは先に答えた。
    「この子はクー。俺たちの家の事情については知ってる。いつも通りでいい」
    「あ、うん」
    「それで、ロイド。エリザさんに連れられて来たのか?」
     ハンに尋ねられ、その気弱そうな狐獣人――エリザの息子、ロイド・ゴールドマンは小さくうなずいた。
    「う、うん。帰りは、あ、えっと、母さんから『どうせハンくんら、近いうちにウチんトコ来はるやろから、一緒に連れてってもらい』って言われて、あの、母さん、先に帰ってしもたんやけど、その、予定って、兄さん、あったり、する?」
     ロイドの言葉に、ハンとクーは揃って目を丸くした。
    「マジかよ」
    「ご明察にも程がございますわね」
     二人は顔を見合わせ、エリザの考えを推測する。
    「そこまで読んでるってことは、陛下がエリザさんを招聘(しょうへい)しようとしてることも、俺たちがその使いに行くことも、予想済みだってことになる」
    「もしかしたらハンが大隊の指揮官になることも、察していらっしゃるかも知れませんわね」
    「まさか、とは思うけどな」
     互いに苦笑いを浮かべたところで、ハンが尋ねる。
    「しかし、本当にこれで良かったのか? 俺の家なんて、何も見るものなんか無いぞ」
    「ええ、これで結構ですわ。ご家族にもお会いしたいと思っておりましたし、以前に『妹さんに魔術指導する』と約束しておりましたし。
     ……とは申しましても、エリザ女史が度々いらっしゃっているのでしたら、わたくしが教えることは皆無かも知れませんけれど」
    「いや、そんなこと無いさ。……と言っても、俺は魔術については全然だから、妹たちがどれくらい使えるか知らないけど」
     二人で話していたところに、ハンの妹たちが寄ってくる。
    「お帰りなさい、兄さん。そっちの子は?」
    「あー、と」
     正直に話すか迷い、ハンはクーに目をやる。クーも目線を合わせ、小さくうなずいて自己紹介した。
    「わたくしは魔術師のクーと申します。ハンの友人ですわ」
    「ゆうじん?」
     妹3人が揃って目を丸くし、異口同音に尋ねてくる。
    「兄やん、友達おったん?」
    「そりゃいるさ。俺を何だと思ってるんだ」
    「でもあたし、お兄ちゃんが家に友達連れてきたの、見たこと無いよ」
    「そうだっけ?」
    「私も見た覚え無いわね。家でだって、基本外から帰って来てご飯食べてお風呂入ったら、そのまま朝まで部屋に籠もってるし。
     たまに外へ一緒に出かけても、何も買わないし、ご飯おごってくれても露店のサンドイッチくらいだし」
    「つまんないよね」
    「ねー」
     目の前でかしましく騒がれ、ハンは苦笑いする。
    「俺の話はいいだろ? それより……」
    「あ、そうだった。
     はじめまして、クーさん。私はヴァージニア・シモン。ジニーって呼んでね」
    「あたしはテレサ。こっちの耳ふわふわしてるのはリンダ」
    「もー、自分で言うてー。先に言わんといてーやー」
     二言、三言話す度にきゃっきゃっとじゃれる妹たちを前に、クーも楽しそうに、クスクスと笑っていた。
    「とても仲がよろしいのね、皆さん」

    PageTop▲

    琥珀暁・彼心伝 5

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第113話。
    眠れるカリスマ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
    「そんな……!」
     ゼロの口から、明確にエリザを非難する言葉が出てきたことに、ハンを含め、その場にいた全員が驚いた様子を見せている。
     しかしゼロは、わずかに首を振りつつ、こう続ける。
    「無論、エリザが明確に、私たちに対して危害を加えただとか、盗みを働いただとか、そんな悪質な事実は一度も無い。
     この20年の間、何度となく技術や資源を提供してくれているし、判断の難しい問題が起こった時には彼女に助言を仰ぎ、それが役に立ったことも度々あった。頼りになる存在だと言うことは、確かだ。
     だけど彼女が20年前、私が送らせた討伐隊を50人以上引き抜き、自分の配下に置いてしまったこともまた、事実だ。経緯や引き抜かれた当人たちの思惑はどうであれ、私の元から多くの人材を奪ったことは、紛れも無い事実なんだ。
     それだけじゃない。彼女は幾度となく山を越えて、このクロスセントラルやその他の大きな街に赴き、己の『スゴさ』を誇示している。それは自分の商売のためであるのか、こっちに私兵を築くことが目的なのか、それは何とも断言できない。彼女が自分から吹聴しているわけじゃないからね。
     だけど事実として、彼女はこの街でも、他の街でも、並々ならぬ人気を集めている。仮に彼女が『ちょっと助けて欲しいコトあるんよ』と言い出したら、一体どれだけの人間が、手を貸そうとするだろうか?
     例えばビート、君も彼女にそう言われたら、手伝おうと思うんじゃないか?」
    「それは、……その、勿論、軍務があれば、それを優先しますが、……でも、その、手が空いてたら、もしかしたら、協力するかも、……知れません」
    「そう、誰だってそう考えるだろう。親切で優しい、誠実な人間なら、自然なことだ。
     だけど私が懸念するのは、もし君が重要な軍務に就いているにもかかわらず、彼女から『どうしても手伝って欲しいんよ。アンタやないとアカンねん』と説き伏せられることだ。
     君はその『お願い』を、断ることができるだろうか? 断るにしても、どうにかして手伝おう、少しだけでも都合を付けられないか、と考えはしないだろうか」
    「それは……、考えるでしょうね」
    「さっきも言ったことだが、彼女に少しでも手を差し伸べれば、彼女はその根本、肩はおろか、胸、首に至るまで食らいつく。5%だけでも手伝ってあげようと考えていたことが、いつしか10%になり、20%に増え、50%に届き――いつしか、100%を超える。
     そんなことが、あちこちの街で起こったらどうなる? 人々が皆、手にかけていた職務、任務を放り出し、彼女の命じるままに動き、一斉に街を離れ、彼女の命令に殉じたとしたら?
     恐ろしいことに、彼女はそれをさせられるだけの力と才能を持っている。今はまだ、彼女にその気が無いのかも知れないし、そもそも自分の潜在能力に気付いていないのかも知れない。だが彼女がその気になり、力を行使し始めれば、私の、いや、我々の統治と秩序は大きく揺らぎ、狂い、いつか崩れ去ることとなるだろう。
     こんなことを考えるのは、私の傲慢なのかも知れないが――もしそんなことが起こったら、今まで築いてきた我々の社会、生活、もっと大きく言えば歴史そのものが、彼女に食われてしまうのではないか? 我々がしてきたこと全てが彼女の業績に塗り替えられ、後世には、我々の存在そのものが、最初から『無かったこと』にされてしまいはしないだろうか?
     ……と、それを恐れずにはいられないのだ」
    「……」
     ゼロの、普段見せない不安げな表情と、いかにも恐れているようなその声色に、ハンも、他の4名も、口をつぐむしか無かった。
     と、ゼロはいつもの、穏やかな笑顔になる。
    「すまない、怖がらせてしまったね。
     今のは私が考えられる中でも、最悪の事態を想定したにすぎない。さっきも言った通り、今は彼女にそんな気は無いだろうし、実際には起こっていないことだ。
     だけど可能性は0じゃない。彼女がいる限り起こり得ることだと言うことを、認識しておいて欲しい。それを承知した上で、任務に当たって欲しい。
     そんなわけで、次に君たちに与える任務だけど――山の南へ向かい、エリザ・ゴールドマンを訪ねてくれ。君たちが向かっている間に、私の方からエリザに打診しておく。君たちが到着するまでに話は付けるつもりだから、着いたら彼女と共に奪還作戦を検討・協議し、その結果を私に報告すること。
     皆、大分疲れてるだろうから、出発は3日後でいい。……さあ、ご飯の続きを食べようか」

    PageTop▲

    琥珀暁・彼心伝 4

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第112話。
    抜擢と懸念。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     ゼロの要請に、ハンは面食らった。
    「俺に、……いや、私にですか?」
    「そうだ。結論から言えば、君以上の適任はいないだろう。
     まず第一に、敵と考えられる相手をその目で確認し、人数や特徴、戦術なんかも、多少なりとも把握している。間違い無く、我々の中で最も相手を熟知しているはずだ。
     第二に、君の指揮官としての実力と、君自身の経験を評価しているからだ。
     勿論、過去には君よりも大人数を率い、バケモノたちを退治、駆逐してきた実績のある者はまだ、何人も軍に残っている。だけどあくまで『バケモノ相手』だ。軍はこの20年、バケモノ退治はしても、人を相手にしたことは一度も無い。
     なまじそうした類の実戦経験がある故に、初となる対人戦闘においては、大きく誤った判断を下す可能性がある。だが君は、人に対してバケモノ扱いだとか、ただ討ち滅ぼすだけの存在だなんて、考えたりはしないはずだ。
     君ほどその短い人生で他人から執拗に悩まされ、他人との距離や関係に細心の注意を払ってきた人間は、そうはいないからね」
    「……!」
     ゼロの言葉に、ハンは心をぎゅっとつかまれたかのような感覚を覚えた。
    (俺と、エリザさんのことを言ってるのかな……。いや、それだけじゃないな。
     この人はずっと観察していたんだろう。俺の言動や態度から、俺がどんな人間かを)
     ハンの動揺に気付いた様子を少しも見せず、ゼロは話を続ける。
    「そして第三だけど、君はエリザと縁が深いからね」
    「え……?」
    「彼女にも協力を仰ごうと思っているんだ。
     彼女も他人を攻撃するだけの存在と考えてばいないはずだ。恐らくは『交渉できるだろう相手』と見ている。
     それに彼女の知恵と技術は信頼のおけるものだ。今回の作戦に投入されれば、並々ならぬ効果を上げてくれるはずだ。
     と言って、彼女を隊長に据えようと言うことは考えていない」
    「何故です? 経験なら彼女の方が豊富でしょう?」
    「確かにそうだ。でも彼女は軍の人間じゃないし、私の管轄下にもいない。あくまで提携関係にあるだけだからね。
     そもそも彼女に隊を任せると、後で色々困りそうなんだ。20年前にも、彼女に要請されて送った部隊が、向こうに50名以上も残ってしまったからね。
     他にも現在に至るまで、彼女に関する遺恨が色々と残っている。君にも思い当たる節があるだろう?」
    「……ええ。確かに」
     ハンがぎこちなくうなずく一方で、ゼロも苦々しい笑みを浮かべている。
    「あまりこう言うことを言いたくないけれど、エリザは危険物と言うか、劇薬と言うか、……有用極まりない人物である一方、扱いがすごく難しい人だ。
     あまり好意的にしすぎるとどっぷり付け入られるし、敵対したらしたで、徹底的に攻撃してくる。味方に付けても敵に回してもまったく油断のできない、本当に怖い人だよ。正直に言えば、あまり関係を持ちたくない相手ではある。
     とは言え、今回の作戦は何としてでも成功させなければならない。失敗すれば今後、より大きな問題へと発展するかも知れないからね。だからこそ、彼女の協力は必須だ。
     そして協力が得られたとして、他の人間が隊長だと、彼女に主導権を握られて隊を私兵化され、そのままノースポートに居座られでもされかねない。
     君が隊長であれば、いくら彼女でも、そこまでの暴走はしないだろう」
    「そうだといいんですが」
    「君を隊長に据えた場合が、一番その可能性が低い。
     万が一、隊が彼女の手に渡ってしまったとしても、君までもが彼女の手に落ちるとは考えられない。最悪の状況に陥ることはまず、無い」
     と、唐突にビートが立ち上がる。
    「し、失礼ながら、陛下!」
    「ビート!」
     ハンがたしなめようとしたが、ゼロはにこっと微笑み、それをなだめる。
    「いや、いい。聞こう、ビート」
    「で、では。……その、陛下。仰り方がまるで、ゴールドマン先生が悪人であるかのような、そのように聞こえるのですが」
    「残念ながら、ビート」
     ビートの質問に、ゼロは苦笑しつつ、こう答えた。
    「私は、そのつもりで話している。あまり人のことを悪く言いたくはないけれど、はっきり言おう。
     エリザ・ゴールドマンと言う女性は、残念ながら、悪人の部類に入る人間だ」

    PageTop▲

    琥珀暁・彼心伝 3

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第111話。
    ハンの抗弁。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
    「まあ、ハン! 今更何を……」「クラム」
     声を荒げかけたクーを、ゼロがやんわりと制する。
    「他人の話は声を荒げて止めるべきものじゃない。最後まで、落ち着いて耳を傾けるべきだ。そうだろう?」
    「……はい」
     クーが黙り込んだところで、ゼロはハンに向き直る。
    「ごめんね、話の腰を折ってしまって。聞かせてくれないか、ハン」
    「では、3点ほど。
     まず第一に、殿下が使う魔術は非常に強力かつ高い効果を生ずるものですが、反面――そうした高威力・高効果の宿命として――詠唱や発動において、多少なりとも時間を有します。
     彼女の支援を必要とする状況が発生した際、その『多少の時間』を稼ぐために、我々が援護ないしは防御に徹しなければならなくなります。
     それは即ち、我々4名、あるいは彼女を含めた5名全員が危険にさらされる時間が増えると言うことでもあります。その危険と、彼女を随行させる必要性のどちらが大きいか、現状では判断しにくいところです。
     要素の不確実性を解消できない以上、その要素は――可能であれば――最初から排除すべきではないでしょうか」
    「一理あるね。2つ目は?」
    「殿下は兵士としての訓練を受けていらっしゃいません。
     我々4名の、これまでの作戦行動はすべて野外で行っております。無訓練・無経験の身で殿下が随行されるとなれば、必ず我々の側が、何かしらの配慮・便宜を図らねばなりません。
     そのような措置を取らねばならないと言うことは、率直に申せば、我々の足を引っ張ることに他なりません」
    「確かに」
    「そして3つ目ですが、先程陛下にご評価いただきましたように、我々の班としての実力の高さは、私の統率と部下たちの連携に起因するものです。
     しかるに殿下は、ご自身の魔術の練度故か、多分に自信家でいらっしゃいます。そうした人間ほど、上の命令を聞かず、下の意見を軽んじる傾向にあることは事実ではないでしょうか。
     団体行動において、そうした自分勝手で他人の話を聞かない人間が1名でもいれば、その団体全体の破綻につながりかねません。
     殿下が随行することによって、我々の班の実力の低下、いや、班の瓦解・崩壊につながる事態も有り得るのでは無いかと、私は懸念しております」
    「ふむ」
     ハンの意見を聞き終え、ゼロはチラ、とクーに目をやる。
    「確かにこの子は、団体行動に向くタイプじゃない。我を通そうとする性格だ。実際、『無理矢理にでも付いて行くぞ』と、君にゴリ押ししていたらしいしね。
     もし本当に随行させれば、この子がワガママばかり言って、君や班の皆を困らせてしまうことは、想像に難くない。
     それに最初、君は『3つほど』と言っていたけれど、本当はもっとあるよね、不満点」
    「ええ」
     ハンが素直にうなずくのを見て、クーは顔をしかめるが、ゼロがそれをたしなめた。
    「ムッとする気持ちは分かるけれど、クラム。
     今、彼が言った通り、君は何度もワガママを言って、ハンを困らせたんじゃないか? 不快感を与えられたって言うなら、それは君の方がちょっとばかり、回数が多いだろう。
     今度ばかりは聞いてあげなさい、クラム」
    「……はい」
     クーがあからさまに不満そうな顔でほおをふくらませたところで、ゼロがハンに微笑みかける。
    「そう言うことだ。
     ハンの意見はもっともだし、十分に納得行くものだ。私としても、この子をろくな準備や訓練も無しに、危険な場所へ向かわせることは望んでいない。よって君たちはこれまで通り、4名で行動してほしい。
     それで、……ここからが重大な話になる。悪いけれど一旦食事の手を止めて、落ち着いて聞いて欲しい。いいかな?」
    「はっ」
     ハンは勿論、がっついていたマリアたちも食器を机に戻し、一斉に敬礼する。
    「話と言うのは、他でもない。ハン、君はノースポートの奪還作戦に、参加して欲しいんだ。
     それも一班でではなく一大隊、400名を率いる指揮官としてだ。マリアとシェロ、ビートはその側近としてね」

    PageTop▲

    琥珀暁・彼心伝 2

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第110話。
    測量班と賢王の会食。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     それまでの20年の人生で、少なくとも彼自身にとっては「破天荒」としか評価できないような出来事が度々起こっていたせいか――ハンニバル・シモンと言う人間には、人と堅く接しようとする性分が形成されていた。
     心の中でこそ、多少なりともフランクにしゃべってはいるのだが、実際にその口から出る言葉は、それを耳にする他人に、わずかながらも溝を感じさせるようなものばかりである。
     実際、彼は心の中に境界を作っていたし、そこを自分が越えることも、他人に越えさせることもしなかった。
     他人とは広く、しかし浅く付き合う、と言う姿勢が、彼のそうした性分を表していた。

     とは言え――彼が拒んでも、ずかずかと踏み込んでくる者が、一人いる。言うまでもなく、それはエリザである。
     と言うよりも、彼の性格が形成されたのは、破天荒の塊のような彼女の影響に他ならないのである。いきなり初対面で「父の不倫相手」として、だと言うのに実の母の如くべたべたと接してきたのを皮切りに、20歳となった現在に至るまで、ハンはエリザに度々振り回されてきたのである。
     そんな彼が、「他人と距離を置いておきたい」と考えるようになったのは、当然の成り行きと言えた。



     それ故――。
    (勘弁して欲しいよ、本当に)
     ゼロとクーを前にしつつ、部下たちと共に食事を囲んでいるこの状況は、彼にとっては苦痛でしか無かった。
    「……と言うわけで現在、敵は動かないだろうと言うのが、ゴールドマン女史の見解ですね。自分も同意見です」
    「ふむ、ふむ」
     運ばれてきた食事に手を付ける前に一通りの報告を行い、ハンはそのまま直立不動の姿勢を取る。
     対面のゼロも、先に食べ始めるようなことはせず、穏やかな顔で報告を聞いていたが、ハンの報告が終わるなり、カップに手を伸ばした。
    「ありがとう、ハン。状況は概ね把握できた。詳しい点はまた、後で確認したい。
     それよりも、そろそろご飯を食べよう。冷めちゃうと、作ってくれた人に申し訳無いし」
    「は……、お時間を取らせてしまい、大変失礼いたしました」
     敬礼し、着席したハンに、ゼロは苦笑いを返す。
    「いいから、いいから。じゃ、いただきます」
     ゼロに合わせ、他の者も食事を取り始める。
    「……うわっ、おいしー」
     途端に、マリアが感動した声を漏らす。それを見ていたクーが、クスクスと笑っている。
    「ええ、皆様の好まれるご料理については、道中で伺っておりましたから。料理人の皆様にしっかり、お伝えしておりましたの」
    「きょ、恐縮っス。あ、いや、恐縮であります」
    「とんだ不敬を……」
     顔を真っ赤にし、頭を下げたビートとシェロに、タイムズ父娘が笑って返す。
    「喜んでもらえて何よりだ。遠慮せず、どんどん食べてくれ」
    「わたくしたちだけの席ですし、お言葉遣いも接し方も、これまで通りにしていただいて結構ですから」
    「は、はい」
    「ども、っス」
     その中で一人、ハンだけは無言で、料理を口に運び続けていた。
    (これまで通りに、ね。ああ、了解してるよ。あなた方のご命令であれば、そうするさ)
     彼のその心中に気付く様子も無く、マリアがちょんちょんと、ハンの肩をつつく。
    「ねー尉官、これ美味しいですよー」
    「ああ、うん」
    「食べてみました?」
    「いや、まだ」
    「早く取らないと、無くなっちゃいますよー」
    「ああ」
     そのやり取りを見ていたクーが、どことなく不機嫌そうな目を向ける一方、ゼロはにこにこと笑っている。
    「ハン、君の班はとても仲がいいみたいだね。話を聞くに連携もよく取れていたようだし、一人ひとりの力量も大きい。
     何よりハン、君の判断力が優れている。若手チームの中では、君たちのところが一番なんじゃないかな」
    「お褒めに預かり、幸甚(こうじん)の至りです」
     一言、そう返して頭を下げたハンに、ゼロは満足気にうなずいて返した。
    「あ、そうそう」
     と、ゼロは傍らの娘の肩をとん、と叩く。
    「この子から、次回から君の班に、この子を随行させてほしいとお願いされていたらしいけれど、どうだろうか?」
    「……承知しました」
     内心に湧き上がる様々な悪感情を押し殺し、ハンはうなずいた。
     が――ゼロには、それを見透かされてしまったらしい。
    「いやいや、ハン。何か不満や不安があるのなら、承知する前に言って欲しい。
     君ほど聡明で経験豊富な男なら、その心中の、モヤモヤした『何か』が尾を引いて、後々に班全体の足を引っ張る原因になることは、十分に分かっているはずだ」
    「……では、卒爾(そつじ)ながら意見を申し上げます」
    「うん」
    「クー、いえ、クラム・タイムズ殿下が我々に随行することについて、私は反対申し上げます」

    PageTop▲

    琥珀暁・彼心伝 1

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第109話。
    帰還報告へ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「ハンニバル・シモン尉官、及びシモン班。陛下がお呼びである。ただちに、謁見の間に向かうように」
    「了解です」
     指示を受け、ハンたちは待合室を後にする。
    「緊張しますね」
    「そうだな」
    「あたしもですよー」
    「そうか」
    「実を言うと、俺も……」「シェロ。それから皆」
     列を率いていたハンが立ち止まり、振り返る。
    「静かにしてくれ」
    「あ、はい」
     マリアたち3人が頭を下げたところで、ハンは軍帽を被り直し、皆に注意する。
    「大丈夫だとは思うが、皆、身だしなみは整えておいてくれ。
     それから、私語も謹んでくれ。陛下ご自身は気さくに接してこられるだろうが、だからと言ってこちらも同じように応対するのは、不敬に当たる。許可されるまでは、口を開かないように。
     それじゃ進むぞ」
    「はい」
     3人が敬礼したのを確認し、ハンは前に向き直り、再び歩き出した。

     ノースポートはずれの古砦を発って1週間後、ハンたち一行は自分たちの本拠地、クロスセントラルに到着した。
     そして到着するなり、状況の報告を行うように軍本営から命じられ、ハンたち4人はゼロの御前へと召集されたのである。

    (……嫌な予感がする)
     静まり返った廊下を進みながら、ハンは不安を感じていた。
    (着いてすぐに、クーは姿を消した。エリザさんもどさくさに紛れて、どこかに行っちまったし。
     あの二人の性格からして、そのまま何も言わず別れることはまず、有り得ない。必ずどこかで、もう一度接触してくる。
     それも――あの二人らしく――俺たちを少なからず驚かせるために、だ。……まあ、クーの方は何をするか、想像が付くが)
     やがてハンたちは物々しい扉の前で立ち止まり、その両脇に立っていた兵士たちに声をかける。
    「シモン班だ。陛下への帰還報告を行いたい」
    「うかがっております。どうぞ」
     扉が開かれ、ハンたちは中へと進んだ。
    「お疲れ様、シモン尉官。良く無事に帰ってきてくれたね」
     入るなり、玉座に掛けていた白髪の男が会釈しつつ、立ち上がる。
    「ご高配を賜り、誠に痛み入ります」
     ハンたちは一斉に深々と頭を下げ、最敬礼した。
    「楽にしていい」
     すぐにそう返され、ハンたちはすっと姿勢を戻す。
     それを受けて、白髪の男――ゼロ・タイムズは困った顔をした。
    「もう少し近くに寄って欲しい。こんなに距離を取って、大声でどうしたこうしたって話をし合うのも変だし」
    「失礼いたしました、陛下」
    「後、気も遣わなくていいからね。話をするなら、楽しくやりたいんだ」
    「は……」
     ハンも、そして背後の3名も会釈を返し、ゼロの前に――まだ、多少の距離は取りつつも――近付いた。
    「それでシモン尉官……、いや、ハン。それからマリア、ビート、シェロ。
     帰還報告をしてもらう前に、ちょっと皆をびっくりさせたいって子がいるから、会って欲しいんだ」
    「え?」
    「と仰いますと?」
     マリアたちが目を白黒させている一方、ハンは心の中でつぶやいていた。
    (やっぱりこのタイミングか……。やると思ったよ)
     それを見抜いたらしく、ゼロが苦笑する。
    「ハン、君は察しが付いてるみたいだね。うん、その想像は多分、正解だよ」
    「やはり、ですか」
    「それじゃ、まあ、……おいで、クー」
     ゼロがその名前を挙げたところで、マリアたちはまた、面食らった表情を浮かべた。
    「クー、って」
    「え、……え?」
     3人がぽかんとしている間に、ゼロが座っていた玉座の背後から、ひょいと白いドレスに身を包んだクーが現れた。
    「皆様、ご機嫌麗しゅう」
    「……なんで?」
     シェロが虚ろな声を上げる。
     が、クーはそれに応えず、ハンに目を向ける。
    「やはりあなたは見越していらっしゃったご様子ですわね、ハン」
    「ええ。殿下がそうした遊びをなさるであろうことは、予見しておりました」
    「まあ、他人行儀ですこと」
     クーはほおをぷくっと膨らませ、ハンに詰め寄ってきた。
    「父上からも申されたでしょう? お気を遣わず、これまで通りに話して下さいまし」
    「ああ、分かったよ」
     適当に応じつつ、そのやり取りを眺めていた3人が顔を真っ青にして騒いでいるのを確認し、ハンは肩をすくめた。
    (やれやれ、父娘揃ってこう言う戯事が好きなんだからな。
     まあ、それも全部、『無闇に気を遣わないでくれ』って言う、お二人の心遣いなのかも知れないが、……はぁ)

    PageTop▲

    イラスト;橘小鈴(蒼天剣)

    イラスト練習/実践

    「双月千年世界」キャライラスト紹介シリーズ。
    今回は第一作「蒼天剣」より、橘小鈴。

    線画版。


    晴奈や雪乃とは打って変わって、かなり派手め。
    ちなみに巫女服みたいなのを着てますが、彼女はそう言う類の宗派に所属していません。
    はっきり言えばコスプレです。
    それで往来を闊歩してるんだから、かなり肝が太いと言うか、唯我独尊と言うか。

    作中では「央中南部系央南人」と言う設定。
    現実世界で言えば、ラテン系の血が入った日本人みたいな感じ。性格もラテン気質。
    そう言うラテンお姉さんが、日本の(どこか間違った)コスプレをしてるようなもんです。



    続いてカラー版。


    ピアスと帯の色は橘(たちばな)色。
    彼女の家のカラーですね。
    それ以外は赤系になっています。



    小鈴の紹介。
    名前橘小鈴 / たちばな こすず / Kosuzu Tachibana
    性別・種族・生年
    身体的特徴
    女性 / 長耳 / 484年
    髪:赤 瞳:赤
    身長:166cm 体重:57kg
    3サイズ:B94、H63、W88
    職業魔術師
    雪乃の古くからの友人で、後に晴奈とも親友になる。
    先祖代々伝わる神器「橘果杖 鈴林」を相棒に、土の術を使いこなす。
    実家は名うての情報屋で、彼女自身も情報通。
    魔術や政治経済に詳しく、料理や裁縫も得意、と言う才女。

    PageTop▲

    琥珀暁・狐傑伝 7

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第108話。
    余地を残す。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
    「実を言うとな、もういっこ考えがあるねん」
     馬車が出発して間も無く、エリザがそんな風に切り出してきた。
    「何の話ですか?」
     手綱を握りつつ、背を向けたまま尋ねたハンに、エリザはこう続ける。
    「さっきシェロくんが言うてた、相手を殺さへんかった理由や。ただ煙に巻いとるだけや無いんよ」
     そう説明しつつ、エリザは紫煙を馬車の中に漂わせる。
    「相手が人間である以上、何かしら交渉でけるはずやろ?
     もし相手の言葉が分かるようになって、その場を立てられるかもと思ても、相手に死人出とるくらいの被害が出とったら、呑気に話し合いなんかしてくれると思うか?」
    「確かに……。まず、してくれないでしょうね」
     ビートが同意し、クーもうなずく。
    「つまりは平和的解決を望んでの選択だったと、そう仰りたいのですか?」
    「そう言うコトやな。
     考えてみ、この事件がコレっきりっちゅうコトがあるやろか?」
    「どう言う意味でしょう?」
    「街を占拠しよったヤツらが、ドコから来たんか? 何しに来たんか? 今現在、そんなコトすら分からへん状態やろ。分かっとるコトは耳や尻尾がちゃうって程度や。
     もしアタシらが全く知らんようなトコから来たとしたら、ソコに住んどったヤツが総出でノースポートに来よったと思うか? あの50人が総出や、全員やと思うか?」
    「……!」
     エリザの言葉に、クーは目を丸くする。
     ビートもハンのように顔を蒼くし、その可能性を考察する。
    「言われてみれば……、確かに彼らが先発隊、前線部隊で、背後にもっと大勢の人間や集団、軍などの組織があるかも知れませんね」
    「せやろ? そんな可能性もある。もしかしたら今後、第二弾、第三弾の部隊が来よるかも知れへん。
     その可能性もあるのに、ろくに話し合いも情報収集もせず、片っ端から殺し回るっちゅうのんは、愚策もええトコや。
     仮に先発隊を皆殺しにして、もし『後』が出てきよったら、えらいコトになってまうわ」
    「それが現実になった場合、敵は激怒し、今以上の戦力を投入してくるでしょうね。
     今でさえノースポートの人たちが街を追い出されると言う被害を受けているのに、それ以上の被害が出るおそれがある。死人が出る可能性も、大いにあるでしょうね」
     そう返したビートに、エリザはうんうんとうなずいて見せる。
    「せやから『余地』を残すんや。
     こっちの戦力は温存し、向こうにも被害は出えへん。どっちにも害の無い状況が続けば、そのうち『ちょっとくらい話せへんやろか』っちゅうくらいの余裕、交渉の余地が出て来るはずや。
     ソコで実際に話し合いしたら、色々得られるやろ? 相手の陣容やら目的やら、そう言うのんだけや無く、今後の状況がどうなっていくかっちゅうような予想も付けやすくなる。うまく行けば相手は敵どころか、ええ『取引相手』になるかも分からへんしな。
     その状況に持ってかへんかったら、この先何もええコトはあらへん。こっちも向こうも完全に敵同士になって、泥沼みたいな殺し合いが延々続くだけや」
    「……すごい!」
     ビートは目を輝かせ、ぱちぱちと拍手した。
    「そこまで先のことを予見しているなんて、流石先生です!」
    「アハハ……」
     エリザはケラケラと笑いながら、新たな煙草を取り出す。
     すかさずビートが魔術で火を起こし、彼女の前に恭しく差し出した。
    「お、ありがとさん」
     その様子をチラ、と背中越しに眺め、ハンは密かにため息を付いた。
    (参るな、まったく。何でこう、エリザさんはあっちこっちに好かれるんだか。
     中身は破天荒というか破壊的と言うか、メチャクチャな人なのに)
     と、横にいたマリアが心配そうな目を向けてくる。
    「尉官? だいじょぶですか?」
    「……ああ」
    「お腹空きました? あたしは空きましたけど」
    「そうか。食べてきていいぞ」
    「はーい」
     御者台からひょいと馬車内に身を翻すマリアを眺めながら、ハンはまた、ため息を付いた。

    琥珀暁・狐傑伝 終

    PageTop▲

    琥珀暁・狐傑伝 6

    琥珀暁 第3部

    神様たちの話、第107話。
    出発準備とエリザの講釈。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     エリザが来たその翌日早朝、ハンたち測量班とクー、そしてエリザの6人が出発するべく、馬車に荷物を積み込んでいた。
    「そー言えば尉官、最初に言ってた陽動作戦って、監視班の人たちが継ぐ感じなんですかー? 尉官、何度もやるって言ってましたけど」
     測量器具を積み込みながらそう尋ねてきたマリアに、ハンが馬を撫でながら答える。
    「いや、あれはもう無しだ。
     エリザさんにも指摘されたことだが、何度もやれば実行者が相当の危険に晒される。応援が今後も送られるだろうとは言え、その応援をいたずらに潰すようなことは当然、すべきじゃない。
     それに昨日の結果からすれば、あいつらは俺たちのことを、かなり警戒したはずだ。うかつに街を出ることは無いだろう」
    「警戒ですって? たった一回だけで……?」
     食糧品を確認していたビートがそうつぶやいたところで、既に馬車内で呑気に座り込み、煙草を吹かしていたエリザが応じる。
    「相手にしてみたら、何やよー分からんような術で一網打尽にされた挙句、殺されもせん、身ぐるみはがされもせんどころか、ただその場に放っとかれっぱなし、っちゅうワケの分からん状態にされたんやで。惑わされたか化かされたか、こら不気味でたまらんやろ?
     しかも最初の脱出作戦ん時、ハンくんやら町民さんらやらの戦力・兵力が全部でアレだけやったと相手には分かっとったはずや。やのに、アタシっちゅう援軍が都合よお現れた。マトモに、と言うよりも常識的に考える頭があるんやったら、援軍を送れる基地なり何なりが結構すぐ近くにあるんやないか、と言うような推察もしよるはずや。
     ソコら辺の理由から、敵さんらはしばらくの間、外に出てこようなんて気は失せとるやろな。必要以上にガッチリ防御固めて、じーっと閉じ籠もっとるはずや」
    「さ、流石の慧眼(けいがん)ですね、エリザ先生」
     目を丸くするビートの横で、皆の武器を手入れしていたシェロが顔を挙げる。
    「でもソレだと、今後がまずいんじゃないっスか?」
    「んー?」
     顔を向けたエリザに、シェロが指摘する。
    「敵が守りを固めたってコトはっスよ、攻略が難しくなるってコトじゃないんスか?
     っつーかそもそも陽動作戦の時、敵を殺さなかったってのがまず、おかしいと思うんスけどね、俺。
     折角ゴールドマンさんが敵を全員気絶させてくれたんスから、ソコで皆殺しにしとけば、後々攻め込む時に少しは楽できたんじゃないかって思うんスけど。単純に兵力が減るワケっスから」
    「ソレも一理ある。あるけどな」
     エリザは煙草の煙をふーっとシェロの頭の上に吹き、こう返してきた。
    「『敵やから殺す』は当然、常識、当たり前の考えや。人間、当たり前のコトが起こったら当たり前に計算がでけるし、当たり前に行動でける。
     でもその『当たり前』にそぐわへん、そうは思えへんような、言い換えれば異常な事態に遭うたら、どう考えてええか戸惑う。ソレも人間や。
     どんなコトでも当たり前にやっとったら、当たり前の結果しか出えへん。未知の人間相手にどうこうしようっちゅう今の状況で、当たり前の結果なんか求めてもしゃーないやろ?」
    「人間って、あの『熊』だとか『虎』が、俺たちと同じ人間だって言うんですか?」
     シェロがいぶかしげに放ったその一言に、エリザは、今度は彼の顔面に直接、煙を吹き付けた。
    「げっほ、げほっ……、な、何するんスか!?」
     当然、シェロは咳き込み、目からボタボタと涙を流す。が、彼が悶えるのにも構わず、エリザはこう続ける。
    「アタシを見てみ」
    「え?」
    「『こっち』でこんな耳と尻尾のヤツがおるか? ん? どないや?」
    「あっ、……えっと、いや、その」
    「道具を持っとる、衣服を身に付けとる、何かしら言葉をしゃべり合うとる。コレだけアタマええコトしとって、アンタは耳や尻尾の形がちゃうから言うだけで、アレは人間や無いっちゅうんやな?
     その言い分やと、アタシも人間や無いっちゅうコトになるわな、お?」
    「いや、そう言うんじゃ、あの」
     エリザは戸惑うシェロの前に立ち、ぽこん、と彼の額に煙管を置いた。
    「あっづぅ!?」
    「アホは若いうちだけにしときや。おっさんになってもじーさんになってもアホぬかしとると、自分も身内も恥ずかしいで」
    「……す、すみませんでした」
     ぺこりと頭を下げたシェロに、エリザはもう一方の手で、彼の頭を優しく撫でた。
    「ま、今回はコレで勘弁したるさかい、次から気ぃ付けや」
    「は、はいっ」
     一転、顔を真っ赤にし、かくんかくんと首を振るシェロを眺めながら、ハンと、そして隣にいたクーは、ひそひそと言葉を交わしていた。
    (……イチコロだな)
    (左様ですわね)

    PageTop▲

    ««

    Menu

    検索フォーム

    最新記事

    最新コメント

    カテゴリ

    プロフィール

    黄輪

    Author:黄輪
    猫と中華と可愛いものが好きなモノ書きです。ドット絵も描けますよ(*゚ー゚)ノシ

    ブロとも申請フォーム

    月別アーカイブ

    オンラインカウンター

    現在の閲覧者数:

    現在の閲覧者数:

    QRコード

    QRコード